こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アジアから日本に来る歌手について

いつも思うのですが、日本で活躍している韓国の歌手の人たちって、母国語の歌ではなく日本語の歌でヒットしていますよね。確かに、韓国語だと私たちが理解できないという点は否めません。しかし、なにも無理やり日本化しなくてもよいと思うのですが・・・。(彼らが日本語で歌いたいと希望しているのなら別ですが。)現に日本の歌手は台湾など隣国へ行ってもほとんどの楽曲は日本語ですし、それで人気もあります。
また、店頭に並ぶK-POPやC-POPのCDもほとんどが日本盤で売られていますよね。私が最近注目しているのはある台湾のグループなのですが、彼らの日本で出したCDの曲名も全て日本語に訳されていて、なんだか変な感じでした。その中の1曲に台湾語で歌っている曲を日本語ver.として入っていましたが、歌詞が結構直訳なところがあって正直言ってダサかったです(カラオケで見ました)。

日本の歌手は母国語の歌でもアジアで人気なのに対し、韓国や台湾などから日本に来た歌手は、なぜ日本化される必要があるのでしょうか?
最近韓流ブームですが(もう終わりつつある?)、なぜそのまま韓国人として日本に売り出さないのでしょうか?

投稿日時 - 2008-01-25 17:45:17

QNo.3712766

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まもなく、中国の歌も、韓国の歌も原語が当たり前になると思います。
現在は、確かに市場にこびている部分はありますが、それは、歌手本人の意向ではなく、レコード会社やプロデューサーの思惑、というより勘違いや思い上がりでそうなっていると思います。日本の大手レコード業界のサラリーマンプロデューサーは、感性の鈍い人が多いですから、カンのよいマイナーな会社や、輸入CD販売店などから、「原語がベスト」という主張や動きが出ると思います。
歌の意味は歌詞カードの翻訳を見ればわかることです。現に英語はともかく、シャンソンや、カンツォーネ、ボサノヴァなどでも原語盤が当たり前です。原語のアクセントと音楽のリズムは本来一体のものですし、言葉がわからないので感動できない・売れないというものでもないと思うのです。言語がメージャーかマイナーかということも売れ行きには関係ないと思います。音楽は、言葉がわからなくても通じ合うところが素晴らしいのであって、母国語の方が、歌手にとっても感情移入しやすいと思いますし、原語で聴くほうが、むしろ歌手と聴き手がもっと通じ合え・分かり合えると思います。アジア系の歌手の人たちは、ぜひ母国語で「本当の自分の歌」を日本で歌い上げてほしいです。TVの歌番組などでも取り上げてほしいです。言葉も意味も判らなくても「この歌いいな!」って、そいうのを聴きたいです。アジアの国々でのヒット曲は、そのまま日本でも絶対売れると思います。ライブなんかではサービスに1~2曲は、日本語のがあってもよいとは思いますが、基本的には国境を越えての若い人同士の音楽的感性を信じたいです。
40年ほど前のテレビの歌番組「ザ・ヒットパレード」では、アメリカやヨーロッパのヒット曲をすべて日本語歌詞に翻訳して日本人歌手が歌っていたのです。もちろんビートルズナンバーもです。今から思えば、信じられないことですし、こっけいですが、大昔は、日本語にしないと売れない・ウケないと思い込まれていたのです。そういう時代もあったのです。もちろん、当時でも、原語のほうが良いと主張する業界人もいたのですが、やはり少数派でした。

投稿日時 - 2008-01-28 11:17:17

お礼

なるほど・・・音楽業界の中でも原語についての論争があるんですね。確かに、英語以外、とくにアジアの言語は近い国々なのにマイナーですよね。私は大学で中国語を勉強し、少し独学で韓国語をしていますが、周りには「変わった子・オタク」のようです^^;日本国内で言語に対する見方も変えてほしいですね。私の知り合いで香港に住んでいる子たちは、広東語、英語に加え日本語が少しできましたが、それはどうやらジャニーズの影響のようです。他文化(この場合は日本文化ですが)に普段から触れることによって、言語まで習得できるのだなと関心しています。日本も近い将来そうなるといいですね。
とても参考になりました。アドバイスありがとうございました!

投稿日時 - 2008-01-28 12:44:48

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

私も、韓国や台湾の歌を聞きますが、日本語化はあまり好きではないです。
好きではないというより、「オリジナルのほうがいいなぁ」と思うことが多いですね。
もちろん、彼(彼女)等の努力はファンとして嬉しいのですが。

特に、日本デビュー前からファンだった人にとっては、このように感じるのが多いのではないかな?と思っています。

極端に言えば、CDの中身が同じものだったら、わざわざ高い日本版を買わなくても・・・というのが大きな原因じゃないでしょうか?

でも、やっぱり私は、日本語での歌はボーナストラック的な感じでいいと思ってますけどね。

投稿日時 - 2008-01-26 21:03:07

お礼

確かに努力はうれしいですけどね。私が今注目しているグループはまだ日本ではあまり有名ではありませんが、後々日本に来るようになって日本語曲しか聴けなくなったら嫌だなぁと思います。逆に私の努力が・・・笑
アドバイスありがとうございました!

投稿日時 - 2008-01-28 12:37:25

ANo.1

例えば、沖縄ブームがありますが、沖縄の言葉で歌えば、標準語圏の人はまず意味が分からないでしょう。私は聴きますが、他の沖縄好きの人でも聴くかどうかはかなり意見が分かれます。それが沖縄のアーティストが標準語で歌う理由のひとつです。
下地勇の八重山方言ともなれば、沖縄本島の人でも分かるかどうか微妙です。しかし、よくぞ出してくれた。
日本人でもアメリカ市場に行けば、英語で歌います。逆に西欧のアーティストがアルバム全部を日本語で歌うことはまずありません。日本人でも西欧人でも、その国のファンに敬意を表して、現地の言葉で歌うことはあります。

経済的な観点から言えば、儲からないからです。
2006年時点で、韓国の一人当たり名目GNIが17690、日本が38410で、所得で日本が韓国の約2.2倍、人口が韓国約5千万人、日本1億2千万人で約2.2倍です。
所得に比例してCDを消費すると仮定すると、日本のCD市場は、韓国の約4.8倍くらいになります。日本語の音楽市場としての概算です。
韓国語でもCDを買う購買層は、この市場のごく一部に限られるでしょうね。

投稿日時 - 2008-01-26 15:12:30

お礼

そうですか・・・。とくに私の場合は大学で言語を学んでいるので、もっと日本の音楽業界にも外国語を取り入れてほしいんですけどね^^;儲からないのなら仕方がないですね。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-26 16:49:20

あなたにオススメの質問