こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自己破産に際して カード会社に住所変更未届

はじめまして。
情けないことにこのたび自己破産を決意しました。
数年前から借金の返済を他の借金で埋める悪循環に陥っており
借金額は600万円弱です。個人事業主で、収入は月10万円程度。
商才がないことを実感し、破産手続きをとりながら転職活動をします。
ぜひ自己破産によって健康な精神状態を取り戻し再チャレンジ
したいと思います。

■質問は下記2点について、自己破産手続きで免責の判断に致命的な材料となりませんでしょうか?経験者様、カード会社社員様、弁護士様、司法書士様、等専門的な回答をお願いいたします。

1)半年前、消費者カード会社へ住所変更の届けをした際に、「他に変更はないですか?」と聞かれ、会社を辞めて個人事業主になっていることを伝えていませんでした。そのカード会社からはその後70万円の借り入れをしてます。
2)現在、自己破産で返済できないことが分かりながら生活物品をクレジットカードで購入しています。

投稿日時 - 2007-10-19 19:52:54

QNo.3443623

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

> どういう時に免責が認められるのでしょうか?
裁判官の裁量で行われていますから、悪意や重過失に基づくモノ以外は広く認められているようです。
> 自己破産を避けようとしていたらカードは使うような気もしますが。
つまり、破産を決意する前という事ですね。なら使う事もあるでしょう。

でも、質問者は
> 自己破産を決意しました。
なので、立場が全く違います。
破産する事を決めた後は、
> 自己破産で返済できないことが分かりながら生活物品をクレジットカードで購入
の行為は悪意に基づく詐欺行為との認識が一般的でしょうし、私もそう思います。

投稿日時 - 2007-10-22 08:05:54

ANo.2

犯罪を犯した場合、理由によって罪の重さは多少の斟酌はされますが、罪は罪として裁かれるのが普通ですよね。
破産法というのは非常に強力で最終手段として用いられる制度のため、詐欺破産は10年未満の懲役等不正についても厳しい規定が盛り込まれている法律です。
その中で、詐欺行為となるようなことは、絶対に辞めるべきです。

と言うことで、
> 返済できるからという気持ちの中で
気持ちがどうであれ、行為としてやっているのではどう取られても仕方ないでしょう。

投稿日時 - 2007-10-22 05:32:00

お礼

早速ありがとうございます。

他人の保証人となっていて突然借金を背負ったというケース
など以外ではどういう時に免責が認められるのでしょうか?
ぎりぎりまで、自己破産を避けようとしていたらカードは
使うような気もしますが。(実際そうなりました。)

投稿日時 - 2007-10-22 06:02:30

ANo.1

> 1)会社を辞めて個人事業主になっていることを伝えていませんでした。
問題になる事は少ないです。

> 2)現在、自己破産で返済できないことが分かりながら生活物品をクレジットカードで購入しています。
大いに問題有り。詐欺行為として、免責不可となる可能性が高くなります。又は破産申し立て自体が無効とされるかも。

投稿日時 - 2007-10-20 05:29:12

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
2)について、
現在現金収入がなく、売り上げが発生したら返済できるからという気持ちの中でクレジット使用した場合は大丈夫でしょうか。

投稿日時 - 2007-10-22 05:06:40

あなたにオススメの質問