こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

システムの復元について

「システムの復元」について教えてください。

 あるソフトをインストールし、不具合が起きたとします。
不具合が起きる前に復元します。するとインストールしたソフトはなくなっています。
  
 ただ、ソフトをインストールした際にも復元ポイントが作成されているので、再びその復元ポイントで復元したとするとインストールしたソフトはそのPC内に存在することになります。

 そこで質問ですが、インストールしたソフトは上記のことから考えると、復元でPCを以前の状態に戻したとしてもPC内のどこかに存在しているということになるのでしょうか?

 復元の仕組みがいまいちわかっていないもので・・・。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-01-02 00:02:29

QNo.3643598

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 新たに復元ポイントを作ると直前に作成された復元ポイント以降にインストールされた実行ファイルやDLL、レジストリなどが「System Volume Information」というシステムフォルダ(隠しフォルダ)内に保存されます。
通常、「System Volume Information」フォルダを開くことはできず、サイズも0バイトと表示されますが、ちゃんと保存されています。

 なお、他の方もご指摘なさっていらっしゃいますが、復元を行うとかえって調子が悪くなるケースも多いのでご注意ください。

投稿日時 - 2008-01-03 23:12:54

お礼

回答ありがとうございました。

つまり、インストールして失敗した、といった場合に以前の状態に復元してもPC内にはインストールしたものは残っているということですね。

投稿日時 - 2008-01-05 15:01:56

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 こんにちは。
 No.2です。

>インストール直後に作られた復元ポイントを指定すればインストールしたソフトはPC内に復活(?)しますよね。
つまりはPC内にインストールしたソフトは残っているということにならないでしょうか?

 以下は,私見です。

 確かに,インストール完了直後の復元ポイントを作成すれば,インストールしたソフトの「存在する」OSの状態が作られます。
 ただ,OS上に,そのソフトが「存在する」ポイントを復元した場合に限り,そのソフトは残っている=存在するということになります。

 逆に,そのソフトが「存在する」後の復元ポイントを復元しない限り,そのソフトは起動ドライブ=Cドライブには存在しません,つまり使用することはできません。
 
 ですから,結論としては,「そのソフトの存在は,インストール完了後の復元ポイントを復元した場合のみに局限される」という部分的な言い方にとどまるでしょう。

 厳密には,そのソフトはOS内に現にまさしく潜在するのですが,それを見える状態にして使用する=顕在化することとは,一線を画す別の話だと申し上げればいいでしょうか。

 何かのお役に立てば幸いです。

投稿日時 - 2008-01-05 18:40:40

お礼

再度丁寧な回答ありがとうございました。
理解できました。

投稿日時 - 2008-01-06 21:34:17

ANo.2

 こんにちは。

>インストールしたソフトは上記のことから考えると、復元でPCを以前の状態に戻したとしてもPC内のどこかに存在しているということになるのでしょうか?

 「システムの復元」は,レジストリを改変してOSの中身を入れ替えるツールだと思います。
 OS自体が,その該当ソフトの設定管理情報であるレジストリや構成ファイルを変えるのですから,もし不具合にて以前の状態に戻して復元に成功すれば,もうそのソフトの情報は「システムの復元」によって削除されていますので,存在することはにはならないと考えます。

 システムの復元は,私も以前興味を持ち自分で復元ポイントを作成していましたが,経験してみて,やはりプログラムは不完全という結論です。

 システムの復元について,少しまとめてみました。

(1)復元されるのはOSやインストールしたソフトなどのシステムの状態です。
 不具合の起きたOSのシステムのみを,以前の復元ポイントにもどって正常にもどします。
 ユーザーが作成したデータは変更ありません。
 保存したドキュメント,電子メール,お気に入りなどの個人データはそのまま残ります。
 システムの復元完了後も,個人で作成したデータの変更ございません。

(2)システムの復元のある場所は,C:\Windows\System32フォルダの中です。CドライヴディスクのC:\WINDOWS\system32\Restore\rstrui.exeです。

(3)起動方法は,ご存知の通り,スタート→アクセサリ→システム→システムの復元,という手順で,システムの復元のダイアログボックスが出ます。
(ショートカットアイコンを右クリックメニューの「ショートカットの作成」で,デスクトップに貼り付ければ,手間なく使用できます。)

http://support.microsoft.com/kb/306084/ja

(4)この中のデータは,時系列で作られており,古い復元ポイントから順に削除されていきます。
 
(5)このシステムの復元の画面で,左側にある「設定」をクリックすることで,ハードディスク領域の何パーセントを使用するか,自由に設定できます。
 必要なければ,システムの復元を無効にもできます。↓
(私は,バックアップソフトを使いますので,無効にしていますが。)

http://support.microsoft.com/kb/881868/ja

 このように便利づくめで,またカレンダーや時計をさかのぼるタイムマシンのようなWindowsの「システムの復元」ウィザードですが,実はいろいろな問題を抱えています。

(1)デフォルト(初期の)設定で,ハードディスクの12パーセント
を確保するようになっています。これは,ハードディスクの無駄遣いであるという意見が多いのです。
 先述の通り,ダイアログボックスの「設定」によって変更可能です。スライダーを動かすことで,どのドライヴも,だいたい1000MBも確保すれば十分です。

http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0663.html

(2)最初に掲げたページからの引用です。→「トラブルシューティング 復元した Windows XP の以前の構成が適切でなかった場合、以下の手順に従って、その復元を取り消します。」とあります。

 このように「取り消し」があらかじめ設定されている事実が,プログラムの完成度がいま1つであることを物語っています。
 時によって,インストールされているプログラムの設定管理情報の中枢であるレジストリが誤って改変されることがあるからです。
 おかしくなったときは,この「復元を取り消す」ボタンがあるので,それで進めるという指示はここから来ているのでしょう。
 100パーセント元のように戻るかはわからない,というご意見が多いのです。


 結論としては,むやみに行うものではなく,「OS,Cドライヴディスクのバックアップもなくて,最後は再インストールしかない」という時の最終手段と考えた方が,無難かと思います。

 以上,長くなりましたが,ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-01-02 20:14:25

お礼

回答ありがとうございます。

インストールしたものは消える、となると?に思うことがあります。

質問にも示しましたように、やはりインストールした状態に戻そう、と考えたとき、インストール直後に作られた復元ポイントを指定すればインストールしたソフトはPC内に復活(?)しますよね。

つまりはPC内にインストールしたソフトは残っているということにならないでしょうか?
どうもその辺の仕組みが分からないもので…。

投稿日時 - 2008-01-05 15:07:44

ANo.1

こんばんは。
インストールしたソフト以前の日付に戻れば、インストールしたソフトは消えます。

>>ただ、ソフトをインストールした際にも復元ポイントが作成されているので、再びその復元ポイントで復元したとすると

その辺は、微妙ですよ。

>>復元でPCを以前の状態に戻したとしてもPC内のどこかに存在しているということになるのでしょうか

ソフトをインストールした際の復元ポイントに帰るのは微妙ですよ。
歯抜け状態になりかねません。

あと、個人的意見ですが、むやみにシステム復元は使用しない方が良いです。
システムの復元機能は完全なものではありません。
やりすぎは、PCが壊れます。
当方も、余程の事がない限り使用していません。

しっておられたら、失礼しました。

投稿日時 - 2008-01-02 01:19:05

あなたにオススメの質問