こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故の加害者として

先日事故をしてしまいました。私(車)、相手(バイク250cc)です。
相手方にお見舞いに伺うと、相手方は下記内容をおっしゃいました。
 ・保険会社を使い過失割合は出るとして、保険以外の事は何を考え
  ていますか。個人的に保障する事が被害者への対応としてすべ
  き事ではないか。
 ・お宅(私の事)の対応はあまり誠意を感じられない。警察には、
  過失の罪について、警察に任せるとしているが、考え直すかも
  知れない。
お話をさせて頂いた時点では、保障について保険を使用する旨を伝え
個人的な保障に関しては、明言していません。

この場でお聞きしたいのは、被害者の方の上記発言は、ある意味
”脅し”では無いかと思うのですが?
何も争うとは思っていませんが、上記内容は法的に問題は無いのでしょうか。
(保険会社には全て伝えており、弁護士を立てる準備をしています)

投稿日時 - 2007-11-26 19:38:34

QNo.3549025

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ちょっとその被害者には事故に乗じた悪意が感じられますね。
しかしお見舞いに来ている時点で僕は十分だと思います。
僕は事故被害者になったことはありますが、相手に電話で逆ギレされた挙句、見舞いの「み」の字もありませんでした。

個人的な保障をしないですむように保険に加入しているわけですからね。
そしてそのような面倒に巻き込まれないために、保険に入っています。
担当者の方にそのようなことを言われたが、どうしたらいいか指示を仰ぎましょう。場合によっては相手方の保険担当者でもOKです

投稿日時 - 2007-11-26 19:46:11

お礼

回答有難うございます。保険会社の担当者とは常に連絡をとり、状況を連絡しております。勿論保険会社の状況も私に連絡してもらっています。こちらからの謝罪及び保険による保障を行なう事に徹したいと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 09:32:45

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私なら・・・

・保険会社を使い過失割合は出るとして、保険以外の事は何を考えていますか。個人的に保障する事が被害者への対応としてすべき事ではないか。

「申し訳ありませんが、今回の件はすべて保険会社のほうにお願いしております。保険会社の詳しいものを向かわせますので、それでご容赦ください。」
<解説>
保険以外の対応は、基本的にはしないほうがいい。保険会社からも止められるでしょう。最悪、保険会社におりられますよ。
相手も言葉選んでるようですが、仮にいくらなどと指定してきたら、脅迫罪に当たる事例です。保険での対応は、保険会社にお金払ってるんだから、結局は個人での対応と同じです。

・お宅(私の事)の対応はあまり誠意を感じられない。警察には、過失の罪について、警察に任せるとしているが、考え直すかも知れない。

とにかく謝り倒します。ただし、保険会社同行で。
少なくとも、過失割合は警察が事故状況から判断するところであり、いくら陳情されたところで何もないでしょう。
そういう奴であれば、逆にどこがいたいだなんだと、後々まで言ってくる可能性がありますから、かかわらないほうが懸命です。

まあ、裁判かけるならご自由にって話です。相手が都合がいいようにばかり転ぶものでもないでしょう。

投稿日時 - 2007-11-27 14:14:26

お礼

ご丁寧な回答有難うございます。お見舞いに伺った後、保険を使って対応させて頂く旨を相手方に伝えました。相手方曰く『こちらも考え直させてもらいます』との事。 あくまで私の想像ですが、”過失の罪”つまり点数の減点を増やすとの意味だと思います。とにかく保障の件については、保険会社に一任します。

投稿日時 - 2007-11-28 10:13:00

ANo.3

これだけでは脅迫には該当しないと思われます。
過失罪についても、警察が判断することで被害者が警察にどうこう言うものではありません。
勿論厳罰にしてほしいなど、意見や嘆願書を出すことは被害者側の自由なので、あなたが言われたからといって脅しとはならないでしょう。
あなたとしては、保険屋に任せることです。

投稿日時 - 2007-11-26 19:51:08

お礼

早速の回答有難うございます。保険会社には相手方との会話内容を伝えており、私としては誠意をもって謝罪し、保障については保険で対応する旨説明する事に徹したいと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 09:29:27

被害者としては、当然のお尋ねに過ぎないと思います。2項目目に付いても、加害者の誠意の見せ方次第では、被害者として、考えを変えて補償問題や示談交渉に臨もうと思われることも当然のことですから。

投稿日時 - 2007-11-26 19:44:55

お礼

回答有難うございます。私としては、被害者の方の気持ちを考えお見舞金をお渡しする事も考えたのですが、過失の罪に関するお話をされたので、保険による対応をお願いする事にしようと思っています。

投稿日時 - 2007-11-27 09:37:34

あなたにオススメの質問