こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

冷凍食品の不買はなぜ?

http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/
平成19年、食中毒患者数 約2万人

飲食店:8838
家庭:300
学校:2125
仕出屋:2834
販売店:106
旅館:3035
製造所:811
病院:325

http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY200802020218.html?ref=rss
そして今回の中国冷凍食品
>健康被害を訴える人が全国で959人
>医療機関で受診したのは296人
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2008013102460.html
>半年で約10万袋売れた大人気商品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000939-san-soci
>最初の被害発生は昨年12月28日
1月だけの問題だとして、10万/6ヶ月=16666袋
一袋1人だと計算しても959/16666です。6%切ってます。

17年度食中毒者は不明を除くと食べた人と食中毒になった人の割合は18601/140396です。
平均すると食べた人の約13%が食中毒と診断されてます。
多いのは飲食店・学校・仕出屋・旅館となっています。
そして、家庭は300人。

同じ理屈でいうと「外食はしない方が良い。超危険だ。」と言う事になりませんか?
家庭の食中毒は年間たったの300人です。外で食べることでその危険は圧倒的に上昇します。
今回のは医療機関に行くほどの人が300人程度で問題になっています。

で、今回の疑問点です。
国や企業の方針として、これを防ぐのは理解できます。
なぜマスコミはこれほど消費者に不安を与える必要があるのでしょうか?(営業妨害じゃないですか?悪いのはあの商品だけでしょ?中国製とかの報道はいらないと思います。)
なぜ消費者は中国製加工食品や、冷凍食品に対して必要以上に警戒しているのでしょうか?
いつも食について何かあると買わない動きになるのですが、個人的には「お前ら今まで食ってて平気だったろ?」って思います。

投稿日時 - 2008-02-04 11:45:16

QNo.3743265

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。

農薬というよりNo.2さんがおっしゃってるように管理問題と
日本の表示法の問題じゃないでしょうか?

例えば今回、回収の商品でも「タイ産」と書いてあるものもあります。
日本の表示法は「最終加工国」を表示すればOKなので
中国で原材料を生産⇒タイで加工⇒日本へは「タイ産」として輸出

「元から気にする人は食わなかっただろうし」
この部分の人が怒ってるので過熱報道になってるんでしょうね。
私もそうですが産地が「中華人民共和国」と書いてある場合は買いませんし。避けていたはずなのに騙された感があるのですよ。

ちなみに環境問題については中国政府からは報道するなというプッシュされてます。
http://erict.blog5.fc2.com/blog-entry-179.html

なんで報道しないの?という話では経済と深く関係があります。
現在レアメタルのほとんどが中国でしか採取できず、依存しています。
レアメタルが無ければ携帯もPCも作れません。
輸出をやめるぞと言われたら日本はこの上ない打撃を被ります。
毒の入った加工品や野菜の輸入をやめてレアメタルだけ輸入など
中国が認めるわけがありません。

それと歴史の複雑さですね。確かに日本がしたことはひどいことですし
後世まできちんと伝えて反省しなければならないことですが
教育、医療、治安問題など日本が行ったよいこともあるんです。
同じ植民地化されても台湾に親日家が多いのはこの為です。

つまり、マイナス面だけを教えられて育った中韓は日本人をひどく憎んでいるんです。「日本のせいでいまの自分たちの暮らしは悪いんだ」と吹き込まれて育っている訳ですから。
そういう人達が日本向けの商品を作っているわけです。
そして大企業はこぞってコストダウンの為に中国に依存してます。
中国は日本向けの粗悪な商品を作って売って儲ける、企業はそれを隠して売って儲ける、マスコミは企業がスポンサーだから余計な事は書かない。

先ほどの七色の河のそばでトマトが生産されています。
有名なあのトマトジュースの原料になります。
それを知ったら進んで飲みたいと思いますか?
それをバラしたらマスコミからスポンサーは降りてしまいます。
この悪循環を断ち切るようなマスコミがいないのでネットで
盛んに情報が出回るのだと思います。

私自身、中国人の友達が二人おりますが自国で習ってきた事と
日本に来て実際の状態にものすごいギャップだそうです。
その友達も戦後3代目.4代目ときて過去はもう清算状態なのだから
いまからお互いどうにかしないと。と言います。

後、誤解の無いように申しておきますが私は反中、反韓ではありません。

投稿日時 - 2008-02-04 14:01:53

お礼

>「元から気にする人は食わなかっただろうし」
>この部分の人が怒ってるので過熱報道になってるんでしょうね。
>私もそうですが産地が「中華人民共和国」と書いてある場合は買いませんし。避けていたはずなのに騙された感があるのですよ。
なるほど。それなら不買が冷凍食品全体に広がった理由も分かります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-04 15:14:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

7番さんも指摘されていますが、マスコミは時に「過剰に誇張」して報道します。
これは、マスコミ各社は資本主義下の営利団体である以上致し方ないと言えます。
それ故に、「視聴率(購買部数)が見込めるように情報を加工して」報道されます。
さらに、マスコミは広告収入から利益を上げているので広告主が言い逃れできない不祥事が表に出ない限り、圧力を跳ね返す事は難しいでしょうね。

で、日本人はなんだか「マスコミに踊らされる」傾向が強いように思います。
インターネットの普及が進んで、マスコミ離れが起きているなんて言ってる割には、マスコミが「右向け~右」と言ったらみんな右向きますね。

件の、中国製品に関しても上記の傾向が見て取れますね。
関連情報として、「去年だけで中国製品○○品目、関税でストップ」なんて報道してましたね。
関税のチェックで引っかかって、日本国内の流通に乗らなかったのは大いに結構な事だと思います。
それだけ、日本のチェック機能が効いてるワケですから。
それに、なにも中国製品だけではないですしね。
アメリカ産もあれば台湾産もあればフィリピン産もあればオーストラリア産もありますよ。
http://www1.mhlw.go.jp/topics/ysk_13/tp0419-1q.html

でもこんな情報は出てきません。
「安心・安全」は「当たり前だから視聴率・購買部数」が見込めないんです。
なんで、「不安=ニュース」として報道します。

ただ、今回のニュースで少し懸念するのが「中国悪し」という風潮があり(海賊版DVD・キャラクター盗作など、反中国的な情報ばかり飛び交っている)、それに過敏に反応したマスコミが大衆迎合で「中国製」を強調して報道した(している)ことです。
今回、農薬が検出されたとしても、それが何処で混入したかは初動報道では分からないはずです。
であるにも関わらず、「中国製」を「強調」し「製造工程で混入か」という憶測まで飛び出す始末。
中国側で混入したのか国内の流通過程で食卓に上るまでに混入されたのか、不慮の事故なのか故意なのか、犯人は中国人か日本人か、何一つ分かっていないのが現状なのです。
なのに、「中国製冷凍食品」という情報が一人歩きして、「中国製冷凍食品は危険」というレッテル貼りになっています。
しかも、「検証する」風を装って、「消去法で行ったら一番チャンスがあるのは工場内」という「誘導」を行ってる報道もありました。
(以前、「冷凍ほうれん草」も何かニュースになってましたね。今回の報道前に覚えていた人はどれくらい居るんでしょう?)


>なぜ消費者は中国製加工食品や、冷凍食品に対して必要以上に警戒しているのでしょうか?
>いつも食について何かあると買わない動きになるのですが、個人的には「お前ら今まで食ってて平気だったろ?」って思います。

この意見に同意します。
普段は「マスコミは質が低下した」とか「面白い番組が無い」とか批難してるくせに、「自分の足下に不安があるよ」と煽られると、その情報に踊らされる。
まだまだ、日本人は「情報リテラシー」が苦手みたいですね。

投稿日時 - 2008-02-06 10:17:05

ANo.8

 安く売られている冷凍食品の保管状況の問題も関わっているのかもしれません。
 最近はディスカウント店でも冷凍食品を見かけるようになって、特に野菜の冷凍品の安さから、生野菜の代わりに利用しようかと考えた事もあるのですが、すぐに止めてしまいました。どうも零下18度以下という保存温度が守られていないようで、融解、再冷凍を繰り返した形跡が見られたからです。
 まずいだけならいいのですが、常温の場所に長期間置かれていたとするなら鮮度にもかかわります。味的にも冷解凍を繰り返したまずさの中に、常温で傷んだような味が混ざっていたので、気持ち悪さを覚えた記憶があります。
 一般の消費者が、農薬や添加物による風味の違いと、保管状況の悪さに起因する傷みによる風味の違いをどれだけ違いを感じているかはわかりませんが、中国製冷凍食品は保管状況の悪いディスカウント店で売られているケースが多く、今回のニュースで、傷みによる風味の悪さを思い出して直感的に敬遠してしまった可能性があります。もし、出荷側の温度管理が完全で、こうした保管状態の悪さが日本の小売側だけで起こっているのであれば、勿体無い話です。

投稿日時 - 2008-02-05 04:44:59

お礼

>今回のニュースで、傷みによる風味の悪さを思い出して直感的に敬遠してしまった可能性があります。
なるほどです。それはかなりあるでしょうね。
なんとも無いものを食べて具合が悪くなる人もかなり居たみたいですし。

>出荷側の温度管理が完全で、こうした保管状態の悪さが日本の小売側だけで起こっているのであれば、勿体無い話です。
恐らく荷物の積み下ろし時、在庫保管時、商品陳列時、購入後輸送時等に溶けたんじゃないかと思います。
出荷元がいくら注意をしても、消費者に近づけば近づくほど管理はずさんになっていくと思います。

新しい視点から考えることが出来ました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-02-05 17:06:44

ANo.7

まず、マスコミは「不安産業」です。

世の中が不安になるようなことをセンセーショナルに取り上げて
報道するのが仕事です。
イエローペーパーはその程度が激しいだけ。

ちなみに、三菱車の欠陥騒動のときは、日本の至る所で車が炎上しましたが、
最近はあんまり聞きませんね。
JR西日本の事故のときは、また日本の至る所で列車が1mとかオーバーランしましたが、
最近は聞きません。

「車は炎上せず、列車は位置通り止まるようになったんでしょう・・・、って思うか!」
と思う人はまともです。
マスコミの言うことを鵜呑みにしないことが肝要です。


また、質問氏は数字を挙げていますが、マスコミは数字はあんまり出したがりませんね。
出しても、基準の何倍という程度。
これは理由は簡単で、数字を挙げると視聴者はそっぽを向くからです。
「難しいことはわかんな~い」が大多数ですから。
定量的なことは言わずに、定性的なことを言う。
長か半か。これが一番分かりやすい。

また、外食が云々ということですが、報道機関といえども広告主が怒るようなことは
報道しづらいですわな。

投稿日時 - 2008-02-05 00:25:56

お礼

>また、外食が云々ということですが、報道機関といえども広告主が怒るようなことは
>報道しづらいですわな。
冷凍食品の関連会社は広告出してませんでしたっけ?
ちょくちょくCM見てた気がするのですが。

でも、
>ちなみに、三菱車の欠陥騒動のときは、日本の至る所で車が炎上しましたが、
このとき、なぜかTOYOTAの車は燃えませんでしたね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-05 16:54:05

ANo.6

>同じ理屈でいうと「外食はしない方が良い。超危険だ。」と言う事になりませんか?
その通りです。

>なぜ消費者は中国製加工食品や、冷凍食品に対して必要以上に警戒しているのでしょうか?
マスコミの報道が多いこともありますが、今回の事件は、単なる食中毒事件ではなく、中毒の原因となった薬物の残留濃度と摂取濃度が格段に高く、『故意による犯罪』の要素が非常に強いという理由があります。
また、使用された農薬は有機リン系という、かつては地下鉄サリン事件と同系統の毒物だからです。

さらに、これまで中国製品には毒物入りの食品やら医薬品やら輸出してきた前科がありますからね。仕方ないと思います。

>いつも食について何かあると買わない動きになるのですが、個人的には「お前ら今まで食ってて平気だったろ?」って思います。
それは、政府が輸入禁止にするには段階があり、即効性はありませんが
幸いに日本は自由な国ですから、買う買わないは消費者の自由裁量です。
売れない商品は輸入しても残りますから、不買が続けば業者も輸入をやめるでしょ。
政府が輸入禁止を政策で行うより実効が速いですね。
そこで今後どうするかは、中国の方で考えるでしょ。

投稿日時 - 2008-02-04 22:54:52

お礼

>政府が輸入禁止を政策で行うより実効が速いですね。
つまり、今回の報道は裏で政府が絡んでおり、輸入禁止では角が立つので間接的な輸入拒否と言う事でしょうか?
まぁ、その報道にまんまと載せられてる日本人も日本人だと思いますけどね。

本当なら面白い考え方ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-05 16:32:48

ANo.5

最近の報道の傾向として、日本の食に対する問題は、正確に伝える努力を惜しんだ形で過剰気味になっているので、反応としては、こんなモンだと思います。
これを読んで誤解される人もいると思いますが、あえて書くなら
JTが問題の餃子以外の商品も同時に回収した理由を推測するなら
検出された農薬の量が、材料の野菜由来の残留のレベルをはるかに超えて多い→人為的な悪意で混入された可能性がある→該当商品以外でも農薬の混入があってはいけない
JTの反応はリスクを考えれば当然の行動なんですが
多くの人はその先→どの中国製品も危ないと想像しちゃったのでしょうね。
その心理はこれが参考になると思います。
http://premium.nikkeibp.co.jp/itm/col/suzuki/105/

個人的にこれを題材に小説を書くなら(つまりは妄想)
北京オリンピックを控えて、大会関係者に供給する、安全性がある程度見込める食品を確保するために、
日本の指導で安全が確保されている農場の食品を(中国)国内に残す為に行った工作…
てな感じで、私の脳内では盛り上がっています。

投稿日時 - 2008-02-04 21:18:53

お礼

ありがとうございます。
参考URL読ませていただきました。
なかなか面白い考え方ですね。
そんなに中国を嫌っていたとは・・・。これじゃあ日本人は中国人が反日だとかそんな事言える身分じゃないだろ。
と言う感想ですね。

>最近の報道の傾向として、日本の食に対する問題は、正確に伝える努力を惜しんだ形で過剰気味になっているので、反応としては、こんなモンだと思います。
結局日本人がマスコミの予定通りに踊らされてるだけって事ですか。
で、マスコミはオリンピックの為に頑張ってるんじゃないかという予想ですね。
なるほどです。
オリンピックが絡むのかどうかは今後の報道の仕方を見れば明らかになるでしょうね。

投稿日時 - 2008-02-05 16:17:12

ANo.4

 こんにちは。
日本人は自ら学ぼうとはしない無知な人種なので、このようにヒステリック
に報道される事柄に対しては過敏に反応しますが、一方でマスコミが取り上
げない事に対しては、呆れるほど知識不足というか我関せずの態度を取り
続けるのです。最近は中国産が集中砲火を浴びている状態なので、今回の
事件も連日マスコミが大騒ぎしているのでしょう。
 一方、危険極まりないアメリカ産の鶏糞牛に対しては、マスコミは一切
報道しなくなりましたし、日本の基準を変えてまで輸入しているアメリカ産
の、高濃度の農薬が付着した果物とかにもマスコミや国民は無関心を
装っています。
 中国の現状が酷いのは理解できますが、それと同様にアメリカなどの
国からの輸入食品も、正直身体に良いとは間違っても言えないのが
現状なのです。でもマスコミは中国叩きにしか興味を示さないのは、
我々国民にとっては不幸な事でもありますね・・・

投稿日時 - 2008-02-04 18:00:32

お礼

ありがとうございます。
>一方でマスコミが取り上
>げない事に対しては、呆れるほど知識不足というか
耳が痛いです(汗)。

>最近は中国産が集中砲火を浴びている状態なので、今回の
>事件も連日マスコミが大騒ぎしているのでしょう。
要するに話題づくりという奴ですね。とりあえず今のターゲットは中国。
なんにしても、日本人は踊らされすぎな気がします。

投稿日時 - 2008-02-05 15:52:51

ANo.2

基本的な管理状況に対する信頼度の問題ではないですか?
国内の衛生事情や、薬品等の使用状況については、多くの人が一応の
信頼を持っていると思います。
よって、「仮にどこそこの外食チェーンで食中毒が出た」という
話があっても、そこのチェーンの問題か、あるいはその店舗の問題で
ある、と認識するので、他の外食産業には飛び火をしないのでしょう。

一方で、中国に対しては虚偽にかかわらず、その手の情報が多いので、
国全体に対して信頼性がありません。
「ついに実害がでたか」「ほかの中国製品も危ないのでは」と感じるのも
別に過敏な反応とも言い切れないと思います。

日本では使用はおろか、流通すら認められていないような危険性の
高い農薬が食品に混入していたのです。
かつ、それが残留農薬などと、出所がはっきりしていればまだよいですが、
それがはっきりしていないとなると、同じような製造工程を持ち、
国としての検査体制が信頼できない国で作られた製品となると、
避けたくもなるでしょう。

「今まで平気」=「これからも平気」ではないでしょう?
特に今回は、ミートホープなどのように「数年前から偽装してました」ではなく、
「*月*日製造のものが危ない」というものなのだから、いつ、新たな
会社の新たな日付のものが危険、という報道が付け加わるかもしれない訳です。
その可能性が、日本国内のものより中国産の方が圧倒的に高いと、多くの
人が考えている、ということでしょう。

投稿日時 - 2008-02-04 12:52:27

お礼

>日本では使用はおろか、流通すら認められていないような危険性の
>高い農薬が食品に混入していたのです。
これ、農薬自体は危険かもしれませんが、この餃子自体はそれほど危険ではないと思います。(そーゆー報道はしないんですよね)
ちらちらと検索してみたのですが、今見つかっている最大濃度の餃子で130ppmらしいです。
一袋40個入り(560g)らしいです。
メタミドホスの半数致死量は30 mg/kgらしいです。
まとめると、一袋全部の餃子の濃度が均一だったとして、一袋である40個を一人で食べるとメタミドホスの量は73mg。
この量のメタミドホスで死ぬ人間は2.5kgの赤ちゃんだけです。
まぁ現実的な話ですと、子供がそんな量を食えるわけも無いので今回の事件、よっぽど貧弱な人で無い限り具合が悪くなるだけと言う事です。(50kgの大人が800個ぐらい餃子を食えば死ぬかもしれない)

>一方で、中国に対しては虚偽にかかわらず、その手の情報が多いので、
>国全体に対して信頼性がありません。
つまり、報道のやり方だけの問題と言う事なんでしょうか?

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-02-04 14:23:34

ANo.1

中国の土壌をご存知ですか?

http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html

元となる野菜も、畜産されている動物にもこの水は使われています。
中国とは報道規制の国家です。
海外に都合の悪い情報は流しません。
ジャーナリストが命がけで報道しても「捏造」と発表されることもしばしば。

なぜ消費者は中国製加工食品や、冷凍食品に対して必要以上に警戒しているのでしょうか?
>原因のひとつに隠蔽体質のせいだと思われます。
http://www.geocities.jp/chemsafetyjp/incident103.htm
こちらにあるように事故で河を汚染してもひたすら嘘をついてごまかしてばかりいました。

インターネットの普及によりこういった情報を消費者がわかるようになり、全体的に不安な状態なのです。「少しでも真実を知りたい」という心理に付け込み、マスコミが叩いているのです。
ただ「火の無いところに~」で実情で復旧に200年以上かかる環境破壊が行われている為、記事になりやすいのでしょう。

下記はご自分でインターネットで検索してみてください。
全て実話です。

・頭髪から醤油
・下水に流れた廃油から食用油
・人糞で着色する豆腐

ただ、ここまで追い詰めてしまったのは先進国にも責任があると思います。人件費が安く原材料が豊富にある為に環境も考えず工場を建てたのは先進国の需要があったからです。それに輪をかけて役人の腐敗、拝金主義、個人主義が蔓延しいまの状態を作ってしまいました。
これからよい方向に向かうのに他人事ではないと思います。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html

投稿日時 - 2008-02-04 12:16:56

補足

ありがとうございます。
日本人がそのような事実を知っているからというのであれば、何で農薬ごときで騒いだんでしょうか?
元から気にする人は食わなかっただろうし、気にしない人なら農薬ごときで騒がないのではないでしょうか?

もし今回初めて知ったのならばまだ納得できますが、それならそっちの方の報道をもっとされてるはずではないでしょうか?(例に挙げた記事では環境汚染については書かれていませんよね?)

投稿日時 - 2008-02-04 13:25:58

あなたにオススメの質問