こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校英語の教え方は?

個人の家庭教師として、高校生に英語を教えていて悩んでいます。
例えば、no matter who = whoeverの教え方ですが、市販参考書では、関係詞の単元でno matter who、whoeverの両方を同時に教えます。それは(当前ですが)no matter who = whoever だからです。しかし生徒が持っていたクラウンという教科書では、no matter who を1年で習い、whoeverを2年で習うことになっていました。学校の先生は本当にこの通り、どうやって教えているのでしょうか? どなたか英語関係の方のアドバイスをお願いいたします。

投稿日時 - 2008-01-25 22:32:30

QNo.3713540

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

高校の英語Iや英語IIといった授業は、授業時間を
リーディング(読解)とグラマー(文法)に分けて展開するが一般的です。

教科書は、文法を学習する教材ではなく、読み物として、
リーディングの授業で、文法の説明は最低限にして、英文の解釈を主眼にします。
なので、教科書の文法の取り扱いの順序はあまり意味をなしません。
一方、グラマー(文法)では、副教材の文法書や問題集を使って、
英文法のみを体系的に学習していきます。

no matter who = whoeverという考え方は、
グラマー(文法)の授業の関係詞のところで触れるでしょうし、
読解のときにも触れるモノだと思います。
また、ライティングの授業でも英文の書き換えでも扱うことでしょう。

投稿日時 - 2008-01-25 23:31:07

お礼

なるほど「教科書の文法の取り扱いの順序はあまり意味をなさない」という言葉に納得!! とても参考になりました。有難うございます。

投稿日時 - 2008-01-25 23:54:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問