こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「毒になる親」を読まれた方、その後を聞かせてください

「毒になる親」を読みました。読んだだけですっきりしています。何か実行された方、その後を教えて下さい。

投稿日時 - 2008-01-23 14:53:12

QNo.3706205

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私も読みました。
でも対決はしていません。
質問者様のように答えは分かっているし、嫌な思いをするのはうんざりなのです。
でも、私が親から暖かく受け入れられる事を諦める事・自分の過去を認める事は出来ました。
それだけでもすっきりしています。
両親が何故そのような言動に走ったのかも分かりますが・・・何だかもやもやする、という状態からは脱却出来たかとは思います。
お陰様で自分自身は暖かな家庭を築けたとは思いますが、やはりお手本がいないのは辛いですね。

投稿日時 - 2008-02-02 15:00:31

お礼

回答ありがとうございました。参考になりました。私も家庭があり、暖かい家庭を築く努力をしています。でも不安になることあるんです。よくいろんなことに連鎖ということが起こりますよね。主人や子供に対して否定的なことを言ってしまって、同じことをしているようで、とても気になるのです。自分の努力であらためるしかないけど、受け継いでしまっているようで・・・もしよければおしえていただきたいのですが、回答者様は今はご両親との距離はどうされていますか?私は、近所にいる母とは私からは連絡していません。その状態が続いているだけです。

投稿日時 - 2008-02-04 11:01:41

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

62人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

一体旦那様の何を否定されたのでしょうね?
私は自分が生き生き出来る時間や場所を作る事で、ある程度それは防げるように思います。
私の場合ならば仕事ですが、他にもボランティアだったり趣味だったり、色々とあると思います。
自分が認められる空間・自分が必要とされている空間っていうのでしょうか。

親に傷つけられた人間は無意識に親のように自分の存在を認めてくれる人や場所を求めているように思う時があります。
過去に何人か傷を負った方とお会いしましたが、皆親が与えてくれなかった無償の愛情や、受け入れられる空間などを無意識に他人に求めて、それを執拗に試そうとする。
他人がその重さに耐えかねて去ると更に傷つく・・・というのを繰り返している事が多いです。
「毒になる親」を読み、それを親に求める事は諦めるのですが、無意識に何処かに求めている方もおられます。
そしてもう一つの特徴は、自分が認められなかったために、無意識に他人も認めたくないという心理です。
内心は育児や仕事や学業・才能などを褒めてほしくてたまらないのですが、長い間一緒にいる家族ではなかなか褒めてくれる事も少なく、それが不安になったり家族にライバル心を燃やして離婚を繰り返す人もいます。
その割に自分が非難されると非常に脆いのがこのタイプです。自分の自信のなさを身近な人間を批判する事で守っています。

質問者様がどちらかに該当するかどうかは分かりません。全く見当違いの場合もあるかと思います。
一体旦那様の何を否定したのかにもよるかと思いますし、ひょっとすると本当に旦那様が悪いのかもしれない。
ただご自身を無理に変える事は無いと思います。
だって心の奥にある何かが質問者様を無意識に動かしているのですから、止めようったってなかなか止められるものではないでしょう。
それも質問者様の一部なのです。
幼い頃より育まれたその感情を封じようとしても必ず歪みが生じます。
むしろ、視点を変えて外を向いてみては如何でしょう。発散させるのです。
親に認められなかった自分が、全くの他人に感謝されたり、感動を与える事が出来たりすると、楽しくなりますよ。
私の仕事も最初はそこから入りましたが、気付けば自分がしたいからここで仕事をする、というスタンスに変わっていました。
これは自分では成長だなぁ・・・と思うのです。

それからお母様の件ですが、内心親不孝だと思うから気まずいのでしょうね。でもそれでもお母様から離れなければならない程、貴方は傷ついたのです。
そして傷つけたのはお母様です。
気まずくても対等の立場の人間だと認めていただけるまでは、折れてはいけません。それがお子様が健やかに成長される為だと思ってください。
もしあなたが折れれば、お子様は連鎖に巻き込まれる可能性が高いです。

と、こんな感じでしょうか。
上手い文章をなかなか書けないのが申し訳ないです。
見当違いならば軽くスルーしてくださいね。

投稿日時 - 2008-02-05 23:08:36

お礼

今、涙があふれそうなくらいうれしいです。誰にも話すことのなかった過去のことを聞いて下さり、いろんなアドバイスをしていただいたり、こんな経験は初めてです。感謝の一言につきます。なるほどと思うことばかり、あてはまります。
私も短時間ですが、自分の特技をいかした仕事をし、達成感は得ています。発散しきれてないですね。
「長い間一緒にいる家族ではなかなか褒めてくれる事も少なく」その通りです。すてきな家庭にしたいと一生懸命努力しているにもかかわらず、ほめられるどころか、否定され傷つきました。でも昨日主人はめったに買わないお土産を買って来たり、やさしい言葉をかけてくれました。
母のことわかりました。折れません。
それと平木典子著「自己カウンセリングとアサーションのすすめ」を読み始めました。
回答者様のように、人の心をあたたかく包みアドバイスできるような人になるためにも、学び続けます。本当にありがとうございました。もしよろしければ、おすすめの本などありましたら、おしえていただけたらうれしいです。

投稿日時 - 2008-02-06 09:13:48

ANo.4

No.3です。
私の場合、両親は近隣におりまして、自分からは連絡はしませんが、向こうからは結構頻繁に連絡はとってきますね。
ただ、不快な事を言うや否や、シャットダウンしております。
そうすると孫が気になるようで機嫌を取ってくるのですが、それを繰り返す事で、何となくお互いに境界線が明確になったように思います。
昔のように、嫌な事を言われたり、蔑まれたりする事は絶対に受け入れません。
両親が以前のように馬鹿に出来る存在を求めているのは内心感じるのですが、それを聞かされる子供の気持ちが分かるので、断固拒否しています。
私達はもう親に頼るしか生きる術の無い子供ではありませんので、嫌な事は嫌と拒絶しても良いと思います。
私には私の守る者がおりますし、その妨げになる者は両親であっても拒絶します。
ただ、過去の事を持ち出して対決しても絶対うだうだと言い訳するか、親不孝者と言われるのは明白なので、対決するのは面倒なのです。

連鎖の事ですが、内心私も感じています。
乳幼児の我が子に山のようにお稽古事をさせたくなったり、英才教育をさせたくなったり、自分と同じ道を歩ませたくなったりします。
そこで私は働く事に致しました。
子供と密着して閉鎖された空間にいて、自分だけで育児をしていては、両親と同じ事をしそうだ・・・と感じたので、出来るだけ多くの人に育児を分担していただく方法を取りました。
保育園に入れる事・たまにはお姑さん(お姑さんはのんびり屋さんです)に預ける事・自分は子供から目をそらす時間を持つ事。
なんて不真面目な母親かと思われる方もいると思いますが、それが私の連鎖の断ち方です。
離れている時間が、却って一緒にいる時間を大切にしてくれています。
あと、気をつけているのは、何か否定的な事を口走ってしまっても気付いたら即それ以上の愛情表現をする事ですかね。

連絡を断つと本当にすっきりするので、びっくりしています。過去の嫌な人生まで置いてきたみたいに、身軽に感じます。
それに自分がそれ程無能者ではないということも最近分かってきました。
自分自身を傷つけてまで連絡を取らなくても良いと思いますよ。

的確にお答え出来たかは分かりませんが、私の考えはこんな感じです。

投稿日時 - 2008-02-04 21:01:29

お礼

回答ありがとうございました。私は母に連絡を取らなくなって、やっと1ヶ月が過ぎたところです。次に会う機会があったら、気まずい感じでしょう。なんとか乗り越えねば。連鎖の件ですが、子供にはうまく対応しようと努力しいろんなかたちで学んできたので今のところ問題はありません。ですが、主人には否定的に言ったり態度に出ているようで(そのつもりはないのに)昨日も指摘され、反対に自分が落ち込んでしまいました。心が痛くなるくらい傷つきました。何とか自分を変えたいです。でもできない。どうしたらいいのでしょうか?またお礼じゃなくなりました。

投稿日時 - 2008-02-05 14:42:44

ANo.2

#1です。

私は結婚をしていますので、主人が理解者でした。
しかし、主人の実家はうちとは正反対の温かい家なので
最初は私が親を悪く言うことにあまり理解ができないようでした。
しかし何度か同じ話をするうちに
「自分にはわかないけど、そういうこともあるんだな」って
認めてくれるようになりました。
応援とまではいかないけれど、
主人にその話を聞いてもらっただけでも少しすっきりしました。

でも、私は母とは対決しましたが
父とはまだ対決できてないんです。
父は生い立ちで苦労があったようです。
家族との関係を温かいものに出来なかったのはそのためだと思います。

「アダルトチルドレン」っていう言葉を知っていますか?
私自身がまさにそのアダルトチルドレンだと思っています。
アダルトチルドレンは子供っぽい大人という意味ではなく、
子供の時に心を傷つけるような言動や虐待などある家庭で育ったため
それがトラウマとなり、大人になってもそれが消えずに心や人間関係に障害が出ている人のことを言います。
親の子供に対する過剰な期待、甘やかしなどもアダルトチルドレンの原因になるようです。
アダルトチルドレン関係の本もたくさん出ていて
中にはセルフケアやグループによるケアのことが書かれてるものもあります。
親と直接対決だけが克服する方法ではなさそうですよ。
(もしそれだと死別したら一生克服できないことになりますし)

私もこれを早く克服して、自分の本来の姿を取り戻し
活き活きとした人生を生きたいと思っています。

質問者さんも親との関係を克服できるよう応援していますね。

投稿日時 - 2008-02-02 14:46:02

お礼

回答ありがとうございました。詳しく書いていただきとても参考になりました。ご主人が理解者なんて、すてきです。そういう方法もあるのですね。私も結婚しており、否定されつづけて育ったことを、読後に主人に少し話しました。主人は少し驚いていたようですが聞いていてくれました。少しずつ理解してもらえるといいなと思います。アダルトチルドレンという言葉は知っていますが、間違って理解していました。私かな?と・・・その関係の本読んでみます。応援ありがとうございます。一歩踏み出せそうです。回答者様も克服されますように。

投稿日時 - 2008-02-04 10:35:39

ANo.1

こんばんは
私はつい先日「毒になる親」を読みました。

出産前後に突如として両親への憎しみが沸きおこり
母親に対して小さい頃の不満をぶつけました。
私はただ「そんなに辛い思いをさせたの?ごめんね」という一言だけ
言ってくれたら心が晴れただろうと思うけど
母親は「私も一生懸命やってきた」ばかりでした。
うちは母が父から暴力を受けることが多く、その愚痴ばかりを聞かされました。
なので、私も父との関係は悪かったです。会話らしい会話をした思い出はあまりありません。
衣食住は普通に満たされていましたが
私は精神的に「粗末な扱い」を受けていたと思っています。
母親は自分のことで精一杯、父親は反抗する子供がかわいくない。
私は、自分の話を聞いてもらったことはほとんどないような感覚でいます。

本を読んだのは母親に不満をぶつけた後でしたが
あれは本に書かれている「対決」だったと思います。
結果は最初に書いたように、自分が思った通りにはなりませんでした。
しかし、それで諦めができました。
本に書かれていた「もがく人生」をやめられたと思います。
もう親との関係を考えるのはやめました。無駄だから。

私には子供がいて、その子に対して「毒になる親」にはなりたくないです。
だけど、自分にいい親のお手本がなかったことは本当にしんどいです。
親からされて嫌だったことを反面教師にして子育てをしています。

私の子供時代には愛情あふれる親子関係(家族)はありませんでした。
そのことを認めるのは本当に悲しかったです。
表面上は普通の家庭ですから、外からみて問題が多い家庭だったとわからないから。
多感な高校時代、友達の存在が支えでした。
だけど、自分が当時親との関係や家庭のことで悩んでいたことは言えませんでした(自分でそれを認めたくなかったんだと思います)
本を読んで、いつかその友達にその頃の家のことを話して、「ありがとう」って言おうって思いました。
それを話せた時に、過去と決別できる気がしました。

投稿日時 - 2008-01-26 00:18:21

お礼

回答に心より感謝しております。対決されたのですね。すごいです!私は、対決する前に、現在母とは自分から連絡をとっていない(父は他界)ので、わざわざ連絡をとって対決するのが、いやなのです。反省の言葉など聞けないのがわかっているからわざわざ振り返りたくない、思い出したくないのです。逃げているのでしょうか?勇気をもたなくてはいけないのでしょうか?また、対決に欠けている条件の、応援してくれる身近な友人やカウンセラーもいません。回答者様はどうされたのですか?おしえていただければうれしいです。

投稿日時 - 2008-01-28 10:23:35

あなたにオススメの質問