こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

不法行為を行った公務員の法律上の賠償責任追及について

憲法第17条において「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。」という規定がありますが、この場合、不法行為を行った公務員は賠償責任を負わず、国又は公共団体が賠償責任を負うと思います。
(1)ここで仮に国が賠償責任を負った場合、国は公務員個人に求償できるのでしょうか?
(2)憲法上公務員が賠償責任を負わないとしても、民法上709条の不法行為責任により、賠償責任を請求されうるのでしょうか?
(3)憲法上国が損害賠償を行った場合で、民法上公務員が被害者に対して損害賠償を行うケースもありますか?

投稿日時 - 2007-11-11 22:17:00

QNo.3509858

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

 憲法17条と、その趣旨を法律に具体化した国家賠償法の問題ですね。
(1)国賠法1条2項
(2)憲法上は、公務員が賠償責任を負わないとは書いてありません。国家賠償責任が代位責任か、自己責任か、という議論と関係しますが、一般に代位責任説が有力です。
(3)(2)と聞いていることが重なるように思いますが、(2)で否定したとしても、国家賠償責任を超えて個人的責任が認められれば、あり得るでしょう(争いはありますが)。
 また、国の損害賠償責任が、国賠法上ではなく、民法上のものであれば、709条と715条の関係になり、個人による損害賠償は当然あり得ます。

 学校の課題なら、理由など詳しくは自分で調べましょう。行政救済法の教科書を見れば、書いてありますよ。

投稿日時 - 2007-11-12 10:18:28

あなたにオススメの質問