こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

脂肪腫なのでしょうか?

30代独身女性です。

数年前に片方の肩の一番上の部分に直径6センチほどのコブのようなものが出来ているのに気が付きました。
シリコンのようにぷよぷよして、全く痛みがありませんでした。
当時、知人に見せたら「脂肪の塊だよ。気にしなくていいんじゃない?」と言われ放っておきました。

最近になり、親の知人が脂肪腫を取ったという話を聞き、私も心配になり整形外科に行きました。
まずは問診され、レントゲンを4枚ほど撮りました。
「触った感じとレントゲンを見る限り、問題はなさそうだけど
血液検査と尿検査、MRI検査を受けましょう」と言われました。

血液と尿検査はすぐに受けました。MRI検査は1週間後受診します。

「軟部腫瘍」とカルテに書いてありました。
先生は「腫瘍と書いてあってビックリするかもしれませんが
腫瘍は良性でも悪性でも全部腫瘍といいます。」と言ってくれました。
私は半べそだったので「ちゃんと最後まで責任持ってみますから安心して下さい」と言ってくれたのですが
逆に「最後まで責任持つ」と言うのは悪い病気なのだろうか?と不安になりました。

またMRI検査を言われて、ビックリしてしまいました。
そうしたら「実際、この部分が水なのか、筋肉が硬くなったものなのか
ちゃんと検査しないといけないのでするんですよ」との事。

私の症状で血液検査をしたり、MRI検査をしたりするのは普通なのでしょうか?
もし悪性の場合は、手術することで完治するのでしょうか?
まだMRI検査を受けていませんが、不安で一杯です。
どなたか、似たような経験をされた方いらっしゃいましたら
その経験を教えていただければと思います。
また専門分野の方がいらっしゃいましたら、私の症状が一般的に見たらどうなのか教えていただければと思います。

支離滅裂になり申し訳ございませんが、回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-10-15 23:21:44

QNo.3432711

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

筋肉組織や脂肪組織が、塊状の腫れ物=腫瘍となったものが「軟部腫瘍」です。そのうち脂肪組織の良性腫瘍が「脂肪腫」で、悪性腫瘍が「脂肪肉腫」と言います。但し、良性の「脂肪腫」の中で、比較的大きな腫瘍は、病理検査してみると、悪性度が低い「低分化型の脂肪肉腫」だった症例もあり得ます。

良性腫瘍と悪性腫瘍との違いは、他の組織へ浸潤したり遠隔転移する腫瘍が、悪性と憶えておいてください。そして、最終的に悪性か良性かの確定診断は、臨床医(整形外科医)が腫瘍組織を針生検して、病理医がHE染色や免疫染色した組織片を光学顕微鏡で視診して鑑別します。これを病理診断とか病理検査と言います。脂肪肉腫に限らず、どのような悪性腫瘍の場合でも、病理医の病理検査結果で鑑別されない限り、悪性腫瘍とは確定診断されません。

ですので、整形外科医は、MRIや超音波で腫瘍の位置・大きさ・形状で、良性か悪性かのおおよその見当を付けるために、一連の検査を施行します。それらの検査で悪性の疑いがあると整形外科医が予見されると、上記に記した針生検による病理診断が施行されます。

軟部腫瘍(悪性も良性も)に関しては、以下のURL「癌研有明病院」の「軟部腫瘍の治療」の項目をご参照ください。

参考URL:http://www.jfcr.or.jp/hospital/

投稿日時 - 2007-10-16 00:53:08

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

46人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

脂肪腫はMRI検査をしますよ。
なんども脂肪腫の撮影をしました。

採血や尿検査も通常の範囲内だと思います。
画像だけで全てがわかるわけではありません。
いろいろなデータを参考にします。

心配しすぎるのもよくないですよ。

投稿日時 - 2007-10-20 09:47:42

ANo.3

以下の通りで、私の書き間違いでした。

>「低分化型の脂肪肉腫」→「高分化型の脂肪肉腫」

追加アドバイス、というより余計なアドバイスかもしれませんが……。
もし万が一、悪性腫瘍=脂肪肉腫と確定診断された場合、脂肪肉腫を含めた軟部肉腫の症例は他の上皮性悪性腫瘍と比べて極めて少なく、また腫瘍が「肩の上部」というとで、脂肪肉腫と横紋筋肉腫との病理診断上の鑑別が難しい症例になると思われます。
その時は、出来る限り治療症例数の多い癌専門病院を受診することをお勧めします。最近は生検した組織片を持参すると、病理診断だけのセカンドオピニオンを受け付けている大学病院(病理検査部)もあります。
というのも、脂肪肉腫と横紋筋肉腫とでは、外科的手術のアプローチにおいては差はありませんが、術後の化学療法(抗がん剤)におけるレシピとアプローチは異なるようです。

尚、上記は……、一昨年「後腹膜平滑筋肉腫」で還暦を待たずに亡くなった私の幼馴染みの闘病経緯から知り得た治療情報です。

投稿日時 - 2007-10-17 04:57:05

お礼

2回も回答して頂きまして誠にありがとうございます。

もし悪性だったら・・・と考えると心配でたまりません。

しかし、あまり悪い事は考えず、まだMRI検査も受けていませんので
結果が出て、悪性だった場合、前向きに頑張りたいと思います。

今、私に出来るのはお墓参りに行くぐらいでしょうか?(笑)

本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2007-10-17 21:09:56

ANo.2

>私の症状で血液検査をしたり、MRI検査をしたりするのは普通なのでしょうか?
普通だと思いますよ。
たとえば、良性腫瘍であっても、手術をするのであれば、6cmの大きさを考えると、そのできものが性格にどのくらいの大きさを見て奥必要があります。もちろん、良悪どちらが疑われるかを診断する質的な診断も同時に可能です。

>もし悪性の場合は、手術することで完治するのでしょうか?
完治は難しいかもしれません。再発の可能性は絶対に否定できないと思います。

ANo.1の方が詳しく書いてありますね。医学生でも分からないかもしれないくらい詳しくあります。1ヶ所だけ訂正したほうがいいかな?「低分化型の脂肪肉腫」>「高分化型・・・」

投稿日時 - 2007-10-16 17:50:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

健康には本当に留意しているつもりなのです。
毎日3度食事を取り、お米には玄米を混ぜたり、野菜は有機野菜しか取らないとか。
睡眠も最低6時間は寝るようにしています。
運動も週に1回~2回、ジムでトレーニングしています。
当然、お酒もほとんどのみません。
なのに、今年に入って、検査で引っかかるようになって
とてもナーバスになっている時に、今回の件で、非常にショックを受けています。

ただ、悪性と決まったわけではないですので、今から泣いていても仕方ないので
気合を入れて?!MRI検査を受けてきます。

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-17 21:14:57

あなたにオススメの質問