こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

すぐに解約すべきなのでしょうか

銀行に勧められるがまま昨年5月に毎月分配型投信に200万円買いました。現在30万円の損失が出ています。全くの素人の為今後待てば再び上昇するのかさえわからない状態です。質問に答える事さえ馬鹿らしいかもしれませんが、ぜひ素人にもわかるようにアドバイスを頂きたく思います

投稿日時 - 2008-01-09 17:59:58

QNo.3664538

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

まだ閉じていないので一言。
poru0115さんは投資資産の全てを一つのものに集中投資しているのでそれは改めた方がいいです。

投稿日時 - 2008-01-14 22:44:20

ANo.15

回答
余剰資金であればしばらく(数年単位で)様子をみること。

投稿日時 - 2008-01-13 21:26:57

ANo.14

>長く持つというのはどのくらいが目安ですか?
>正確には特別分配金が月8525円ですので差し引き損失は20万円程になります
分配金は再投資しているのか、預金口座に入金されているのか知りませんが、1年で10万円くらいになりますから、2年持っていれば20万円になり、基準価格が戻らなかった場合でも損失は取り戻せます。2~3年くらい待てば、儲けは出なかったとしても損失の出ない状態に戻る可能性は高いと思います。

投稿日時 - 2008-01-11 23:37:52

お礼

ありがとうございました。分配金は口座に入金してます。主人に相談してもう一度検討してみます

投稿日時 - 2008-01-12 16:32:32

ANo.13

>半年で20万の損失はローリスクなのでしょうか?

約10%の損ですね。
昨年の5/10に日本株TOPIXのインデックスファンドを買っていたら
5/10は1753ポイントで今日は1374ポイントなので約22%の損です。
REITとかはもっとやられています。それに比べるとましだと思います。
今後はどうなるか分かりませんがこれが現実です。

みずほ世界8資産ファンド世界組曲毎月分配型
は信託報酬1.155%で投資内容を見ると特別いいとは思いませんがどうしようもなく駄目なファンドには見えませんけど。
確かに購入手数料は高いと思います。

個人向け国債とかネット銀行の高金利定期とかはやってないみたいですので不安なら半分解約してしてそちらに移すとかはあると思います。

投稿日時 - 2008-01-11 23:32:12

お礼

ありがとうございました。半分解約という手段は全く考えてなかったので、それも視野に入れ再度検討してみます。

投稿日時 - 2008-01-12 16:36:37

ANo.12

>正確には特別分配金が月8525円ですので差し引き損失は20万円程になります
すみません。去年は2006年だと勘違いしてました。

購入されたのはみずほ銀行が投資初心者向けに作って売っているファンドで『国内債券20%、先進国債券30%、新興国債券10%、国内株式5%、先進国株式10%、新興国株式5%、J-REIT5%、海外REIT15%の割合で分散投資』という投信で、これ1つ持っていれば、全てに投資できるというものですね。

こういう投信は証券会社ではあまり扱っていないタイプで、投資のセミプロみたいな人たちに言わすと『効率が悪い投資』ということになるのかもしれませんが、ローリスク、ローリターンなので、長く持っていれば、少なくともそんなに損することはないような気がします。そんなにあわてて全部解約することはないんじゃないかなあ。

投稿日時 - 2008-01-11 21:27:34

補足

そうですかあ、来週早々に解約する予定でしたがそれを聞くと悩みますね。半年で20万の損失はローリスクなのでしょうか?長く持つというのはどのくらいが目安ですか?

投稿日時 - 2008-01-11 22:31:40

ANo.11

>購入先は「みずほ 世界8資産ファンド 世界組曲 毎月分配型」です。
購入されたのは、世界8資産ファンド分配コース 『愛称 : 世界組曲』 (みずほ)でしょうか?
設定日が2006-07-07になっていますので、200万口購入されたとすれば、毎月10,000円の分配金が出ているようですし、2008-01-10現在の基準価額は 10,186 円になっていますので、30万円の損失が出たとはどういうことでしょうか? poru0115さんが購入されたのはこれとは違うファンドなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-01-11 14:02:10

補足

正確には特別分配金が月8525円ですので差し引き損失は20万円程になります

投稿日時 - 2008-01-11 20:15:15

ANo.10

具体的な商品名がわかって、やはり「すぐ解約すべき」です。
購入時手数料と信託報酬が高いです。コストがかかりすぎます。銀行が勧めたのもよくわかります。銀行にとって、これほど儲かるものは、多くはありません。自分の銀行預金からお金を引き出すときに、ATM手数料がかかると「自分のお金なのにおかしい。」と考えると思います。この投資信託は、自分のお金を取り崩すだけなのに、ATM手数料以上の手数料がかかっていると思ってください。

本を紹介してくれた回答もありますので、一度解約して「買ってはいけない投資信託」が理解できたら、再チャレンジしましょう。チャンスはまだまだたくさんあります。

投稿日時 - 2008-01-10 21:32:48

お礼

本当に色々教えて頂き感謝しております。一刻も早く解約手続きをとります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-11 08:27:58

ANo.9

次の本が参考になると思います w

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478600538/
藤沢 数希 (著)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478600538/

投稿日時 - 2008-01-10 20:36:37

ANo.8

>今年前半に2倍以上の損失の可能性ありとの事ですが、最近のニュースで夏以降には相場も回復するのでは との見解もあるようですがmasuling21さんはどう見られますか?解約せずにそれに賭けるのはやはり素人的な考えなのでしょうか?

夏は今年の後半なので、見解は一致します。当るかどうかは、わかりません。前半は下落や波乱があって、後半に回復があるのではという、、、。

損切りするなら早いほうが、リカバーも楽です。
しかしながら、銀行の勧めるままに買う方に、それ(リカバー)ができるとは思っていません。

これだけ多くの人から回答があるのに、具体的な商品名すら補足がない状況では、スーパー回答者(NO.7の方)でも、「すべて解約」という答しか出せません。

投稿日時 - 2008-01-10 10:01:21

補足

申し訳ございません。多くの回答を読んでいるうちに頭が混乱して整理に時間がかかりました。しかしながら共通している事は「解約すべき」だと言うことです。購入先は「みずほ 世界8資産ファンド 世界組曲 毎月分配型」です。

投稿日時 - 2008-01-10 11:21:10

ANo.7

次の本が参考になると思います。

http://www.amazon.co.jp/dp/4478003238
投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編 (単行本)
竹川 美奈子 (著)

この本の最初のQ&Aは「すでによくない投信を買ってしまいました。
どうすればいいでしょうか?」に関するQ&Aです。
回答は「今すぐ解約を検討しましょう」です。
詳しい内容については実際に本を手に取って見て下さい。
初心者向けでかつ実践的な非常に良い本だと思います。


損を抱えたまま解約するのが腹立たしいからこのまま保有し続けるという考え方は誤りです。
過去の損をすべて忘れて、今この投信を買うつもりになるかどうかで判断した方が良いと思います。
買う気になれないのであれば即刻すべて解約するのが正解です。

たとえ底値で売ってしまい一時的に損をしたとしてもそれが正解なのです。
損を取り戻すのは買う気になれる別の投資先で行えば良いだけのことです。
一般に銀行がすすめる投資信託は投資効率がすこぶる悪いものが多いです。
そういう投資効率が悪い商品を保有し続けること自体が損になります。

具体的にどの投信を購入したのでしょうか?

2007年5月に購入して現在15%もの損失を被っているということは
先進国債券型投信(グロソブが典型例)ではないものと思われます。
もしも先進国債券型投信であるにもかかわらずすでに15%もの損失を
被っているとしたら、その投信の運用には問題がありすぎるので、
即刻すべてを解約した方が良いでしょう。
一般に先進国債券型投信はユーロが下落しない限り、
そう簡単に大きく元本割れすることはないはずです。
しかしユーロが下落し始めるとかなり要注意になります。

おそらく、株式かリートに投資する商品を選んだのだと思います。
どちらにしても10年待てば復活する可能性が高いです。
しかし効率の悪い投信を保有し続けるとそれだけ損を取り戻すのが遅くなったり、
無用にリスクを増やして損害が広がる可能性も高くなります。

投資の鉄則は「理解できないものには手を出さない」なので
自分が保有している投信についてよく理解できていないのであれば
まず最初にすべてを解約してからゆっくり考えた方が良いと思います。

そうそう、過去の損を取り戻すという発想で投資をするのもまずいです。
過去の損についてはすべて忘れて効率の良い投資先を選んで下さい。
効率の良い投資先がどこなのかわからない場合には何も投資しないのが正解です。
意思決定を過去の損益とは無関係に実行することも投資の基本中の基本だと思います。

投稿日時 - 2008-01-10 04:47:06

お礼

ありがとうございました。その本の存在は知っていましたが、怖くて手に取る事が出来ませんでした。が、今回皆さんに回答を頂き、割り切る事が必要な事がわかりました。相談箱に投稿して本当に良かったです

投稿日時 - 2008-01-10 11:47:35

ANo.6

初めまして。

>素人にもわかるようにアドバイスを

 すでに辛辣なるアドバイスが為されているので、まったく違うアドバイスをいたします。投信という金銭のことですが、金銭を金銭で説明しても生臭すぎてわからないので、「投信山」の天気にたとえて説明しましょう。

 「投信山」登山口には「自己責任」と大書してあり、「雨具必携」とも書いてありました。

 あなたの登った投信山は、一昨年までは全くの快晴続きでした。それを見て、何にも調べもせず、雨具も持参せず「ずっとこの快晴が続くだろう」と、銀行窓口さんでのんきに談笑しながら、投信山に登る初心者が大勢出ました。しかしながら昨年5月ごろから曇り後雨となり、昨年後半以降は世界中のあちこちで落雷をともなう豪雨となっています。この豪雨は今年前半まで続くものと思われており、日本で一番のベテラン「年金積立金管理運用独立行政法人」君も何とか7割を超える「国内債券雨具」でしのいでいますが、ベテランの彼さえ評価損を抱えました。いわんや、初心者をや。

 「およそ天気というものは、快晴をピークにその後崩れるものだ。」という当たり前のことを知識としては知ってはいるが、それが我が身には無関係と思う初心者は、「国内債券」雨具を持たず、引き返しもせずにずぶ濡れで、そのままでは元本割れした「外債投信」と冷え切った下着「国内株式」を着たまま凍死寸前という有様。

 と、ここまでたとえればおわかりでしょうか?凍死しないためには、まず第1に、近くの山小屋に逃げ込んで、ずぶ濡れとなった投信を脱ぎ捨て、落ちたとはいえ死んではいない体力「元金」を温存し、天気が回復するのをじっくり待ちましょう。

 待っている間に、ベテラン「年金積立金管理運用独立行政法人」君の登り方を勉強することです。参考URLで、その分散投資割合やベンチマークを勉強しましょう。パッシブ運用しかしないベテランの彼さえ、非常に厳しい状況です。

 くれぐれも、「まだ晴れているようだから」と、天気が急変しやすい「新興国投資山」や「高金利通貨投資山」に雨具も持たずに登ってさらに体力を無駄にしないよう、切にアドバイスいたします。

参考URL:http://www.gpif.go.jp/

投稿日時 - 2008-01-10 00:23:20

お礼

ありがとうございました。正直どこまで勉強できるかわかりませんが、今回の事を失敗だと思わず、踏み台にしたいと努力します

投稿日時 - 2008-01-10 11:55:23

ANo.5

>たぶん外債に投資する投資信託だろうと思います。
ANo.3の方が書いているような外債に投資している投信ならば、サブプライムの影響をもろに受けているので、値を戻すのに少し時間がかかるかもしれません。

>本当に私のような主婦は銀行にとっていいカモだったのだあろうと、なぜ購入前に相談しなかったのか、銀行の口車に乗った自分が情けなくなります。
お金持ちのことはよくわかりませんが、1つの銘柄に200万円は少し多すぎるような気はします。銀行が扱っている投信は一般的に販売手数料が高い(税込みで2.1%より高い)ものが多いということを注意したほうがいいと思います。

投稿日時 - 2008-01-10 00:14:12

お礼

ありがとうございました。私は決してお金持ちではないです。むしろ困っていて少しでもプラスになるのならと主人に内緒で購入しました。ほぼ貯蓄の全てであります。

投稿日時 - 2008-01-10 12:01:42

ANo.4

相場がどう動くかというのはプロのアナリストでも予想が難しいとされています。ですので確率は五分五分だ、ぐらいにとらえておいた方がいいのではないでしょうか。全資産をどのぐらいお持ちなのかにもよりますが、例えば資産の相当額をその投資信託に入れているのなら、半分ぐらいを解約し、預貯金やリスクの低いとされる国債に投資する、などリスク分散をして投資をされた方がいいと思います。

投稿日時 - 2008-01-09 23:37:42

お礼

ありがとうございます。今回は解約します

投稿日時 - 2008-01-10 12:03:29

ANo.3

たぶん外債に投資する投資信託だろうと思います。たとえば同じ時期に日本株を買っていれば日経平均から言って20%の損は覚悟しなければなりません。15%は軽い方、受け取った分配金を加味したら10%くらいの損失でしょう。たいしたことありませんね。

ただし、このての投資信託の分配金は保証されていませんし、為替相場の影響を受けますので、今年前半には損失が今の2倍以上まで膨らむ可能性があります。

ひとつの方法として、今、200万円投資信託を買うとして、同じものを買おうと判断されるなら持ち続け、こんなものは買わないと判断されるなら解約するというやりかたです。

もっとも、このような質問が出てくるときが底値圏なので、解約したときが一番安かったということは覚悟なさったほうがよろしいです。

投稿日時 - 2008-01-09 21:57:11

補足

今年前半に2倍以上の損失の可能性ありとの事ですが、最近のニュースで夏以降には相場も回復するのでは との見解もあるようですがmasuling21さんはどう見られますか?解約せずにそれに賭けるのはやはり素人的な考えなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-01-09 22:20:27

株式投資信託を買うことは株そのものを買うことと何ら差はありませんし、ソブリン債の投資信託を買うことも、ソブリン債そのものを買うことと何ら差はありません。基本的に投資は自己責任です。株や債券ではなくて「投資信託」だから、買った本人の責任がそれだけ少なくて済むと言う考えは幻想にすぎません。それなのに、天下の銀行があたかも投資信託にすればすべておまかせできますと言うがごとく、買う人に覚悟を迫らないで販売を行っている現状は極めて問題が多いと思っています。

>待てば再び上昇するのかさえわからない状態
 →そうであれば、即時解約されることをお勧めします。たまたま持っていたら上がることもあるかもしれませんが、それは僥倖であり、偶然にすぎません。資産運用に挑戦されることは非常に良いことだと思いますが、「自分が資産運用をするんだ」と言う覚悟無しに始めると、必ずいつか後悔することになります。

投稿日時 - 2008-01-09 21:13:01

お礼

ありがとうございます。本当に私のような主婦は銀行にとっていいカモだったのだあろうと、なぜ購入前に相談しなかったのか、銀行の口車に乗った自分が情けなくなります。

投稿日時 - 2008-01-09 22:36:16

ANo.1

投資信託は株と違って少し下がったからといって、損切する必要はないと思います。そういうことはファンドマネージャーが投信内部でやっているはずです。私なら値を戻すまで待ちます。

投稿日時 - 2008-01-09 20:55:53

お礼

ありがとうございました。正直損したまま解約するのは本位ではないので、少し安心しました。

投稿日時 - 2008-01-09 22:39:19

あなたにオススメの質問