こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカ株を買い、日経平均を売るさや取り

 最近の日経平均は、なさけないように下落しています。日本の企業の業績がそれほど悪いとは思わないのですが、株価は上がりません。
 他方、サブプライム問題で揺れるアメリカ経済ですが、株価が悪いかといえば、そこそこ頑張っています。
 日経平均とダウを比較すると、今年の8月以来、日経平均は下がっていますが、ダウは8月の水準以上にあります。
 そこで、投資戦略として、日経平均を売って、反対にアメリカ株を買う。具体的には、日経225先物を売り、海外の先物取引ができる日本の証券会社でS&P500先物を買うという戦略ですが、かなりいい戦略であると考えるのですが、どうでしょうか。
 この戦略に潜む盲点がありましたらご教示願います。

投稿日時 - 2007-12-24 17:52:48

QNo.3624175

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>実際の成績はどうなのでしょうか。
バックテストの実施で、簡単に過去の実績は導き出せます。

>この戦略に潜む盲点がありましたらご教示願います。
日経225とS&P500に限らず、サヤは拡大と縮小を繰り返すもので、一方的に動き続ける事はありません。
>日経平均とダウを比較すると、今年の8月以来、日経平均は下がっていますが、ダウは8月の水準以上にあります。
もしや質問者様が、この情報だけで「日経225売り・S&500買い」のタイミングだと判断したのなら、
投資家(少なくとも私)の目から見て、非常に危険な判断と言えます。

投稿日時 - 2007-12-25 02:56:29

お礼

 サヤの拡大についてですが、拡大と縮小を繰り返すというのは理解できるのですが、次第にサヤが拡大していくというのが、自分の予想です。単なる相場観ですので、それほど客観性があるわけではありません。また、取引のタイミングですが、これについても、特に自分に考えがあるわけではありません。
 このタイミングなどを含めて、取引において、考慮すべき事項があれば、教えてください。

投稿日時 - 2007-12-25 05:37:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ANo.2です。

失礼しました。
ある程度、サヤ取りの概念はご理解されているようですね。

>このタイミングなどを含めて、取引において、考慮すべき事項があれば、教えてください。
この取引に限った事ではありませんが、
資金力が平均的な個人投資家レベルであれば、
まずは、「最小単位で仕掛ける事」が一番大事でしょうね。

投稿日時 - 2007-12-26 02:32:37

ANo.1

時差があるということ、海外へ投資すると為替の影響を受ける。当たり前だけど、ダウとSP500では値動きが違う。CMEのN225あたりではいけないですか?

投稿日時 - 2007-12-24 22:00:43

お礼

 長期投資を考えていますので、日米の時差については、あまり、気にしていません。
 ダウとS&P500についてですが、さや取りの趣旨から、日経225と動きが近いほうがいいですね。
 CMEの日経225ですが、CME日経225を売り、CMEのS&P500を買うという方法は同一市場ですので、最もさや取りには向いているということですね。通貨もドル建てですので、非常に魅力的ですね。
 このような取引をしている人も多いのではないかと思うのですが、実際の成績はどうなのでしょうか。

投稿日時 - 2007-12-24 23:04:59

あなたにオススメの質問