こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校数学・図形と方程式

直線l(←小文字のLです):y=mx
円C:(x-4)^2+y^2=4
が異なる2点A,Bで交わっている。
(1)mのとり得る値の範囲を求めよ。
(2)原点O,円Cの中心K,線分ABの中点Mに対して,∠OMKの大きさを求めよ。
(3)mが(1)の範囲で変化するとき,線分ABの中点Mの描く図形を図示せよ。

と言う問題で、(1),(2)は普通に分かったのですが、
(3)が解答をみてなぜそうなるのか分かりません。
(3)の解答は、点MはOKを直径とする円周上という事なのですが、
どうしてこうなるのでしょう。
お願いします。

ちなみに、
(1)-1/√3<m<1/√3
(2)90°

投稿日時 - 2008-02-07 11:07:15

QNo.3752596

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(2)の答え90°を利用して、直径(OK)の円周角は必ず90°になることを利用すればいいと思います。

投稿日時 - 2008-02-07 11:24:19

お礼

回答ありがとうございました。
バッチリ分かりました。

投稿日時 - 2008-02-07 11:44:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問