こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告で、副業とは何なのかがわからず困っています

はじめまして。アルバイトで生計を立てているmleafと申します。
私は20歳で親元からは離れて生活をしていますが、生まれつき難病を持っていたため生命保険に入れず、また所得が少ないこともあって今も父親の扶養(保険)に入っています。
しかしながら最近は体調も良くなり、かけもちしているアルバイトの勤務時間が増え、今年は昨年よりずっと所得が増えそうです。
それで、いくらまでなら副業の確定申告をせずにすむのかがわからず質問しました。

他の質問やサイトを見て、
『副業は20万円までなら、確定申告をしなくてよい』
『被扶養者は103万までしか稼いではいけない』
ということはわかりました。

ところで、この副業というのは1つの職につき20万という意味なのでしょうか?
私は年間でいくつもの職種でアルバイトをしています。例えば、
・1年勤めている事務のバイト(5万×12ヵ月 ※源泉徴収あり)
・ウェイターのバイト(3万×3ヵ月)
・塾講師のバイト(2万×3ヵ月)
・日雇い(1万×6日)
以上で年間81万(ただし、事務のバイトだけは源泉徴収があるため手取りはもうすこし少ない)を稼いだとして…
☆質問☆
副業での所得というのは短期、塾講師、日雇いのすべてをまとめた額をいうのでしょうか?
→それなら、副業で20万を超えているのでそれに関する確定申告が必要?
それとも、1つのバイトにつき20万以上なのでしょうか?
→この場合確定申告は事務のアルバイトで徴収されたもののみで良い?

親の負担にならないよう、できるだけバイトで稼ぎたいと思っています。(でも、事務バイト以外にも働いていることはできれば知られたくありません…だから副業は確定申告しなくていいよう働きたいのです。)
どうか、ご指導ください。
また、保険や副業に関するアドバイスがありましたらぜひお願いいたします。

投稿日時 - 2008-01-10 23:55:05

QNo.3668674

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

・1年勤めている事務のバイト(5万×12ヵ月 ※源泉徴収あり)
・ウェイターのバイト(3万×3ヵ月)
・塾講師のバイト(2万×3ヵ月)
・日雇い(1万×6日)
-----------------------------------------

税用語に「副業」という言葉があるわけではなく、あくまでも一般名詞です。
本業に対する副業という意味だけです。

あなたの本業が事務のバイトだとすれば、それ以外はすべて副業です。
ただ、税法で 20万以下申告不要を論じる場合は、「主たる給与所得」 (いわゆる本業) が、正しく年末調整されていることが前提となります。

源泉徴収されていても年末調整をされていなければ、20万以下の収入も含めてすべてを申告する義務があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>それなら、副業で20万を超えているのでそれに関する確定申告が必要…

はい。

>それとも、1つのバイトにつき20万以上なのでしょうか…

そうではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2008-01-11 08:14:44

お礼

本業⇔副業、と国が定めているわけではないのですね。
年末調整のことを会社で聞いてみようと思います。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-01-13 19:40:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問