こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中古マンション売買での不動産屋からの紹介と他社

初めまして、不動産の知識がないのでどなたか
教えてくださいませ。
中古のマンションの購入を検討しており、
先日友人の知り合いの不動産屋(A)を紹介いただき、一度内覧をしたりして感じがよかったので
その不動産屋(A)に薦めてもらおうと思っていました。
「他社で気になる物件があれば言ってください、そちらも紹介できます。」
と言われ、いくつか気になるものをその方(A)に依頼したところ
「既に数件は商談中です」との返答で早いなぁ、と思っていたのですが
インターネットで新着情報として載っているのでおかしいなと
半信半疑で問い合わせ(B社に)
したところまだ売れていない、と言われ内覧も可能とのことでした。
しかしA社にいくつか問い合わせた際に
「まだ売れていないので内覧可能です」
と返事をいただいた物件もあり、それはA社が扱っていないものもあったので、
特にA社の方が自分の扱っている物件を売りたいため、とは思えませんでした。
(1)この場合、A社が商談中と嘘?を伝えてきた理由はどういったことが
考えられますか?
(2)B社から内覧希望でしたら可能と答えをいただいてるので
A社の方には何も言わずに内覧しても問題ないのでしょうか?
もしくはどちらかの会社に状況を伝える必要はありますか?
(3)他に注意すべき点があれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-01-11 16:54:09

QNo.3670267

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)A社が嘘をついたとは必ずしも言えないと思います。

B社は売り主から直接売却を依頼された業者だと思います。
不動産の売却依頼を受けた不動産屋は、レインズなどの不動産ネットワークに物件の情報を登録し、全国の不動産屋に情報を流す義務が有ります。
A社はお客さんに紹介する前に、その不動産が売れたかどうかB社に電話をして確認をします。
この時B社が商談中だとA社に嘘をついている可能性があります。
なぜならB社は買い主を自分で見つければ、売り主・買い主双方から手数料をもらう事ができるからです。
仮にA社のお客さんである質問者さんが購入した場合、B社は売り主からしか手数料が入りません。
質問者さんが払う仲介手数料はA社に入ります。
こういった事情から、良い物件は他社には紹介させないという事は良くあります。
どうしても売れない場合は他社にも紹介させます。

後は本当に商談中ではあるが、質問者さんに商談中だと本当の事を言ってしまうと、B社はお客さんを逃す事になります。
なので、その物件は商談中だが取り敢えず質問者さんの情報を得て、他の物件を契約させたいと考えているのかも知れません。

(2)わざわざ他社との商談を報告する必要はないと思います。
殆どのお客さんは数社に相談しているのが普通ですので。

(3)不動産屋の言うことを鵜呑みにしないことです。
平気で嘘をつく営業は沢山います。

投稿日時 - 2008-01-11 18:05:49

お礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
上記の丁寧な説明でとてもよく理解できました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-23 09:58:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

A社では商談中、B社では内覧可能と言われた事の経緯は、ほぼNo.1の方の回答の通りだと思われます。
不動産の販売は、営業マン個人の営業力によるところもありますが、良い物件であれば誰でも買うわけで、どれだけ良い物件を紹介できるか、そのための物件を集める力、情報力、コネクションなどが重要になってきます。
あなたが良いと思った物件で、A社ではダメだがB社では内覧可能というような物件が何件もあったのだとしたら、A社の力にはちょっと疑問がつきますね。B社の方が力を持っているのだと思います。
必ずA社を通して買う、というような約束をしていない限りは、良い物件を求めて他の会社へも依頼するのは普通の事です。

投稿日時 - 2008-01-11 23:55:28

あなたにオススメの質問