こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

太陽光発電は投資として見合うか?

一軒家の屋根に太陽電池パネルが設置されているのをたまに見かけます。

もちろん地球環境のためと考えれば大変良い事かとは思いますが気になるのは金銭的な部分です。

・初期投資金額(太陽電池パネルの設置)
・毎年の収入(電気代の減少分+売電による収入-メンテナンスコスト)

の比率はどのくらいなのでしょうか。
ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-02-08 16:00:03

QNo.3756323

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 我が家のデータです。

設置費用(3.22KW)  260万円(補助金が46.7万円)

売電収入 ( )が電気代の減少分も足した額 
 05年  \74,343(\100,575)
 06年  \70,016 (\94,973)
 07年  \76,487(\101,729)
           
メンテナンス費用はまだ分かりませんが、10年ぐらいでパワーコンディショナーを交換しなければならないようです。だいたい15万位。


 まあ、これを見ても分かりますように太陽光発電で儲けようだなどという、スケベ根性を出しちゃあいけません。元が取れたら御の字。しかも、これは現金で付けた場合のお話でローンなど組んでいたら、絶対に元なんて取れません。

 じゃ、何でアンタは付けたんだ?と言われそうですが、私の場合は非常用電源の確保の為です。現在一般家庭で100Vの電気を作るとしたら小型発電機、プリウスのような発電能力のある車、太陽光発電ぐらいしかありません。そして太陽光発電だけが燃料無しで発電し続けることが出来ます。

投稿日時 - 2008-02-09 20:25:04

お礼

メンテナンス費用を除いても20年以上かかるということですね。

純投資として考えるともう少し欲しい感じですね。
15年くらいで回収できるならば良いのですが。

今後も電気代の上昇が続くようであれば考えることにします。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-14 11:39:04

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

#4のonbikiさん、貴重なデータありがとうございます。 我が家は六年前、私の退職金から捻出して設置しました。 このデータは実に要領よく纏まっており、我が家のガイドラインにも使わせて頂きます。

さて、太陽光発電、正直ペイするなんて考える方が異常です。 石油資源の枯渇が現実味を帯びている現在、自分は何もせずに政府に文句だけ言うのは『主権者』としてはあってはならないと思っているからです。 この国の主人は私。 この地球を守るのも私。 

私はこの私という個人の一生の主人公というだけには止まりません。 この国の主人であり、この宇宙を神様から守るように委託を受けているのです。 これは別に個人的な信条というものではなく、事実なのです。

投稿日時 - 2008-02-16 11:02:45

ANo.3

現在の性能で最良の物でさえ
初期費用を取り戻せるのは13年かかると言われています
しかも13年経過すると太陽電池パネルの性能自身が劣化して
もう一度新品を設置しなおさなければならない羽目になります
この初期費用も政府の補助金が有る間は少しでも節約になりましたが
現在では補助金は無いそうです
もし貴方が設置しようと思っていらっしゃるなら
止めといた方がいいですよ
虻蜂取らずになります。

投稿日時 - 2008-02-09 18:25:57

お礼

(劣化しない仮定なら)13年程度で回収できるのであれば見合うかなと思いますが、新品を導入しないといけないのであれば厳しいですね。

投稿日時 - 2008-02-14 11:41:28

ANo.2

全然合いません。
太陽電池パネル作るエネルギーで、電力作ったほうがはるかに効率的です。

自称エコ人は、そこがわかってないのです。所詮自己満足。

投稿日時 - 2008-02-09 16:26:09

補足

以前エネルギー収支に関しては別に質問しました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3575286.html

これによると(鉱物資源などは別として)エネルギー資源としては数年でプラスになるようです。

投稿日時 - 2008-02-14 11:32:52

ANo.1

初期の頃は、30年くらいで投資費用が回収できるとか言ってました。今だと少しは良くなっているのでしょう。設置条件で変わるので一概には言えませんが、回収には少なくとも10年以上はかかるのではないかと思います。
電気代の減少分とか売電による収入とかいうのは、使用量と設備容量の比率によって変わります。設備容量が使用量に対して充分に大きければ支払う電気代は常にゼロです。
メンテナンス費は予想困難です。電子部品の集合体なので、消耗要素があまりなく、運悪く壊れるときは突然壊れるからです。

投稿日時 - 2008-02-08 16:40:37

お礼

ありがとうございます。メンテナンス費が読めないのは投資としては微妙ですね。

例えば不動産投資であれば家賃収入で20年で返済した後もその不動産は(劣化するものの)残りますからソロバンをはじきやすいのですが。

他の方の意見を総合すると、その読めない分のリスクに余りあるリターンもありませんし。

ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-14 11:46:06

あなたにオススメの質問