こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

論述式問題の解答

論述式回答の書き方教えていただけないでしょうか?

大学の試験なんですが書き方がわからなくて困っています。法学部 
たとえば『何と何の違いについて述べよ』と出題されると 
箇条書きでこれとこれ、あれとあれが違うとはかけるんですが、一つの文章になりません。
論述式は一つの文章にして最後にまとめ的なものを付け加えたほうがいいと聞いたんですがどう書けばよいのでしょうか
教科書には何がどう違うと書いてあるのですがどうやって独自の答案を出せばいいのでしょうか?
教科書そのまま書いたらだめだそうで、しかし教科書以上の答えは思いつかないのです。
どうかコツを教えてくれないでしょうか?
よろしくお願いします。 

投稿日時 - 2007-11-21 23:27:06

QNo.3537398

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問拝見しました。
独自の、と言うのは独創的と言う意味ではなく、自分なりのという意味で解釈させていただきます。

「AとBの違いについて述べよ」
AとBの使用できる回数 AとBの影響力が違うと、分かっていると仮定します。

私達の社会ではAと言うものが存在する。しかし、このAと言うものと類似しているBと言うものも存在している。
では、なぜこの二つの類似している存在が現在の社会に共存しているのか、またこの二つの存在のどの様な違い
が両者を明確に分けていると考えられるか。
本論では両者の、使用できる回数、影響力に注目する。使用できる回数を制限することは、影響力の大きさを表し
同時に影響力の大きさは、使用できる回数を制限しなければならない要因になっていると思われるからである。
 そこで、両者の絶対的違いを比較し考察する。

このようにまず問題となるものをもう一度取り上げ、自分なりの言葉で言い換えます。
そしてその問題を解決する際に何に注目するか(質問者様の箇条書きなら分かると言うことです)を明確に示し
(ここで言う使用回数と影響力です)それをどうするか示します。
これが概要の部分です(問題提起をしているので序論と考えていただければ)。そして本論、結論と続けていくのですが。
最初の部分が書ければ、まず大丈夫だと思います。(最後の部分はどうしようもなければ最初の概要の疑問部分を「である。」に置き換えれば急場はしのげます。)
実際のところ簡単なレポート、論文の書き方を読み、その後教授が発表している
論文などを理解できなくとも良いので、沢山読み冒頭部分を真似て書く、これが1番的確な上達方法だと思います。
ただ、試験が近く時間が無いという場合は、とにかくこれはよさそうと思える論文を一つ選択し(今回でいうと二つの物を比較しているもの)比較物だけを問題とすり替え、2000字~3000字の概要を覚えるという方法もできます。
もちろん、そのままでは問題になりますので自分の言葉に置き換えますが。
と言ったものが簡単な上達方法、コツだと思います(最後のものは除きますが)
すみません、改めて読むと、とても乱雑な文章ですが参考になっていればうれしいです♪。

投稿日時 - 2007-11-22 03:00:48

お礼

とても参考になりました!!! 
なるほどそうやって書くのですね。 本当にありがとうございます。
すごいわかりやすかったです。 
早速やってみます。 

投稿日時 - 2007-11-22 06:15:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問