こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

デパート・百貨店への就職

はじめまして、私は現在海外留学中の大学4年生です。
来年の6月頃帰国の予定で、それから就職活動をします。
最近、百貨店への就職について考えるようになりました。
理由は2つ、まず百貨店の持つ“選択肢の多さ”があります。
私が現在留学しているのはヨーロッパの小さい国なのですが、
この国で一番大きいデパート?といいますか、ショッピングモールは、
日本で言えば大きめのジャスコやダイエー程度の規模しかありません。
もちろん、買い物も自分の一番好きなものを選びぬくというよりは、
限られた中から妥協して、という気持ちが強くあります。
しかし、先日ロンドンへ旅行し、そこでの選択肢の多さに感動しました。
東京で生まれ育った私にとって、選択肢が多いというのは当たり前だったのですが、それがとても恵まれて、贅沢なことだと知りました。
あらゆるものを取りそろえてある日本の大手百貨店の魅力というものにあらためて気付かされたという思いです。

また、日本ではマニュアルを通じて、最低限の接客というものがありますが、この国にはそんなものは全くありません。失業率0%の、労働力不足の国ですから、接客が悪くても仕事はありますし、そもそも店が少ないので、接客が集客のカギというわけではありません。しかし、そういう状況でのサービスというものには、その人のホスピタリティといいますか、人に対するあり方がダイレクトに反映されているように思います。マニュアルどおり一字一句違わず、ただの音として発する接客より、笑顔やしぐさ一つでとても温かい気持ちになることもあります。本当に極端な国ですが、だからこそ接客というものがもつ力を実感することができたように思います。

長くなってしまいましたが、このような理由で百貨店という業界を選ぶということについて、皆様のご意見を伺いたく投稿いたしました。
まだまだ未熟な身で、何を基準に企業、仕事を選ぶべきか分からないことばかりで困っております。どうぞ、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-12-30 12:56:17

QNo.3638276

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>選択肢が多いというのは当たり前だったのですが、それがとても恵まれて、贅沢なことだと知りました。


こうした理由も業界を選ぶ理由にしても違和感は何もありません。
サービスとは何か?
接客とは何か?
を自分の言葉・体験として持つことは大切です。
ただ、今、百貨店業界の現状は厳しく、三越と伊勢丹の統合など再編を繰り返し生き残りに向け必死です。
こうした事も踏まえてはいかがでしょうか。

下記サイトも参考に。
www.sumitomotrust.co.jp/RES/research/PDF2/664_2.pdf

投稿日時 - 2007-12-30 16:22:42

あなたにオススメの質問