こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

会社役員の責任の範囲は?

現在、小さな会社(一人)を経営しています。
同業の会社を経営する友人から規模拡大(今は20人規模)のために私に役員になってくれと頼まれています。
今の私の会社の将来が不安なこともあり、折角の誘いですから、自分の会社をたたんでその誘いに乗ろうかと思います。
しかし、不安もあります。。
その友人は人柄は真面目なのですが、ワンマン経営で金銭感覚が他人よりちょっとずれているのです。
もし、経営が不安定になり会社が大きな負債を抱えて倒産した場合は、社長以外の役員の責任はどうなるのでしょうか?
負債の一部を役員(平取締役)が負う義務が生じるのでしょうか?
その程度は?

世渡りが下手なので、他にも何か注意すべきことがありましたら色々とご指導頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2008-02-02 10:00:52

QNo.3736425

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

当然会社運営に関する責任はありますが、
それが負債を支払うと言うことにはなりません。
本当は代表取締役でもそんな義務は無いのですが、
日本では代表取締役などが連帯保証人にならないとお金を貸してくれないので、
会社だ負債を抱える=連帯保証人の負債となってしまいます。

ですから、kitakojimaさんが今度の会社の取締役になるときに連帯保証人にならなければ、会社の負債を支払う義務は生じません。

それよりワンマン経営というのなら、最初の約束でバシバシ反対意見を言うかもしれないことを確認しといた方が良いでしょう。
取締役になった、社長に反対意見を言ってすぐに解任されたじゃ意味がありません。

投稿日時 - 2008-02-04 11:01:02

お礼

連帯保証人にならないように注意すればいいのですね。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-05 22:12:34

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

役員である以上、会社の経営判断に参加する権利と義務がありますから故意や重大な過失により債務を発生させた場合は役員の経営責任を問われる可能性があります。
取締役会等で明確に反対したという議事録でも残っていない限り責任は逃れられません。

投稿日時 - 2008-02-02 11:45:38

お礼

早速のご回答どうもありがとうございます。
反対した証拠が残れば良いのですね。実際は難しそうですね。
また、その反対した証拠が残っていなければ、その責任の範囲はどれ位とみればいいでしょうか?
例えば、社長一人、役員3人であった場合は?
持ち株の比率は関係してくるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-02-03 06:08:06

あなたにオススメの質問