こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

WEB関連の資格や仕事について

現在20歳でバイトをしています。
高校卒業し進学するつもりでしたが強い目的はなく
バイトしながらやりたい事を探すため進学はやめました。

最近WEB関連(WEBクリエイター・WEBデザイナー・プログラマー等)の
お仕事に興味を持ちもう20歳ですが勉強しようと考えています。

普段PCは利用しているので簡単な事はある程度出来ますがまだまだ知識もなく無知に近い状態です。

そこで1年間通信などで基本的な知識を付けようと思っています。

長くなりましたがその後について今回お聞きしたい事があります。

友達も現在映像関係の仕事に就職しています。
何年先になるか分かりませんが何か一緒に仕事をしたいと話しています。

何か自分たちでサイトを作ったり依頼を受けたりするには
プログラミング能力試験・クリエイター能力認定試験などありますがそれを受けて資格を取なければ仕事としてやってはいけないんでしょうか?

WEB関係の会社を受ける場合であっても知識と能力を付けても「資格」というものがなければ仕事として出来ないんですか?

長くなり申し訳ありません。回答宜しくお願いします。

投稿日時 - 2007-10-25 15:27:00

QNo.3460142

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

資格は、実は大きく3種類に部類されます。
1. 業務独占資格
法律で資格を取得しないと、業務自体を行ってはいけないと定められているもの。
例:医師、弁護士、司法書士、行政書士、税理士など
2. 名称独占資格
法律で資格を取得すると、その名称を独占的に使用することができると定められているもの。
例:調理師、栄養士など
3. 能力評価検定
合格時時点の能力を客観的に評価を証明するもの。
例:簿記検定、プログラミング能力試験、クリエイター能力認定試験など

よって、ご質問にあった資格はあくまでも合格時時点の能力を客観的に評価を証明するものですから、資格がなくても、能力があれば仕事をすることは可能です。

但し、IT系の業界は、常に技術進歩が早い世界なので、就職しても常に最新の技術を勉強する必要があります。
なので、資格を取得したあとに、勉強をする努力をしなければ、すぐに仕事はできなくなります。
逆に資格を取得しなくても、常に勉強をする努力をすれば、いつまでも仕事をすることは可能です。

投稿日時 - 2007-10-25 17:29:12

お礼

回答有難うございます。
本当に分かりやすく説明して頂き感謝しています。
肩書きのようなものなんですね。
試験は受ける受けないにしても現時点では全く知識もないので
1から勉強していき方向性を定めていけたら良いなと思っています。
資格を持ってなくても勉強し続けて能力などを磨けば色んな仕事が出来ると自分も強く思います。
遅いスタートですが頑張ってやってみます。

投稿日時 - 2007-10-25 17:58:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

試験を一つの目標にするのは構いませんが、クリエイターとして生きるのなら企業が見るのは作品ですので、サンプルの作品 (過去の成果) がよい事の方が重要だと思います。

正直言ってWebって誰でも作れるものでもあるので、「Web作れます」では商売になりません。ただのオペレーターです。(または内職)

Webであれば、まずは作ってみることの方が重要ではないかなと思いますけど。名刺代わりに何個か作ってみては?

それと、学校に通ったりするより、そういう職場に入って経験したほうが何倍も価値があると思います。独立の際、どういう会社にしたいのか知りませんが、それに近い会社に潜り込むのが一番ですね。商売のポイント、価値観などが自然と身につくでしょう。

出身会社の覚えがよければ、困ったときに助けてもらえるかもしれませんし、小さな会社なら横のつながりも大事ですよ。最初から頑張っていい仕事をしましょう。

投稿日時 - 2007-10-25 17:17:42

お礼

回答有難うございます。
やはりこのお仕事は資格よりセンスや作品が重要なんですね。

precog様が仰る通り会社に入り勉強していく事も大切だと思いますが
基礎の知識もない無知の人間を採用してくれる所は殆どありません。
ですので1から学校や通信などで勉強をと考えていました。

方向性や具体的によく考えていきたいと思っています。

投稿日時 - 2007-10-25 17:53:04

あなたにオススメの質問