こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本が日本国民に隠していること

日本が日本国民に隠していること、もしくは洗脳しようとしている事ってありますか?
韓国では日本との合併によって受けた恩恵等、の歴史を教えなかったり、日本を敵視する教育をしたりで洗脳しようとしてるのをテレビ等で見て韓国人はそんな事も気づかないのか…
と思ってましたがひょっとして自分も知らず知らずの間に隠されていることや、洗脳されているのではないかと不安になり書き込みました。

この質問を日本のサイトで日本人に聞くのはナンセンスなのかも知れませんが、念の為…

投稿日時 - 2008-02-08 17:30:32

QNo.3756582

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

『日本書紀』および『日本文徳天皇実録』を始めとした所謂六国史、『古事記』や『吾妻鏡』など、日本の古代から近代までの「歴史書を盲信した、教科書的な日本史」は、洗脳と言えなくもないかも。
というのも、日本の歴史書の殆どは「正史」であり、その時々の政権が自らの体制を正当化するために記述した「歴史」です。
当然、「事実誤認・都合の悪いことは書かない・事実をねじ曲げるetc,,,」が行われます。
近代以前の日本の歴史は、そうした「正史の史料」が殆ど、なかなか本当の事は分かりません。(なんで、最近話題の「聖徳太子は居なかった」なんて説も出てきます)
「歴史学」としての「歴史」は、ようやく明治以降に西洋の「歴史学」を輸入してから始まります。

小学校の教科書にも出てくる「邪馬台国」ですが、中国の『魏志』にそれらしき記述があるだけであり、当然「真実かどうか」なんて分かっていません。
まだまだ、伝説の域を出ていないんですね。

そうそう、これらの関連で「天皇家は万世一系」もマヤカシに近いものがあります。(こうかくと、「おまえは左翼だ!」とかって右翼の方々からバッシングが来そうですが・汗)
逆に言うと、色々と「○○朝」とかあるイギリス王室なんかも実は「万世一系」だったりします。(男系女系っていうヤヤコシイ論理に拘らなければですが)
まぁ、君主制では血の繋がりが権力の基盤であるのは、洋の東西を問わないという事ですね。
そうそう、「血の繋がり」ということでは徳川家康はかの藤原氏の血を受け継ぐそうです。
もちろん、これも権力の階段を駆け上る為に、家康の改ざんしたそうで、、、。
とまぁ、「歴史」とは「フィクション」が多く含まれているモンなんです。

歴史について「中国・韓国は洗脳教育をしている」なんて言われますけど、日本も十分「洗脳教育」していますね。
なんせ、「歴史はフィクションである」なんて、義務教育の中では習いませんでしたから。
まぁ、どの国も歴史教育なんてそんなモノなんですけどね。(差が生まれるとすれば、他の教育についても言えますが、批判精神と探求能力を養う教育が成されてるかどうかですね。)
「歴史の性質」については以下のQ&Aを参考に。
http://okwave.jp/qa3672975.html

投稿日時 - 2008-02-09 18:59:05

ANo.10

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

歴史教科書とは関係ないのですが、現在最も「国民は洗脳されているなァ」と実感するのは、「日本の借金が千兆円もあって、このままでは財政破綻である(だからこそ増税だ!)」という財務省の連中や政治家・マスコミが垂れ流すデマに皆が踊らされていることです。

だいたい、借金が千兆円もあるのになんで「すぐに破綻」ではなく「このままでは破綻」になるのでしょうか。政府が千兆円も金借りて、返せる見込みがないのなら、普通ならばとっくの昔に国債は紙切れになって円は暴落して大恐慌起こってますよ。でもその気配もないのは、財政赤字なんて(少なくとも現時点では)大した問題ではないってことの証拠なのに、どうして「破綻だから増税」って話になるんだか。そもそも増税したら消費が減って結果的に税収が減るんだけどね。

「国家の借金」を「家計の借金」に置き換えてワーワー煽り、国民も「緊縮財政こそがあるべき道」みたいに「洗脳」されて、自分で自分の首を絞めているだけ。まあ、経済をマクロで見ることはやさしいようで結構工夫が要るから、仕方がないとも言えるのかもしれませんが。

投稿日時 - 2008-02-09 23:08:23

ANo.11

紹介するサイトにあるマンガを読めばわかると思います。

参考URL:http://www.shinyusha.co.jp/~kenkanryu2/

投稿日時 - 2008-02-09 21:51:27

ANo.9

戦後教育は日教組の洗脳です。

ああいう教育をやっているから日本の国力が低下してしまうんですよ。

投稿日時 - 2008-02-09 12:30:12

ANo.8

自衛隊機が中国や台湾の防空圏によく侵入すること。まあ、何処の国もやってますが、自国民に対しては自国軍のこういった活動はあまり言わないもんです。

あとは条約など、外交文書締結までの具体的な交渉内容は存在することは公表しても一定期間が経過しないと見れないものがあります。

まあ、こんなとこで分かって、なおかつ明確な根拠が付随しないものはただの陰謀論か、単に知名度が低いだけと考えてまず間違いないと思いますが。

投稿日時 - 2008-02-09 01:28:40

ANo.7

昔から「民は寄らしむべし、知らしむべからず」
いつの時代でも為政者の常套手段です。
戦後60数年経った今では「沖縄返還」に伴う日米間の密約が断片的
ではありますが表面に出て来ています。
洗脳なんて茶飯事でしょう。
教育基本法の改正(改悪)なんてその最たるものですネ。
「基礎学力が落ちているので・・・」なんて国民の危機感を煽り、その中
にさりげなく国家に忠実なもの言わぬ国民を育成する要素を忍び込ませ
る。
為政者は自分の安全を保障する国態を守るが国民は決して守りません。
樺太でロシアが参戦した時に国民を投げ出して真っ先に逃げ出したのは
陸軍のお偉いさんです。
また、「役人はけしからん!郵政は民営化ダ~~!!」っと某総理が白
髪を振り乱した結果「そうだ!そうだ!!」って輩が過剰な票を与えた結
果が今の自民党衆議院のやりたい放題の有り様でしょう。
ホッポリ内閣の阿倍氏や、遺産を引き継いだ福田氏なんかは国民の審
判を仰ぐ事が恐いので解散前にナリフリかまわずに憲法の規定を楯に
し強引に支持者であるお金持ちの優遇策に懸命ですね。
地方は疲弊しワーキングプアや限界集落、貧困な食糧自給率の問題が
やっと表面化して国民の目にされられつつ有るのが今の現状でしょう。
道路特定財源問題で与野党が自分に都合の良いデータを出し合って
お互いを非難し合っていますが本当の事は分かりません。
「歴史は勝者によって書かれ伝えられる」これは真理でしょう。
地方の田舎に住んで浅学非才で無知な私は日本脱出するほどの金も
無いので今の状態に腹を立てながらの、孫の行く末を案じながら生きて
います・・・。
ま~・・馬鹿ブッシュの言いなりで、自国の貧民を救えないのに国際貢献
なんて大見得を切って血税を垂れ流しにする政府なんか信ずるに値しない
です。

投稿日時 - 2008-02-09 01:13:14

ANo.6

 揉み隠した不祥事、発見されていない裏金等で部分的には隠蔽している事は多いと思いますが、外交政治上の重大な事実を計画的に隠蔽、もしくは歪めていることはほぼあり得ません。

 多くの一般市民が興味を持ちそうな事実を隠蔽するよう政治家がマスコミに文句をつけたり、反社会的集団(いわゆる暴力団)を使って余計な事を言わないで脅迫する事は可能ですが、官僚や警察組織を動員してそういった情報統制を行う事は日本社会ではほぼ不可能です。そうでなければ、マスコミがここまで与党を批判できるわけがありません。まあ、実害の無い範囲でマスコミによる与党批判報道を演出し、日本に報道の自由があるように見せかけて重大事実を隠蔽するという方法はあるとは思いますが、視聴率を取れるドラマや映画よりも高度な脚本・演出が必要になるので、実際上は無理かと思います。

 では以前の韓国や現在の中国で情報統制がなぜ可能だったかというと、情報統制をこっそりとではなく堂々と公言してやっていたからです。時折質問のやり取りで見られるようにマスコミ報道には批判的な意見も多いので、一定の基準を設けた報道統制は受け入れられる可能性があります。事実中国では国家運営に報道規制が不可欠だと中央政府や一般人が考えていて、日本みたいに報道規制がなくてもそれなりに国や政治が動く姿は奇妙に見えるようです。外交にせよ、最近の食品問題(毒ギョーザの報道は、国内食品の保護政策に関する日本政府の合図と解釈されているらしいです)にせよ、中国側は、日本のマスコミの態度というのは政府の演出・意向が前提になっているという風に解釈してあれこれ言うので、それが互いにかみ合わない議論の原因の一つになっているのかなあと思うときもあります。

投稿日時 - 2008-02-08 22:24:43

ANo.5

M資金は本当にあるのか?
戦後話題になったM資金の話は、どこまで本当でどこまでデマなのか?

投稿日時 - 2008-02-08 21:49:41

ANo.4

全国の古墳には、戦前、宮内庁がつけた名前が現在でも使われていることが多く、歴史学者による客観的調査は、ほとんど行われておりません。例えば、かつて「仁徳天皇稜」と呼ばれた古墳は、現在では仁徳天皇の墓であるとの見解は否定されており、学者は「大山古墳」と呼ぶのですが、こういった情報はなかなか日本人に広く共有されるものと、なっていません。学者が古墳の中に入ろうにも、宮内庁の壁が高いのです。また、奈良県橿原市には「神武天皇稜」という、どう考えても嘘っぱちの、神話時代の人物が葬られているとされる古墳があるのですが、ここには後世につけたと思われる鳥居まであり、戦前、神武天皇の神格化のために行われたものであることは明白です。

そのほか、教科書の行間や、日本史の学習漫画を読んでみると、戦前から続く先入観をくつがえすような新説が載っていることが多いのですが、しらっとしか書きませんから、その意義を理解するのは困難であり、戦前の教科書のままの評価が生き残っている人物が多数います。以下、例をあげます。

●継体天皇:「体制を次ぐ者」という意味で、元々の天皇家とは無関係な人間が、武力により皇室の座を簒奪したのは明らかです。万世一系という虚構を破壊するのに十分な存在ですが、あまり知られていません。

●足利尊氏:戦前の教科書では「後醍醐天皇に最後まで仕えた楠正成が英雄で、尊氏は天皇に逆らった反逆者」と教えていました。しかし、戦後になると、尊氏は実は、建武の親政が失敗する中で、庶民や武士の期待に応えるため、源氏の嫡流に生まれた者として、本人の好むか好まざるかにかかわらず、新世代のためのリーダーとして戦う宿命を背負った人物ではなかったのかと再評価されています。現在でも右派マスコミや地元史研究家に「楠正成バンザイ」の人が多い中、尊氏を客観的に評価することは必要項目です。

●日野富子:強欲で金儲けばかりして応仁の乱を引き起こした人物という悪人イメージがありますが、将軍の足利義政が政治的には無能で、芸術と酒にしか興味が無いという状況下、幕府の財政を実質的に支えていたのは日野富子であったということは指摘されても良い事実です。また、室町幕府は京都にあったため貴族との交友は重要課題であり、この方面も、将軍に代わって日野富子がカバーしていました。女性的な感性で、気の利いた洗練された贈り物を配っていたらしく、当時の天皇との関係は極めて良好、ただし、良好すぎて、天皇と恋仲だったという説まで出てくる人物です。

●田沼意次:汚職政治家のイメージがありますが、彼は江戸幕府の体制が持つ根本問題を直すべく、独自の経済思想に達していた人物と理解することも出来ます。江戸時代の体制は、士農工商という身分制度と米を通貨の基礎とする金融政策を特徴としていますが、時代が進むにつれ、農業技術の発達による米価格の下落、米価格の下落による武士の実質的な給与の低下、台頭する商人から借金をしないとまわらないという諸大名の窮乏などという問題を抱え込むことになります。徳川吉宗は旧体制を無理やり維持するための改革を行い、一応、成功したものと評価されていますが、その吉宗にしても、業務のかなりの時間を米政策に割いており、米を幕府が買い占めれば市場価格が上がるはずだとか、米を主食ではなく酒の原料ととらえて酒造りを奨励すれば米価格は上がるとかいったことばかり考えていたのです。吉宗以降になると、この路線は完全に行き詰るのですが、田沼意次は商業の発展という状況を見抜いており、商業の振興策を実施するとともに、商人からも税金を取るという、近代国家的な経済思想に到達していた数少ない人物です。しかし、彼の路線は他の武士には理解不可能なものであり、「商人と結託した汚職政治家」のレッテルを貼られてしまうのです。

投稿日時 - 2008-02-08 21:48:00

ANo.3

韓国の問題に関しても政府が裏で右傾化を煽っているところはちょくちょく見受けられますよ、右傾化すれば自民党(アメリカの犬)に票は入るし、「国のため」に働いてくれる人も増えますからね。
環境問題に関しても、地球温暖化をやたら声高に叫ぶのは原子力発電所を作ってリベートをもらいたいから。
株価が上がったとか景気が良くなったとか言ってるのも自分たちの無策でこさえた借金を隠すためです。日本はいつ破産してもおかしくない状態だという人もいます。
そもそも戦後日本を支配してきたのは自民党政権、ヤクザ、在日朝鮮人などが複雑に絡み合った構造で、その親玉はアメリカ政府です。マスコミの多くはアメリカの犬に成り下がってますし、政治家も戦時中、戦後に、つらい思いをした日本人を尻目に外国とつるんで金儲けしていた人たちの子孫です。最近の総理大臣の父親について調べてみればよく分かります。
日本は戦後以降完全にアメリカに八方をふさがれているんです。
上に上げたキーワードを調べて見るだけで大分価値観が変わると思いますよ。

投稿日時 - 2008-02-08 19:46:17

ANo.2

あります。たとえば、消費税導入の才の国会内の状態。義務教育の今日菓子を見てください。
教科書には結構おかしなところがありますから。

戦時教育を受けていますので、おかしなことばかり教え込まれています。

投稿日時 - 2008-02-08 19:19:48

ANo.1

伏せられた史実の典型例は、明治時代における竹島=独島の放棄である。
http://www.han.org/a/half-moon/hm095.html#No.698

投稿日時 - 2008-02-08 18:33:08

あなたにオススメの質問