こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

消費税 法人税の知識

経理のパートの仕事に応募を考えてるのですが、知人に消費税と法人税の知識もある程度必要だと言われました。書店で消費税と法人税の本を少々読んだのですが、とても難解で自信を無くしてしまいました。実際現場ではどの程度の
消費税と法人税の知識は必要なのでしょうか。具体的に教えて頂けたら幸いです。

投稿日時 - 2007-10-11 13:27:02

QNo.3420099

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>経理のパートの仕事

会社の仕事の形態が: メーカー、販売業、流通サービス業、貿易業など係わる業種によって、物の流れ、書類の流れ、金銭の流れがありますので当然それぞれの異なります。

しかし経験者の条件が無ければ経理の補助的な作業かもしれません。
メーカーなどは原価計算がかなり面倒な場合があります。

例えば補助的作業であれば、各種伝票整理からの仕事でしょうか。
得意先(売り上げ先)や仕入先の管理。
常用の小口現金(即金で毎日社員が使う現金でバス代、切手の購入など小額の金銭)の管理と記帳。

法人税と消費税(法人が支払う国税)は確定申告時に計算する税ですが、消費税は期間内に支払った金額と受け取った金額によって計算がなされるものなであなたがこの計算をするとすれば、売上からは売上の内いくらの消費税を受け取ったのか、また仕入れからは仕入れの内いくらの消費税を支払ったかの計算なのです。

投稿日時 - 2007-10-15 16:39:07

お礼

御回答ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2007-10-15 22:55:12

ANo.4

経理と言ってもそれは色々です。
甘くお考えの方にはきつく言ったりしますが、
質問者様くらい真面目にお考えの方でしたら、
仕事をされながらでも学ばれると思います。
どのような難解な書籍に目を通されたのでしょうか?
法人税は利益に対して課せられ、消費税は消費に課せられる。
それ以上のものではありません。

投稿日時 - 2007-10-11 19:09:28

お礼

御回答ありがとうございます。自分が読んだのは消費税、法人税実務の本です。(簿記2級の知識はあります)
自分は慎重すぎるところがあり、これからする仕事がどんなものか把握できないと応募するのが不安になるのです。

投稿日時 - 2007-10-13 10:43:02

ANo.3

回答失礼します。

税理士事務所に勤務している者です。
会社の規模によっては消費税・法人税の知識も必要になってくるかと思いますが、まずは簿記の知識やパソコンの操作のほうが必要かと思います。
私が関与しているお客さん(中小企業)では、経理の方に仕訳を作成してもらいそれを確認しています。経理の方が消費税・法人税の知識がまったくなくても仕訳がわかれば経理の仕事はできますし、何かあれば連絡がきて私が調べて回答しているのが現状です。
ただし、上場などしている大企業については、会社内部の経理の人間でも消費税・法人税の知識を持っている人間を必要としていると思います。

つまり、結論を言ってしまうと会社の状況によってまちまちではないかと思います。jirinoriさんが面接を受けるときに、その会社の経理で必要な知識を聞いてみては如何でしょうか?

投稿日時 - 2007-10-11 14:24:15

お礼

御回答ありがとうございます。とても参考になりました。面接を受けるときはおっしゃったアドバイスを聞いてみようと思います。

投稿日時 - 2007-10-13 10:35:55

ANo.2

>実際のお仕事の内容によって異なると思いますし、勤めようとされる会社で税理士等が関与されているかによって異なると思います。
>しかし、経理上認識されおいたほうがよろしい点といたしましては、次のとおりだと思います。
>消費税としては、用語がたくさんあります。
 例としましては、税込経理、税抜経理、課税取引、不課税取引、非課税取引、課税業者、免税業者などです。
 これらの理解がなければ正確な仕分処理が出来ない場合があると思います。
 税務署のパンフレットに「消費税のあらまし」という冊子がありますので一読されてはいかがでしょうか。

>法人税としましては、期中については会社の指示通り仕分け処理を行えばよろしいと思いますが、期末において法人税法上税務調整の必要がある収入科目や支出科目についてそれぞれリストアップし、規定の計算を行う必要があります。
>減価償却費、交際費、寄付金、所得税額控除の計算等、或いは期末たな卸しの評価方法等は最低限度、役員に対する報酬の取扱など頭に入れておくと便利ですが、あなたが決算書や法人税等の確定申告まで行わくてよろしいなら、あまり問題視する必要はないかと思います。
>また、源泉所得税等の知識も場合によっては必要になるかもしれませんが、具体的な方法については最寄の税務署或いは国税庁のホームページで「源泉徴収のしかた」を入手し一読されるとよろしいと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/aramashi2006/01.htm

投稿日時 - 2007-10-11 14:00:13

お礼

御回答ありがとうございます。とても参考になりました。「消費税のあらまし」を読んでみようと思います。

投稿日時 - 2007-10-13 10:33:01

ANo.1

あまり心配しないでいいと思いますよ。
パートの人にそこまで専門的な知識は求めないと思います。
本当に必要なことは会社で教えてもらえますよ。
(極小規模会社だと丸投げされる話も聞きますが・・・)

ちなみにうちでパートさんに知っていて欲しいレベルですが、
消費税・・・課税とそうでないものがわかる。
(良くでるものを一覧にして渡すとかして対応してます。)
法人税・・・こういうのは交際費だよとか税金計算上少し気をつけるも      のを表で渡してそれで処理してもらう。

程度ですね。

普通は難しい判断が伴うとレベルは社員がやりますよ。

投稿日時 - 2007-10-11 13:46:02

お礼

御回答ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2007-10-13 10:30:05

あなたにオススメの質問