こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年収100万円以下。会社の家族手当から外れなくするには?

税金関係など弱いので よろしくお願いします。

私は主婦でアルバイトしています。夫はサラリーマンです。
夫婦2人暮らしです。

働き出す前に役所に確認し住民税が非課税になるという年収100万円以下(100万以下であれば所得税も非課税になるし社会保険料の扶養も平気なので)になるようにこの一年間計算しながら働いてきました。
なぜなら夫の会社に私が働いてるのがバレたくないからで
夫の会社は奥さんが1円でも働いてると家族手当(月々¥3万)がもらえないのです。
私はアルバイトで月収6~7万円ほどです。
私の月収の半分にもなる家族手当月々3万円は大きいのです。
ただ私も目標があるのでアルバイトもしたいと考えています。
私の非課税証明書などを会社に提出する必要はなく、この時期くらいに夫が提出する<扶養控除申告書><給与所得者保険料控除申告書><給与所得者配偶者特別控除申告書>などの書類で奥さんが働いているか否かを会社側は判断しているようです。

去年は、私の年収が70万円くらいで 私もバイト先に扶養控除申告書や渡された書類を全て提出し、夫も扶養控除申告書など会社から渡され書類に私が無職というふうに書き込んで提出しましたが
会社にもバレずに今年も家族手当をもらえています。
しかし先日友人に「今年から扶養に関してなんか変わるらしいから今年はバレるかもよ?!」と言われました。
友人自身も何が変わるかは詳しくは知らなかったので、今 不安ばかりが募っています。

そんな中 先日バイト先から今年も<扶養控除申告書>と<給与所得者保険料控除申告書>と<給与所得者配偶者特別控除申告書>の用紙を渡されました。
これを私が提出しなければ、私は100万以下で課税負担も社会保険の負担もない身分だし私は無職っていうことになって 会社にバレないのではないか?と一瞬考えたんです。
もちろん出すべきものであることは承知の上です。
ただ数年前別の所でアルバイトしていた時に(勤務先は上場企業で、私の年収60万円ほど)上記書類を提出し忘れたことがあったのですが何の問題もなかったため 
どうせ税負担など元々かからない範囲で働いているんだから、あの時のように提出しないって方法もあるのかな?とちょっと思ったんです。
ただ私自身も提出しないメリット・デメリットも知らないため、安易に提出しないと結論づけることもできず悩んでいます。
扶養控除申告書などの書類をを提出するにあたっての私に対するメリット・デメリットを皆さまに教えて頂だき それから考えたいと思いました。
もちろん私も去年のように、全書類を提出した上で夫の会社に私の勤務がバレなさそうだというのが一番最善の策だと思っています。

そこで、
●私が<扶養控除申告書>と<給与所得者保険料控除申告書>と<給与所得者配偶者特別控除申告書>それぞれを 提出しない時のメリット・デメリット&提出した時のメリット・デメリットを教えて下さい。
夫は去年と同じく私を無職として会社に提出する予定です。
●あと友人が言う「扶養控除に関しての変更」とは何か解かれば教えて下さい。
●率直に、会社に私の勤務がバレるか?又はどうすればバレないか?御意見を教えて下さい。

ちなみに私の今年の年収予定が交通費込みで90万円くらいです。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-11-01 03:50:03

QNo.3479309

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#4です。

>配偶者特別控除と配偶者控除を同時に受けられなくてどちらか片方しか受けられなくなると聞いたらしく、そのことが何かの影響が出るのでは?ということでした。

妻の所得が38万円以下(※)の場合、夫は配偶者控除が受けられることになっています。配偶者控除の額は38万円です。

配偶者控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

妻の所得が38万円を超えて76万円未満の場合、夫は配偶者控除は受けられないが配偶者特別控除が受けられることになっています。。配偶者特別控除の額は、
妻の所得が38万円を超え40万円未満……38万円
妻の所得が40万円以上45万円未満……36万円
・・略・・
妻の所得が75万円以上76万円未満……3万円
という具合に漸減します。

妻の所得が76万円以上になると夫は配偶者特別控除を受けられません。

配偶者特別控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

※妻の「所得が38万円以下」という条件は、もし給与だけで外の収入がない場合は、「給与収入が103万円以下」に相当します。つまり、妻の給与収入が103万円以下ならば夫は配偶者控除を受けられます。

同様に、「所得が76万円以上」という事は「給与収入が141万円以上」を意味します。妻の給与収入が141万円以上になると、夫は配偶者控除はもちろん、配偶者特別控除も受けられない訳です。


ところで、この仕組は最近決まったわけでもなければ、最近改定されたわけでもありません。友人は、何か勘違いしているのだと思いますよ。

投稿日時 - 2007-11-02 10:45:27

お礼

たびたびの分かり易い回答、感謝いたします。
リンク先も参照し 本当に数字関係が苦手なのですが
少しずつ理解が進んできた気がします。

友人は上記のことを言っていたのかもしれませんね。
それを最近改定されたと思ってしまったのかもしれません。
また今度友人に聞いてみたいと思います。
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2007-11-03 02:13:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>私が<扶養控除申告書>と<給与所得者保険料控除申告書>と<給与所得者配偶者特別控除申告書>それぞれを 提出しない時のメリット・デメリット&提出した時のメリット・デメリット

<扶養控除等申告書>は必ず提出して下さい。さもないと、年末調整で給与所得控除を受けることが出来ないのであなた自身に所得税と住民税が掛かります。また、あなたのアルバイトが夫の会社にバレる恐れがあります。

なお<扶養控除等申告書>を提出すれば、年間給与90万円ですから、<給与所得者保険料控除申告書>と<給与所得者配偶者特別控除申告書>を提出する意味を失い、アルバイト先も受取りません。

>夫は去年と同じく私を無職として会社に提出する予定です。

それで結構です。

>友人が言う「扶養控除に関しての変更」とは何か解かれば教えて下さい。

私も扶養控除や配偶者控除の要件について変更があったとは聞いておりません。もう一度、友人に確かめてください。

>率直に、会社に私の勤務がバレるか?又はどうすればバレないか?御意見を教えて下さい。

給与収入だけならば、100万円以下であればバレません。(あなた自身の住民税均等割は発生するでしょうが)


最後にもう一度、<扶養控除等申告書>は必ず提出して下さい。

投稿日時 - 2007-11-01 11:53:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
詳しくご回答いただき、疑問が氷解する思いでした。

>私も扶養控除や配偶者控除の要件について変更があったとは聞いておりません。もう一度、友人に確かめてください。
  友人に確認したところ、詳しくは解からないが、配偶者特別控除と配偶者控除を同時に受けられなくてどちらか片方しか受けられなくなると聞いたらしく、そのことが何かの影響が出るのでは?ということでした。
配偶者控除と配偶者特別控除が同時に受けれなくなると何の影響が出るのでしょうか??

>最後にもう一度、<扶養控除等申告書>は必ず提出して下さい。
  はい、提出したいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-02 00:35:09

ANo.3

働いてるのに無職と申告するのは、詐欺に相当しますよ。
ばれたら、過去にさかのぼって家族手当の返金を要求されるだろうし、何より旦那さんが解雇される可能性もありますよ。
そんな危ない道は渡らない方がいいのでは。
素直に申告しましょう。

投稿日時 - 2007-11-01 10:54:19

お礼

回答ありがとうございます。
解雇とかそこまで考えていませんでした。
反省してます。

投稿日時 - 2007-11-02 00:26:02

ANo.2

>夫の会社は奥さんが1円でも働いてると家族手当(月々¥3万)がもらえないのです…

夫が減俸や解雇などの処分をされたくなかったら、スーパーで万引きしても見つからない方法を教えてください、と言うような質問は止めておきましょう。

投稿日時 - 2007-11-01 07:28:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2007-11-02 00:24:45

ANo.1

生活の糧である会社をだますことは詐欺に当たります。それでもあなたが満足ならそのままで・・・税金は、法律で定められており一部の悪人を除いて平等に課せられ納めています。その人たちに仲間入りしたければメリット・デメリットなど言わずに正しく申告してください。

投稿日時 - 2007-11-01 06:38:32

お礼

回答ありがとうございます。
詐欺にあたるのですか。。。そこまで深く考えていませんでした。
反省してます。

投稿日時 - 2007-11-02 00:23:30

あなたにオススメの質問