こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

彼が創価学会会員なのですが・・

みなさんの相談をいくつも拝見しましたが、私の彼の場合はどうなるのか、ご意見を頂きたいと思い、質問させていただきます。
現在結婚を前提におつきあいしている彼がいますが、彼はもう日本を離れて十年ちょっと海外で生活(仕事)しています。その彼の家族は創価学会の会員で、私はつい最近まで知らなかったのですが、先日彼の実家に挨拶に行った際の話からわかり、彼のお母さんはとても人の面倒見の良い感じで、熱心に活動しているようでした。ただ、活動というより、「お友達によく相談を受けるから。。」とか、「集まりがあって、人とおつきあいする機会が多くて」と、話をされて、活動をしているということを全面に出して話すわけではないのですが、家にある仏壇や、本で分かりました。創価学会とは言っていなかったものの、「今信仰しているもの(創価学会)のおかげで、人生観が変わった」というような事もおっしゃっていました。彼に聞いてみると、彼もいつのまにか会員になっていたようですが、まったく彼本人は活動というものには関係しておらず、それも現在海外で生活している為、まず今後も家族から離れて海外にいる限り活動に関わることはないのかなと思いますが(私も結婚して海外に住みます) 将来いつか、日本に帰ることもあるかもしれないので、、そうなったとき、またお墓やお葬式のことなどを考えると 不安があります。私は、入る予定はありません。今後結婚してから、色々な問題になると嫌なので、はっきりさせることはしておきたいのですが、何をどうはっきりさせたらいいのかもよくわかりません、、
どうかアドバイス宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-01-22 20:17:22

QNo.3703998

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

創価学会には海外組織もあるはずなので、油断しないでください。

「彼もいつのまにか会員になっていたようですが、まったく彼本人は活動というものには関係しておらず」

とのことですが、彼の母親があなたを勧誘してきた時に、彼が盾となって守ってくれるのかどうか、
日本に帰国したらどうなるのか、まずは、彼とよく相談してください。

・あなたは、創価学会員になる意思はまったく無いこと。
・母親などが勧誘してきた時には、彼が盾となって守ってくれること。
・彼から母親に対して上記を伝え、母親に了承してもらうこと。
・今後の冠婚葬祭において、あなたはどうするか?

をハッキリさせてください。

必要に応じて、念書とか契約書のような書面を残しておくのもよいと思います。
書面に残すのは大袈裟かもしれませんし、彼も嫌がるかもしれませんが、
創価学会員の家族(一族)に嫁いで、彼が約束を守ってくれなければ、苦しむのはあなた1人だけです。
大事な事を、キチンと正面から相談できないような相手を、結婚相手にすることはできません。

創価学会は、仏教の流れをくむ一派ではありますが、普通ではありません。
しかし、表面的には仏教ですし、その教え自体も、決して悪いことは教えていないと思います。
たとえば、ANo.1さんのように、やんわりと迫られた場合、あなたは反論できますか??
あなた自身が、なぜ創価学会員になりたくないのか、勉強して理論武装しておく必要もあると思います。
もちろん、食わず嫌いということもありますので、勉強した結果、創価学会員になられても結構なのですが…。

投稿日時 - 2008-01-23 00:06:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

学会員です。

NO3さんの意見を支持します。

「ハッキリさせたほうがいいこと、四か条」は、特に大事だと思います。

学会員だった私の兄は、「脱会し、四か条をクリアにして、神前結婚式をあげました。」
義姉は、とても喜び、私は兄を尊敬しています。

結婚30年になりますが、3人の子宝に恵まれ、とても幸せそうです。

宗教に洗脳された親が、「子の幸せを思って、活動させよう」という気持ちはわかりますが、肝心の「子供のほうにその気持ちが無ければ、ムリに活動しても、まったく無意味です。」
また、そうした親の気持ちをくんで、「親の前では、適当にいい子しよう。」という人もいますが、「心の弱い人」ですから、いざと言う時に「盾になりません。」
「活動していないなら、脱会する(今は簡単ですよ)くらいの強さを、彼には持ってほしいですね。」

ひとつだけ、NO3さんと違うのは・・・
「ヘタに理論武装しないほうがいい」ということです。
「理屈でかなう相手じゃありません」、「洗脳者」という人間は。
くれぐれも、ご注意ください。
「嫌いなのは、理屈じゃありませんからね。」

投稿日時 - 2008-01-23 11:54:57

ANo.2

私の親戚は創価学会員ですが、他の宗教と違って危惧する事は
まず、maronmaroさんの御両親の創価学会へのイメージです
私の両親もそうですが昔は創価学会の勧誘が強引で酷かった為かなり評判が悪いです。
私の親戚は選挙前と何年かに一度「2・3ヶ月で良いから聖教新聞とってくれない?」と連絡が来ます
公明党の思想とか関わりなく、公明党支持です。
親戚の場合、黙って婚約寸前まで行って結婚話がダメになること数回、結局は学会員の方と結婚しました。
結婚式やお葬式も独特だそうで、親は出てますが私は出てません。
この叔母が私が子供の頃、創価学会の素晴らしさを私を連れ出して語り、父が激怒してます。
ですから、将来生まれる子供のことや、親戚との関わり、自分の親戚にも色々言ってくるかどうか
結婚すると関わりが色々出てきます。

とにかく、良かれと思って行動しているので、ある意味、たちが悪いし
しつこいです。
優しいし物腰も柔らかですが、考えを曲げたりはしません。
結婚式の話や葬式・お墓の話など具体的に話すと色々出てくると思います。
むしろ、出てこなかったら、それ程でもないのかもしれません。
まずは実の御両親と話して家族の気持ちを確かめておく事も大切です。

投稿日時 - 2008-01-22 21:23:43

ANo.1

創価学会もれっきとした宗教で、その本質は仏教です。
maronmaroさんは、何かの宗教に入って居られますか。
家は何宗ですか。
日頃の活動の程度はともかく、いずれの宗派も何らかの活動や儀式があります。勿論キリストもです。
墓やお葬式のことなども、日本国内で有れば避けて通れませんが創価学会に属する宗派もそれほどの違いは有りません。
宗派の違いで結婚を考えるならば、同じ宗教の同じ宗派の人としかつき合いできませんね。
日本の仏教で有ればそれほどでありませんが、世界の宗教によっては付合う人によって改宗しなければ暮らせない場合も有りますが。

投稿日時 - 2008-01-22 20:50:09

あなたにオススメの質問