こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

流感とインフルエンザの違い

先日、内科系クリニックへ行ったところ「うちでは検査する道具がないけど流感の可能性があるから病院へ行きなさい。インフルエンザの場合発症から12時間以内に薬飲めばすぐ効くから」と言われ”ここって病院じゃないの?”という疑問はさておき、近くの紹介された「病院」と名の付くところへすぐ行きました。
そこで前クリニックで言われたとおり「流感の可能性があるといわれた。12時間以内の対処ならインフルエンザはすぐおさまるからと言われたのですが」というと「インフルエンザといわれたのか?流感といわれたのか?インフルエンザと流感は違う!」と私の発言を上から押さえつけるような言い方で否定されてしまいました。
てっきり私は流感(流行性感冒)とインフルエンザは同じものだと思っていたし、前クリニックの医者も同じものとして話しをしていたのですが、どう違うのでしょうか。
ネットで調べても流行性感冒とはインフルエンザのことだと出てきます。

投稿日時 - 2008-01-12 15:22:40

QNo.3672933

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

Influence(影響などの意味)がInfluenza(インフルエンザ)の語源です。言葉の和訳では流感=インフルエンザ(谷風)となります。

ただし、インフルエンザ様症状に流行性感冒の名称が付いたのは1890年代。インフルエンザのウィルスが初めて分離されたのは1930年代のことであるため、それを知った上でインフルエンザウィルスによる感染症=インフルエンザで、流行性感冒=インフルエンザのような症状と考えるならば、医者によってはインフルエンザ≠流行性感冒になるケースもあっておかしくはないでしょう。
その結果としてインフルエンザ様症状(インフルエンザのような症状)を流行性感冒というケースも考えられます。ということで、実際にはインフルエンザ様症状=流行性感冒≠インフルエンザに考えることもあるわけで、人によってはその多少の違いを大きく語るケースもあるかもしれない。(実際に、それが大きな違いのケースもあるでしょうからね)

尚、病院とクリニック(診療所)との違いは、診療所は入院設備を備えない病院や20人未満(19床以下)の患者を入院させられる病院を指します。
病院は20床以上の入院を備えた医療機関となります。これらは、医療法に基づいて定義されています。

投稿日時 - 2008-01-12 16:46:02

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

最初のクリニックは流感をインフルエンザととらえ、次の病院は流感はインフルエンザではないとしたのでしょう。言葉の問題ですが、軍配は最初の医者のように思います。ただし、最近はそういう誤解を生じないように、またインフルエンザウイルスの存在やインフルエンザという言葉も一般化したので、インフルエンザと言う言葉を使うほうが親切なような気がしますよ、個人的には。蛇足ですが、ウイルスが正確であり、ウィルスは間違いです。
インフルエンザの検査の迅速キットは、最近はかなりありふれてきましたが、それでも個人医院ではおいていないところもあるのかもしれません。ちなみに12時間以内にという薬はタミフルのことでしょうし、正確には48時間です。12時間以内の場合は、逆にその検査キットに陽性と出ないことも十分考えられます。

投稿日時 - 2008-01-12 20:56:58

ANo.2

次の病院の医師がおかしいですね. 情けない医者でした.
流行性感冒流行性感冒は、かぜの一種ではありますが、感染力がきわめて強く、また症状も重いかぜです。(一般にはインフルエンザと呼ばれる。)
   http://www.byo-ki.net/00237.html

流行性感冒とは風邪のうち、インフルエンザ・ウィルスによる呼吸器の感染症をいいます
   http://www.biwa.ne.jp/~ta-1kawa/hp7.html
   http://www.laqoo.net/kodomo/influ.html
   http://www.airrains.com/illness/lung/word5.html
   http://blogs.yahoo.co.jp/izakaya_haro/folder/1579567.html
   http://www.onisavulo.jp/sk/13.html

投稿日時 - 2008-01-12 20:49:23

あなたにオススメの質問