こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

境界児といわれても

なぜ境界ゾ-ンを作るのか理解できません。
うちの子供が、この先どのような人生を送るのか、想像出来ません。
同じ様に言われたお子さんをお持ちの方、あるいは、子供の頃診断されたかた、経験談をお聞かせください。

投稿日時 - 2007-12-09 17:35:39

QNo.3584227

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

発達障がいというのは、最近になって注目されていますが、
昔からあったものだと言われています。
境界ゾーンだとすると、知的にはあまり問題がないのではないでしょうか?
軽度(IQ70以上)、重度はIQの数値で決めますので、
自閉傾向が強いか弱いかとかの判断はできません。
IQが高くても自閉傾向の強い人もいます。

うちの子(小2男児)は、高機能・ADHD・LDがありますが、
その中で一番困っていると思われるのがLDです。
一見普通にしか見えない息子は、
幼稚園時代に周りの理解が得られず辛い思いをしてきました。
出来る事と出来ない事、出来る時と出来ない時があるのですが、
知的に問題がない場合、ほとんどの人がそれを我がままだと思ってしまいます。
躾の問題、子どもの性格だと思い込んでしまうんです。
本人は困っていて、その不安から攻撃的になったり、
強情に見えたり、我がままに見えたりするだけなのに・・・・・・

そのため、理解をされないまま、
多くの子は不快な環境に我慢を強要されたりします。
そして、一番怖い二次障碍を引き起こします。
それが積み重ねられていうくと、いつか爆発したり、
自分の自己評価をさげてしまったり、心に傷を負います。
うちの子も、二次障碍があります。

それらを避けるために、早期療育をすることによって、
周りの環境も整えて、その子にあった支援をすることで能力を伸ばし、
環境に対応できるようにするのが、
今年度の4月にはじまった特別支援教育法だと聞いています。

そして、未就学児の場合には発達のバラツキが大きいため、
診断名をつけるのはとてもむずかしく、
障碍なのか個性なのか見分けるのがむずかしいそうです。
でも、ハッキリするまでそのままとはいきませんので、
疑わしい子の全てに早期療育をする動きが強くなっている気がします。

お子さんは、境界ゾ-ンと言われたのであれば、
働きかけによっては大きく伸びるお子さんに感じます。
今は、周りに流されてみて、
ご自身でも#2さんが紹介されて本(とても良い本です)を読んだり、
障碍について調べていかれると、お子さんの将来も見えてくると思います。

ブログなども同じ境遇の方がいらっしゃるので勉強にもなります。
わたしも時々凹むこともあるのですが、
少しずつでも成長している息子に対し、あまり悲観はしていません。
うちの子は、授業にあまり参加している風に見えませんが、
なんとか普通学級に通ってます。(選択肢がないとも言いますが・・・w)

同じような方がいらっしゃるブログを紹介しておきますね。
http://yukkuri.top-navi.com/
http://angel.jri.ne.jp/search/mse.cgi?action=indi&cat=03-02
http://blog.fc2.com/theme-37282-16.html
http://mental.blogmura.com/hatatsu/
http://www.a-spectrum.info/profile/profile.cgi?mode=rankpage

投稿日時 - 2007-12-14 00:09:02

お礼

二次障碍というのが今は怖いです。
なんとか娘が伸びてくれるように、こちらも勉強しないとですね。
専門の幼稚園と加配制度ありの保育園、どちらが娘のためになるのか悩み、加配のある保育園にしようと決めましたが、何が正しいのかいつも迷っています。
ブログ、参考にさせて頂きますね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-12-20 00:42:09

ANo.2

#1で回答したものです。

お子さんの正確な年齢が分かりませんが、文面から推測させていただくと、まだ3歳前なのですね。
それでは、まだまだ伸びる可能性があるでしょう。特に、発達指数は2歳代だと当日のコンディション次第で、上下の変動が大きいです(半年程度なら楽々誤差が出ます)。
ただ、自閉の特性を持っているということですから、その点についてはよく理解しておかれたほうがいいでしょう。
特に小さいうちは、自閉症が重度なのか軽度なのかは判定できないことも多く、また成長とともに診断名が変わることも多いのです。
療育を薦められたのであれば、ぜひ受けてください。
親は発達障害児に対する育児の方法を、子はこの世の中でどんな風に適応していくかを学ぶことができます。
同じ悩みを持つ親が集まっていますから、親としては心の支えにもなりますよ。先輩ママからの情報はとても貴重です。
育児の悩みに対しても、療育の先生(保育士や心理士など)、先輩ママにすぐに相談することができます。
また、たとえ自閉症ではなかった(少しコミュニケーションの力が不器用だっただけ)というお子さんでも、療育はマイナスにはなりません。
とても丁寧に育児をしていく…という意味で、プラスになります。

私の息子は自閉症の正式診断は1歳7ヶ月、1歳10ヶ月から療育でお世話になっています。
現在、5歳(年中さん)になっていますが、保育園の保護者さんからは「自閉症には見えない」と言われています(苦笑)。それだけ、息子は「社会に適応して生きていく力」を身につけて行ってます。

私も、息子がどんな風に成長していくのか、はたまたどのような人生を送るのかについては、全く分かりません。
ただ、私たちが死んだ後、息子がキチンと自立できるように…
長期目標は「自立」として、色んな生活スキルを身につけさせています(もちろん、息子に合った方法を取り、さらに優先順位をつけて育児していくわけですが)

おそらく、今はまだ混乱していて何から手をつければよいのかワカラナイかと思います。
書籍にしても、びっくりするほど出版されていますしね。
とりあえず、
中央法規出版 吉田友子著
「アスペルガー症候群・高機能自閉症 その子らしさを生かす子育て」
を一読されてみてはいかがでしょうか。
発達障害について網羅されていますし、初心者にもわかりやすい内容となっています。図書館にも置いてあると思いますよ。

投稿日時 - 2007-12-10 08:31:11

お礼

それですよね。私たちが死んだ後。一番考えてしまいます。
療育のための診断の予約は一月に入っています。
私は子供を笑わすのは得意なんですが、かかわりをと言われると、どうしたら効果的なのかわからないので、私も色々勉強しないとなんですね。
ありがとうございます。
息子さんみたいになれるように手助け出来たらと思います。

投稿日時 - 2007-12-20 00:38:17

ANo.1

こんにちは。
境界児……は、何の「境界」でしょうか?
いわゆる「ボーダー」と呼ばれていますが、「ボーダー」にも色々ありますよね。

さて、我が家の息子は自閉症です。
「自閉症」は重度ですが、「知的」は境界児です。

発達障害のボーダー児と言われたのであれば、発達障害について勉強なさることです。
なぜ「境界児」(グレーゾーン、ボーダーライン等の呼び方があります)という子供が存在するのかが分かります。
簡単に言えば、「診断をつけるほどの特性を持ってはいないが、個性と呼ぶには特性が強すぎる」という状態ですね。
社会生活を送ることはできるけれど、根っこの部分に「やりづらさ」を持っているわけですから、対処は必要でしょう。
育児をしていく上でも、「強すぎる個性」を持っていると自覚して育てるのと、「本人の努力不足だ」と勘違いして育てるのとでは、後々、大きく変わってきますよ。
それが、「この先、どんな人生を送るのか」ではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-12-09 17:57:33

補足

発達指数というのが、境界児だと聞きました。
自閉の特徴と、お子さんの特徴が当てはまりますね、とも言われました。
重度・軽度、など詳しくはまだわからないようで、療育なども、少しして三歳を過ぎたらもう一度検討してみてはという話でした。

色々あるんですね、自閉にも幅があって、正直把握しきれないでいます。

投稿日時 - 2007-12-09 22:41:32

あなたにオススメの質問