こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

企業年金連合会の年金額の見方

同じような質問はありましたが、知識がなくわからないので教えていただけたらと思います。
今年7年勤めた会社を3月に退職し厚生年金基金の脱退一時金を通産企業年金にしました。
後日手紙が郵送されましたが、その見方が良くわかりません。

1.将来支払われる年金額(年間の支払見込額)
        年金額  139,556円
 年金額内訳 基本年金額    118,900円
       通産企業年金額   20,656円

2.通産企業年金額の計算のもととなった脱退一時金相当額
                209,100円

8.支給開始年齢         65歳
 
 と明記されてましたが、これは厚生年金の総支給額ですか?基金だけの年金額で厚生年金は別で貰えるのですか?
支給されると終身で支給ですか?
 一時金で貰ったほうがよかったのですか?
 教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-12-06 21:36:31

QNo.3576770

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あなたが加入していた厚生年金基金の制度内容が不明のため、一部は推測になりますが、多分、以下のとおりです。

(1)年金は終身年金で、死ぬまで支給される金額です。
(2)年金額内訳にある「基本年金額」について
会社に在籍していた7年間、給与から天引きされていた厚生年金基金掛金に基づき支給される年金ですが、実はこれは厚生年金です。(若干増額にはなっています。)
今後、あなたが別の会社で働き、65歳になって、厚生年金を受給できるようになった時、国から支払われる年金には、この7年間分は除かれた金額が計算される仕組みとなっています。
(3)年金額内訳にある「通算企業年金額」について
これは、多分、在籍7年間分の退職金です。その金額が「2」に記載されている「脱退一時金相当額」として記載されている209,100円です。
この一時金を原資として、65歳以降、分割して受取ることができる年額です。
約20万円の一時金に対し、年間約2万円の年金を終身受取れることになるため、非常に高い年金額のように感じるかもしれません。
その理由は通算企業年金では、現在からあなたが65歳になるまでの期間、年利2.25%(多分)の利息が複利で付与される仕組みになっているからです。
もし、あなたが現在30歳であれば、65歳になる35年後にはこの一時金は2.27倍後なっていることになります。
それを、65歳以降終身で受取る期間は、現在の平均余命から約16年程度と考えられるため、この年金額となったわけです。
(4)一時金で貰った方が良かったのか?の質問について
以下の考え方で整理してみては如何でしょうか。
・一時金を選択しても、受取れるのは「通算企業年金額(脱退一時金相当額)」の部分だけです。
「基本年金額」の部分は、元が厚生年金であるため、一時金を受取って清算、ということはできません。企業年金連合会から受取る以外の方法はありません。
・「通算企業年金」は今後、65歳まで2.25%(多分)の複利の利息が付与されることになっています。
・今、直ぐに現金が必要ですか?転職先の目処はありますか?

以上、長くなりましたが、参考として下さい。

投稿日時 - 2007-12-07 19:31:46

お礼

詳しく教えていただき参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-12-09 22:16:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

30人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問