こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人年金の税制上のデメリットがあれば教えて下さい。

保険会社などの個人年金保険に加入する際に、
税金関係で留意することについて教えて下さい。


1. 男性の場合

1-1 個人年金を受け取り始めると、その年金額にも課税されると聞きました。
   それは、年金額×(1-必要経費割合) に対して雑所得が課税されるということで
   よろしいのでしょうか? 

   例えば 120万円の年金で必要経費割合が0.96だったとしたら、
   120万円×(1-0.96)=48,000円 だけが
   所得に加算されるという認識でいいのでしょうか?

1-2 また、国民健康保険料は、その人の収入によって掛金が変わるということですが、
   その場合の収入には、上の1-1の例で言うと、
   その人の年収に年金額120万円をプラスするのですか? それとも48,000円をプラスするのですか?


2. 女性の場合

   夫からの扶養に入っている女性の場合、その女性に収入がある場合、

   100万までは課税なし
   100万超で住民税
   103万超で所得税&住民税
   130万超で社会保険加入
   141万超で夫の配偶者特別控除なくなる

   という制度になっているようですが、
   妻が受け取りの年金保険に入っている場合、妻の年収には、
   1-1の例で考えると、年金額120万円を加算して考えないといけないのでしょうか?
   それとも48,000円を加算して考えるのですか?

   例えばパート収入90万円の主婦は、それだけなら何も税金はかかりませんが、
   年金額120万円をもらい始めた場合は、それを加算するのなら、
   その主婦の年収は90万円+120万円=210万円となって、一気に扶養を外れて
   社会保険に加入しないといけなくなりますよね。

   パート収入90万円に加算するのは、120万、48,000円、どちらなのでしょうか?


3. その他、年金保険に加入し、受け取るようになった時の、
  税制上のデメリットとなる要因があれば、男女問わず、教えて下さい。


以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-11-19 22:13:47

QNo.3531737

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

収入-必要経費=所得
となりますから

48000円が加算されることになると思います

詳しくは
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1610.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1610.htm

投稿日時 - 2007-11-23 08:57:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問