こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

(?_?)ほんとうに戦争になれば、自衛隊をやめる隊員さんが続出するんじゃないでしょうか?(拉致問題に関係して……)

 拉致問題、なんとか円満に解決したらいいですね。
 ある知事さんは、「自分が総理になれば、拉致問題については戦争も辞さない」という意味の発言をしてるそうですが、現実性がないのでは?

 自衛隊は徴兵制でなく、隊員はいつやめてもいいはず……開戦となれば、除隊者が続出しそう? 
 だって武力行使をしないのが前提になってる自衛隊は、安定した職場として、役所に就職するという感覚で入隊してる隊員さんが多いと思います。
 いざ戦争となれば、「現憲法では国に交戦権はないはずだし、ぼく自身としても、どんなことでも武力行使=人間同士の殺しあいで問題解決をはかるのはよくないと考えるから、このさい自衛隊をやめよう」という隊員さんがたくさん出てきそうです。
 権力者は、交戦権確保への憲法改定と、命令一つで若者たちを戦場に送りこめる徴兵制をもちだしてくるでしょうが、国会ですんなり可決されるとは思えません。むりに通そうとすれば、外国との交戦権どころか、交戦権と徴兵制が好きな人々と、それらに反対する人々のあいだで内戦状態となり、そのスキをつかれて外国から攻めこまれたりするかもしれません。
 拉致問題は、ほんとうに深刻で、胸が痛みます。なんとかならないのか、真相はどうなのか……とてもウヤムヤにすませる問題ではないと思います。だからといって「戦争も辞さない」なんて、危険かつ非現実的なことをいうべきじゃないと思います。

 大衆的人気を博するには、なんでも威勢のよさそうなことをいうこと……古今東西の常套手段でしょうが、そんな軽薄さがどんなに人々を悲惨な運命におとしいれたかは、枚挙にいとまがないのでは?
 威勢のいいことはディスプレー上の劇画のヒーローにまかせて、一見カッコわるくても、ほんとうに人の心(日本人の心、外国人の心)にしみこむ政治哲学を述べることのできる真の政治家は、日本からは出ないんでしょうか?
 

投稿日時 - 2002-08-24 08:52:58

QNo.342382

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>拉致問題、なんとか円満に解決したらいいですね。

本当にそうですね。永年の懸案というか、もやもやが一気に腫れたらどんなに良いでしょうね。

交戦的国民という印象もあまり誉められた物ではありませんが、こちらに交戦の意志がない或いは交戦することにたががはめられていることを知り尽くした上で事に及ぶと言うこともさらに好きではありません。そのような指導者の思想が国交をおかしくさせ本来親しくお付き合いをして互助的関係にあるべきはずのご近所を仲違いさせるのでしょうね。

まぁ~拉致という問題に関してはいずれほぼ確定的になった感もありますが、この解決には国力を持って当たるということをある程度見せる必要があるのではないでしょうか?この場合の国力とは決して武力一辺倒ではなく外堀をうめて内堀をうめて裸城にして、本丸に大砲を一発撃ち込むというような物ですが、オッとこれは大阪城を攻めた方法でしたね。

でも、存外武力を行使できない日本であるならば、経済や他の武力を合法的に利用するのも妙手ではありませんか?その為の威嚇的言動であればそれはそれで有効な場面もあるでしょう。結局いかにして相手を観念させるかと言うことになりますので、やはり心理作戦であろうが実力行使であろうが駆け引きの世界であることに変わりはありません。もっともアメリカのように世界の平和は自国の武力の上に成り立っているというような姿勢もあまり好きではありませんが。

それはそうと実戦となった場合やめちゃう人が自衛隊には多くいるでしょうと言う言葉、確かにいるでしょうね。でもそれとは反対の人もいるはずです。自分から進んで参加する人がいるのではないかと言うことです。自分の目の前で肉親が殺されている状況は、その人間にどの様な決断をさせるのでしょうか。私の場合には最近パソコンばかりでめっきり体力に自身がありません。こんな私はきっとそのようなときに何の役にも立てないでしょう。

でも自分の愛する人が知らない他人の手によってただ首を絞められていることを見ているわけには参りません。もしもそんなとき貴方はどうですか?そのときになって、その場面で、国際法とか国連とか主張しますか?泥棒に入られてそれが家人に見つかり逆に家人を襲っているとき、傍らにいる貴方は一体どの様な行動にでるのでしょうか?ただオロオロしているだけ、泥棒泥棒と叫ぶだけ、電話をかけに行きますか?

多分私なら、素手でもかかっていくかもしれません。素手で負けそうならその辺りにある物を持っていくかもしれません。とにかく何を圧しても自分の愛する人を何とか救おうとするかもしれません。出来るかどうかは別問題ですが・・・何より前述のように体力に問題がありそうですので・・・

暴力をすべて暴力として不要とするか、はたまた暴力を儀の力として利用するか、非常に意見の分かれるところではありますが、私ごときの経験浅い物の見識で人様の命に関することを軽く言い切らないように、このあたりよくよく考えてみたい物です。

久しぶりに濃いお話しありがとうございました。

投稿日時 - 2002-08-24 09:52:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

ちわ!
>「戦争も辞さない」なんて、危険かつ非現実的なことをいうべきじゃないと思います。
って、あんたわいうけど『拉致問題』事実なら当然戦争してでも解決すべきだろ
そのために自衛隊がいるんだから。
あんたは拉致と関係ないからそんなのんきなことがいえるんじゃないかな?
おれも娘が拉致されたら『小泉』(キョンキョンじゃないよ)に戦争してでも取り返してくれるよう朝から晩まで嘆願書書いたり直訴したり、慎太郎さんが総理になるようにお百度参りしたりしちゃうよ!
そもそも拉致事件の円満解決ってさー
拉致した国が『こんな悪いことをしてごめんなさい。出来る限りの保障もしますし、関係者の処罰もいたしますから許してください。もう絶対悪いことはいたしません。』
って折れてくることだよね。
『きゃー戦争は悪いことだから何があっても、国民が全員拉致されてもしちゃだめ』
って国ににそんなふうに折れるヤツ(国)いるのかな?
哲学は偉大だから何とかなんのかな?

投稿日時 - 2002-08-26 17:38:59

お礼

 多くのかたからご回答いただきまして、たいへんありがとうございました。本欄をお借りいたしまして、皆々様に心からお礼申しあげます。

 ほんとうに難しい問題であると、あらためて思いました。学生時代のテストなんかとちがって、世のなかには正解のないことのほうがはるかに多いんでしょうが、この問題はなかでも難問中の難問で、とくに拉致されたかたがたの運命、ご家族のお心を思えば、円満解決=正解なんてありえないのかもしれません。

 ご回答を拝見し、しょうじきに申しまして私自身すごく混乱しています。

 問題の背景として、明治・大正・昭和時代に起きたさまざまなことも関係してるんでしょうから、政治をおこなうエライ人々には、そういうこともよく説明していただきたいと思います。
 かさねて、皆々様にあつく感謝申しあげます。

投稿日時 - 2002-08-27 19:45:08

ANo.8

>「戦争も辞さない」なんて、危険かつ非現実的なことをいうべきじゃないと思います。

「戦争」が「非現実的なこと」だと思っているのは、それこそ日本人だけです。でも戦争ってのは一国内だけで起きるものではないですからね。他国から攻められても、「我が国は憲法で武力行使を放棄しているのに何故攻めるのか?」と言えば、相手も引っ込んでくれるとお思いなのでしょうか。

政治家の口から「戦争」というキーワードが出た瞬間、拒否反応を起こしてただただ批判するだけの国民性を最も嘆いているのは、拉致された方々ご本人かも知れません。いや、それとも「崇高な日本国憲法に則った外交を貫いてくれるのであれば、私は拉致されたままでも構いません」とでも思ってくれているのでしょうか?!

>一見カッコわるくても、ほんとうに人の心(日本人の心、外国人の心)にしみこむ政治哲学を述べることのできる真の政治家は、日本からは出ないんでしょうか?

逆に聞きますが、いままでに「哲学」で解決した国際問題には、どういったものがありますか? 私は不勉強にして1つも存じ上げないのですが、もしご存じであれば教えて頂けると助かります。

投稿日時 - 2002-08-26 13:47:46

ANo.7

>>いざ戦争となれば、「現憲法では国に交戦権はないはずだし、ぼく自身としても、どんなことでも武力行使=人間同士の殺しあいで問題解決をはかるのはよくないと考えるから、このさい自衛隊をやめよう」という隊員さんがたくさん出てきそうです。

 本当に、日本に交戦権がないと思っているのですか? 交戦権が有るからそこ自衛隊がいるはずです。しかも交戦権を放棄してません。なぜなら自衛隊がいるということは、武力行使=人間同士の殺しあいで問題解決をしますという意思表示なのだから。自衛隊の隊員は誰だって(私だって)日本にも交戦権があることは知っているよ。
 憲法に「カラスは白い」て書いてあればカラスは白で、黒いカラスは憲法違反だからペンキで白く塗らなければならないのですか?

投稿日時 - 2002-08-24 18:54:37

ANo.6

やめる人は平和な現在でもやめますしやめない人はそういう事態になっても
やめないと思いますョ。
やめるにしても許可が必要ですし、脱走した場合戦時処置としてカナリ重い
罰になるかと・・・。
防衛庁は今後4年弱某国が戦争を起こす可能性が有ると考えてるようでして
それを過ぎれば戦争を起こせるほどの国力は無くなると睨んでるそうです。
また現在自衛隊も改編が進んでおり使えない人間は退職させてますョ
使える軍隊にトリガーハッピーは不要です。
(一人の間抜けのせいで部隊が全滅する事も有りますので・・・)
長距離ミサイルを相手が持ってる場合市民が安全か戦場が安全か?は難しい
問題かと思います。
(攻撃目標としての価値の無い田舎なら安全かと思いますけど)


傭兵に関してはそれ程報酬は高くない(高卒の初任給より安いです)ですが
敵地奥深く潜入して不特定多数の人間(場所も)を救出するような作戦を受ける
間抜けな傭兵は居ないかと思いますョ。

>「自分が総理になれば、拉致問題については戦争も辞さない」
も某国お得意の恫喝外交の真似事か国民に対するパフォーマンスかと思いますョ。

>真の政治家は、日本からは出ないんでしょうか?
に関しても二世、三世議員がはびこる今の日本では難しいでしょうネ~。

投稿日時 - 2002-08-24 12:35:14

円満に解決できないから困っているのだと思います。
国として日本はこちらから戦争というカードをきれない
のは当然ですが、じゃあ国としてではなく個人として
傭兵部隊を雇って拉致された人々を取り返せばいい
んじゃないでしょうか?(ちょっと映画の見過ぎでしょうか。)

正味の話かなり困難な任務になるでしょうが、傭兵ひとり一千万
くらい、一部隊だと経費込みで20億円~30億円あれば
なんとかなりそうなかんじがするのですがどうでしょう?
いつまでもダラダラと無駄な交渉をして時間と金を無駄に使う
よりいいと思いますが。

それに拉致された人々のことを考えるとできるだけ早く助けたい
ですよね。手段なんて選んでいられません。

投稿日時 - 2002-08-24 10:21:51

ANo.4

>武力行使をしないのが前提になってる自衛隊は、安定した職場として、役所に就職するという感覚で入隊してる隊員さんが多いと思います。

有事の際ですが、そんなに除隊者(脱走?)は出ないものと考えられます。
自衛隊員の有事に際しての教育は入隊当初から行われており、思想・心情的に合わない方は、その時点でとっくに辞めています。
そんな安易な考えで勤まるほど、自衛隊の職務(任務)は楽じゃありません。

>自衛隊は徴兵制でなく、隊員はいつやめてもいいはず……開戦となれば、除隊者が続出しそう?
現実問題として、多少の除隊者が出るかもしれません。ただし、それ以上に自衛隊に入隊したいという方が増えると考えられます。
また、除隊後の自衛隊には予備自衛官制度というものがあります。
この方たちは、普段は民間の職務に従事していますが、有事の際には立派な戦力となります。
また、定期的にその為の演習を受けています。

投稿日時 - 2002-08-24 10:05:27

ANo.2

こんにちは。いくつかの点で誤解があります。

隊員は全て入隊時に「有事の際には最大限の努力で職務を遂行する」という主旨の宣誓をしなければなりません。宣誓書に署名した時点で「安定した就職のため」云々の理屈は帳消しです。
また、戦場を勝手に離脱した隊員には7年以下の懲役又は禁固が科せられますし、任務の遂行に支障がある場合には退職を認めないこともあります。
(敵前逃亡など昔或いは現在でも国によっては死刑だとも聞きました。国家に対する重大な裏切りですからね。)

それから徴兵制のことですが、これは全く現実味がありません。国民の国防意識の高い北欧諸国や韓国などと異なり、平和ボケの日本で、やる気のない若者などいくら集めても戦力にはならないからです(というよりむしろ邪魔、足手まとい)。

実際に某国と戦争になった場合。軍事力は圧倒的に自衛隊の有利で、圧勝はほぼ確実です。しかし、既に日本国内に潜入しているとされる工作員によるテロ活動が予想されることから、混乱は免れそうにありません。

投稿日時 - 2002-08-24 09:42:26

ANo.1

> ある知事さんは、「自分が総理になれば、拉
> 致 問題については戦争も辞さない」という
> 意味の発言をしてる

日本国内で行われた犯罪の被害者を他国の犯罪者の手から救出することは、憲法9条の禁ずる『国際紛争を解決する手段としての、戦争あるいは武力の行使』とはみなさないということなのでしょうね
実現性はともかくとして、使えるカードは多い方が交渉には有利かもしれませんね

> 自衛隊は徴兵制でなく、隊員はいつやめて
> もいいはず

自衛隊法40条で、隊員の退職を承認しない権限が防衛庁長官に与えられています
予め身上調査を受けているはずの隊員から懲役覚悟でサボタージュする者がどのくらい出るかわかりませんが…

> 武力行使をしないのが前提になってる自
> 衛隊

すべての武力行使ではなく、『国際紛争を解決する手段としての武力の行使』ですね

> むりに通そうとすれば、外国との交戦権
> どころか、交戦権と徴兵制が好きな人々
> と、それらに反対する人々のあいだで内
> 戦状態となり

国会の議決を経ずに憲法改正を強行しようとするような人間なら、最初から戒厳令を布いて、憲法を停止した方が手っ取り早いんじゃないでしょうか?
内戦(というほどの規模になるのかどうか分かりませんが)が起きるとすれば、むしろ正式の手続き(国会の2/3、国民投票の過半数)を踏んで憲法が改正されてしまったときに、それに不満なグループがテロに走った場合でしょうね

投稿日時 - 2002-08-24 09:39:12

あなたにオススメの質問