こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

年末調整・確定申告についての質問です。

今年の年末調整・今年度の確定申告関連で質問させていただきます。
質問にあたり、状況と質問を書きたいと思います。

<状況>
・私は、現在、民間会社で4月からサラリーマンをしている。
・私は、3月までは自営業をしていた。
・私は、数年前から家賃収入(年間で100万円くらい)を得ている。
・私は、所得のない子供2人を扶養している。
・妻は、パートで働いており、現在の私の扶養には入っていない。
・妻は、2つの勤め先に勤務しており、片方の収入は年間120万円くらい、もう片方の収入は年間10万円くらいである。

<質問>
・私は、現在の会社から源泉徴収票を受け取り、自営業時の収入と家賃収入との分を合わせて、3つの収入でもって確定申告をしに行けば良いのか?
・私は、その場合、現在の会社には、扶養控除等(異動)申告書だけを提出すれば良いのか?
・妻は、2つの収入の証明をもって確定申告をすればよいのか?
・妻は、その場合、勤め先に提出する書類は?

以上が状況と質問です。
よろしければお答えお願いいたします。

投稿日時 - 2007-11-28 20:09:42

QNo.3554776

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>私は、現在の会社から源泉徴収票を受け取り、自営業時の収入と家賃収入との分…

はい。

>妻は、パートで働いており、現在の私の扶養には入っていない…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>私は、その場合、現在の会社には、扶養控除等(異動)申告書だけを提出すれば…

給与所得以外の所得がある場合は、年末調整では対処できません。
何も提出しなくてけっこうです。

>妻は、2つの収入の証明をもって確定申告をすればよいのか…

並行して 2社以上から給与を得ている場合も、年末調整では対処できませんので確定申告です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>妻は、その場合、勤め先に提出する書類は…

何もありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2007-11-28 20:24:57

お礼

解りやすいご回答、ありがとうございました。
大変助かりました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2007-11-28 21:37:56

あなたにオススメの質問