こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

物損事故で、相手が当初と証言を変えてきた。どう対処すべき?

数日前、通勤中に事故に遭ってしまいました。当方はバイクで優先道路(片側2車線)を直進中、1車線の狭い道から乗用車が出てきて進路を塞がれ、停止・回避を試みましたが地面が濡れていたこともあり、結局転倒に至りました。
ちょうど、http://amami.rindo21.com/ks_bike/16/160001.html に載っている例と同じような状況です。

乗っていたバイクはカウル等が破損、修理には20万ほどかかります。一方、相手車両には転倒したバイクの前輪が、先方の前輪に軽く当たった(ように見えた)程度で、相手車両も、そもそも瑕や凹みだらけで、運転していた若い男性も「こちらには接触してないと思う。接触してても、どれが今回の瑕かわからない」と言っていました。(処理に来た警察にもそう証言していました)

当方は転倒時に擦り傷や打撲を負いましたが、幸い頭は打たず、骨にも異常はなさそうなので、人身にはせず、物損で処理して保険会社を通して示談するということで先方と同意して分かれました。

その後、当方の損保会社に連絡して状況を伝えると、90:10とで相手に非があるケースだろうと言ってました。が、先方の損保会社の担当からかかってきた電話に耳を疑いました。なんと、事故直後に「保険は使わず、お互いの車両の修理は各々でやる、という話をしていた」と主張していると言うのです。無論、即座に否定しました。

すると数時間後、再度電話があり、先方は事故直前に狭い道から出て来たのではなく、30秒前から同じ地点(優先道路上)で右折しようと停止していた。そこに当方が勝手に突っ込んできて転んだ、などと証言を変えてきたそうです。
この証言が認められると、停止してる車両との事故になり、優先道路上に進路を塞ぐように停まっていた事実を加えても20:80で当方に非があることになるそうです。しかも、「自分の車には瑕は無い」と言っていたくせに、「やはり故障箇所があったから工場に持っていって見積もりを取る」などと言い出してるそうです。

事故があった道路はちょうどラッシュの時間帯で交通量も多く、そんなところで車線1つを塞ぐ形で30秒も停車できるはずは無く、当方の損保会社の担当者も「極めて不自然な話だと思う」と言っていました。
しかし、示談というのは双方が合意しない限り成立せず、向こうの車には修理が必要な箇所はない以上、先方にしてみれば示談がまとまらずとも実害はないことになり、今度どう進展するか非常に不安です。

打撲などを負った箇所はまだまだ痛みが残り、内出血痕などもあります。いっそ診断書を取って人身事故とした方が良いのでしょうか?それとも「人身に切り替える」というのを交渉材料として使うのも手でしょうか?
しかし、接触の事実が無いのに後から「実は車に被害があった」と言い出すような相手ですから、下手をすると「自分も怪我をしていた」などと言ってきやしないか、という心配もあります。

どなたか智恵をお貸し願います。

投稿日時 - 2007-11-03 17:02:28

QNo.3485876

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

人身の切り替えを交渉材料にするのは、あまりおすすめできません。
お怪我をされたのであれば、そのまま警察に診断書を持って人身事故に切り替えましょう。
そして、治療をして早く怪我を治しましょう。

ところで、ラッシュの時間帯での事故とのことですから、目撃者もいたのではないですか?
近所の商店の人や、工事現場のガードマン等・・・
大変だと思いますが、目撃者で通勤で通っている方がいるとすれば、同じ時間に車なり、バイクで毎日事故現場を通っていると思いますので、探してみてください。
目撃者の方に証言していただくのが一番なんですよね、こういう場合。

他の方もおっしゃっている通り、保険会社を入れて交渉してもらうのが一番です。
また、今後話が難航してばあいに、ご自身の保険に弁護士費用特約が付いているようでしたら、弁護士の先生に相談してみるのもいいでしょう。

投稿日時 - 2007-11-05 02:08:20

お礼

返事が遅くなり申し訳ありません。下にも書きましたが、なんとか無事に示談交渉が進展中です。なお、弁護士費用特約はつけていませんでしたが、今後のことも考えて、次の更新時からつけようと思っております。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-19 00:44:33

私が思う相手の考え方です。
このまま放置です。
別に示談しなくても何も影響がない。
遠い昔、知人がこんな感じでしたね。


人身事故にされたら実況見分で警察に都合のよい事を言う。

そもそも、自腹で治療しても相手は払わないと思う。
自賠責を使わせて貰えるのかされにあやし。。

まあ交通事故で得は無い。

投稿日時 - 2007-11-04 04:22:26

お礼

返事が遅くなり申し訳ありません。
相手方の思惑はおっしゃる通りだと思っていたのですが、その後、車両及び保険の名義が事故の当事者でなくその父親にあったこともあり、トラブルになることなく示談が進んでおります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-19 00:42:57

ANo.6

No.5です。事故から数日後くらいでしたら、今からでも病院に行ってから届け出して相手の損保に通知しましょう。実際に怪我をしているのでしたら、何の問題もありませんし、後で人身で届けを出すのは珍しくありません。保険料の等級アップと個人負担にするかは金額を計算してみないと分かりませんが、相手の修理が数万円程度でしたら最終的に保険を使わないようにすればいいのです。それまでは、あなたの損保に保険を使う(相手に保険で賠償する)ような姿勢をとっていればOKです。これは何ら姑息な手段でもありません。最初からゼロ主張されると、損保としては手が出せなくなるだけです。残念ですが、被害者?がしゃかりきになって動かなければなりません。事故をすると双方が何らかの損をするのです。被害者と思っている人には理不尽なことですが、日本の損害賠償制度はそうなのです。

投稿日時 - 2007-11-04 01:02:14

お礼

お返事が遅くなりました。
その後、いろいろありまして、結局は人身の届けは出さず、物損のみで75:25で相手の過失大、って話で決着しそうです。ご回答いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-19 00:40:33

ANo.5

怪我をしたなら人身で届けるべきでしょう。治療費も自賠責で請求できます。ただそれを交渉の道具にしようなどとは以ての外ですよ。相手も損害があるというなら、ある意味好都合かもしれません。相手への損害の賠償がないと、あなたの保険会社は出番がありません。第一保険会社は相手の損傷と事故との因果関係をチェックしますから、余計な部分は修理しにくいのです。あまり保険に詳しくないようですので、保険会社同士に任せることをお勧めします。

投稿日時 - 2007-11-03 22:46:26

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。最初に人身で届ければよかったんですが、何しろ通勤中のことで、病院に行ったりしてると仕事に大幅に遅れる、という思いから、つい「とりあえず物損で」みたいな考えになってしまいました。
相手の損害云々ですが、相手が出してきた見積もりを認めるかどうかは保険会社次第ですよね?明らかに今回の事故での相手車両への瑕などは無かったのですが、当方の保険会社が相手の損害を認めてしまった場合、やはりこっちの保険等級は上昇してしまいますよね・・・。

投稿日時 - 2007-11-04 00:00:07

ANo.4

相手がどういう行動、言動とろうと関係なく、あなたはあなたでケガがあるなら、病院で診断書をとり警察に提出 人身事故にすることです。
あらためて、現場検証 調書をとります。
その上で、警察には当時の状況を正直に説明すれば一応証拠としては残ります。また、相手もそうそう大きなウソはつけないはずです。

>「人身に切り替える」というのを交渉材料として使うのも手でしょうか?
そのような姑息な考えは捨てることです。

投稿日時 - 2007-11-03 18:01:45

お礼

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通り、人身事故にするってのを交渉材料と考えるのは止めておきます。

投稿日時 - 2007-11-03 23:47:47

ANo.3

人身届けにして警察に調書を取ってもらうべきです。急いで警察に連絡して下さい。日数が経つと双方の意見の食違いが広がり、解決に時間と手間がかなりかかってしまいます。相手方の信用度が浅いようならなおさら早急に対処すべきです。警察への出頭の際に診断書は準備して行った方がいいですよ。警察からは双方での出頭を要請されるので相手方とも連絡をとらなければなりません。本来なら現場で警察の立会いをされた方がよかったと思います。

投稿日時 - 2007-11-03 17:47:56

お礼

ご回答ありがとうございます。

やはり人身事故として届け出た方が良さそうですね・・・。週末なので病院も休診ですから、診断書を書いてもらえるのは月曜日となり、事故から1週間近く経過することになりますが・・・。

投稿日時 - 2007-11-03 23:23:44

ANo.2

怪我があるのであれば、即刻人身事故にして下さい。
物損のままだとなんの証拠も残らないので、双方の言い分が食い違えば、何が真実なのか目撃者でも出なければわかりません。

人身扱いにすることで、警察立会いのもと実況見分を行いますから、相手の不自然な主張は警察官から是正されます。
また人身扱いにすることで調書が残りますので、あとから主張を変えても、そのときの調書が重要な証拠になりますので、後々役に立つと思います。

投稿日時 - 2007-11-03 17:26:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

目撃者と言えば、ちょっと気になるのが、先方の車には助手席に交際相手と思しき女性が同乗していた点です。運転者と話してる時も警官が来たときも車から降りてはきませんでしたが、いざとなれば、「目撃者」として先方にとって有利な証言をしやしないか、という不安もあります。

投稿日時 - 2007-11-03 23:20:07

ANo.1

警察には届けましたか?警察の現場検証をお願いし判断を任せたらどうですか?裁判を起こすのも一つの方法ですが・・・

投稿日時 - 2007-11-03 17:22:09

お礼

ご回答ありがとうございます。
事故直後、警察には連絡をして警官が1人やってきたのですが、なんというか適当に状況を聞いて「じゃあ後は本人で話し合って。人身にするなら・・・まあ、その辺りも保険会社に聞いたら詳しく教えてくれるよ」と言って去っていかれました。

投稿日時 - 2007-11-03 23:17:22

あなたにオススメの質問