こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

創価学会と日蓮大聖人

私の兄弟は、学会信者多く公布の大事さ等を、教えられてきましたが。今、日蓮正宗と名のらずに、何故あえて創価学会なのですか御尊師の、悪行は、聖教新聞等で、知っておりますが、批判等は、よく見ます。しかしながら。公布の大事さ南無妙法蓮華経は、日蓮大聖人以降変わって無いです。大乗仏教でもありますし、学会葬、友人葬とも言いますが、
こうゆう考えは、学会員から、出た物ですよね。私は福子としてこの世に、生を受けました。今創価学会は、池田先生を、拝んでいるのですか、ご本尊を、拝んでいるのですか?
ご教授賜りたいです。

投稿日時 - 2008-02-11 03:21:11

QNo.3764493

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.9

創価学会が池田名誉会長を拝むことはありません。
御本尊に対して祈っています。
今は日蓮正宗の在家信徒ではないので日蓮正宗を名乗りません。
教義的にも日蓮正宗がおかしなことになってしまったので、もはや“日蓮正宗”でもありませんし。

友人葬についてですが、本来、葬儀に僧侶が必要などということはありません。葬式仏教の商売の道具として伝統的になってしまっただけの話で、釈迦の説法にも日蓮大聖人の教義にも坊さんに来てもらわないといけないなんて説かれていません。成仏といっても生前の生き方にかかっているのであって、僧侶に来てもらわないと成仏しないという道理もありません。

また、他の回答で御本尊がコピーだとかなんだとかという話がありますが、御本尊に功徳があるかどうかはコピーかどうかではなく、信心の血脈があるかどうかです。戸田会長の発言は血脈についての発言と推察されます。

あと、いちいち回答するまでもありませんが、NO.8さんへの回答です。名誉会長が強姦したなどというデマ事件は最高裁で「100万件に1件あるかないかの訴権の濫用」と厳しく断罪されています。

投稿日時 - 2008-03-17 14:57:40

ANo.8

池田大作の強姦事件は、その後どうなりましたか。池田大作は女を強姦しておいて、責任を取らないのですか。

投稿日時 - 2008-02-17 16:43:52

ANo.7

学会にしろ正宗にしろ排他的で攻撃的と一般人(無宗教者含む)には思われていますし異常な感じがします(ごめんなさい)信仰は自由ですが折伏という行為は他のものには迷惑千万です!私は一人でも多くこのような信仰は止めて真面目に働いて欲しいですし普通に皆さん結婚してほしいです!ちなみに私は相手が正宗と知らず結婚し離婚しました。

投稿日時 - 2008-02-13 09:35:24

ANo.6

 創価学会はもともとは日蓮正宗創価学会でしたが、平成3年11月28日に日蓮正宗に破門されました。その後、平成9年9月30日に日蓮正宗の「宗規」が一部改正され「本宗の壇信徒が本宗以外の宗教団体に所属したときは、その資格を喪失し除籍される」ことから、創価学会員は日蓮正宗信徒ではなくなりました。なので、法律で考えると、日蓮正宗とは名のれないのです。

 学会葬 友人葬は 日蓮正宗に破門されてから後に誕生した学会流お葬式です。

 現在も創価学会員が拝んでいるのはご本尊でしょうが、そのご本尊のほとんどが日寛上人のご本尊のコピーです。日寛上人がご本尊にしたためられた授与書きを抹消し、ご本尊の御文字を改ざんしたもののコピーです。ちなみに授与書きというのは 誰に授けたかを示すものです。信徒の集まりである創価学会が、破門後、作り出した本尊を拝んでいるというのが現状です。

 「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしようもない。だから、仏立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。魔性の力が入っているだからコワイ」(戸田城聖発言
 大白蓮華 昭和34年7月号9ページ)


 戸田先生まではまともに信心していましたが、池田先生になってから、教義が変わってきたのは事実ですね。

 昭和52年に池田先生が教義逸脱し、お詫び登山をしたことはご存知でしょうか。「教義逸脱問題」で、多数の脱会者がでたのです。
ちなみに、私は、その時に脱会しました。私も福子です。それ以前も、その時も、現在も何の変わりもなく、朝晩の勤行、御本尊を拝んでいます。日蓮正宗は 創価学会には かなり批判されますが、今も昔も何も変わらない教義で、変わらない修行で、当然、公布の大事さを心得ているつもりです。

投稿日時 - 2008-02-12 22:04:28

ANo.4

国語のカテゴリーとは関係ないような気がしますが、
質問者さんの文章は句読点の使い方が変ですよ。

創価学会は日蓮正宗の信徒団体の一つです。日蓮正宗の本山ではない。
その信徒団体が強くなりすぎて本山と対立し、本山から破門された形になっています。
で、葬儀も日蓮正宗の寺院ではなく創価学会の会館などで学会葬や友人葬の形を取る。

学会員が拝んでいるのは、南無妙法蓮華経の題目を書いた本尊(板や紙)でしょう。
池田大作を拝んでいるわけではないとは思いますが、会員にとって池田大作は
宗祖“本仏日蓮”の次に偉大な存在ではないかと、傍目にはそう思えます。

創価学会員はよく自分滝の信仰は大乗仏教で、他宗派を小乗仏教云々と非難します。
しかし、中国を経て日本に伝来した仏教は大乗仏教であって、上座部仏教ではないはず。
また、小乗仏教という呼び方は大乗仏教側が上座部仏教側を蔑視した表現です。
史学的にも宗教上も使うべきではないとされているはず。
いまだに小乗云々と言い続けているのですかね。

投稿日時 - 2008-02-11 22:19:39

補足

句読点の使い方までご教授願えましたら、うれしいです
御尊氏とは敬い尊ぶ方と聞いております
一連のご教授ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-12 01:13:30

ANo.3

補足願います。

以前、某教団に属した経験のある者として、創価学会には大きな関心を持っております。
(1)「御尊師」とはどなたのことですか。
(2)「公布」の意味
(3)創価学会の「本尊」仏の名称を聞かせて下さい。
(4)池田大作名誉会長(?)の国籍をご存知でしたら教えて下さい。

投稿日時 - 2008-02-11 18:07:45

ANo.2

参考1.創価学会:ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A
参考2.日蓮正宗:ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE%E6%AD%A3%E5%AE%97
・上記の創価学会と日蓮正宗の関係を参照して下さい

参考3.日蓮正宗大石寺HP
http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/index_j.htm
 (関連項目→創価学会関係の日蓮正宗と創価学会との関係に付いてを参照して下さい)
参考4.創価学会HP
 直接、日蓮正宗との関係に付いて記述したページはありません
 創価学会の沿革・歴史等にも登場しません
 下記に、日顕宗(創価学会の日蓮正宗大石寺の現在の呼称)としては
http://www.sokanet.jp/sg/sn/Member/NewMember/1161307247754?key1=%E5%84%80%E5%85%B8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6&key2=1
http://www.sokanet.jp/sg/sn/Member/NewMember/1162305250380?key1=%E5%84%80%E5%85%B8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6&key2=1
http://www.sokanet.jp/sg/sn/Member/NewMember/1161307247784?key1=%E5%84%80%E5%85%B8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6&key2=1
 上記の記載はあります

・創価学会は、戦後、戸田理事長により日蓮正宗創価学会として、日蓮正宗の講(信徒の集まり)の一つとして再発足しています
・その後、会(創価学会)の拡大と同時に、日蓮正宗に寄進を多く行い、地方の末寺の整備、本山大石寺の整備(大客殿・正本堂等)を行なってきました、その他、登山等で大石寺に年間に渡り参集していました
・その寄進(貢献)、会員数(創価学会)等により、法華講総講頭(全ての講の代表)に第三代会長(池田大作)が就いたりして、蜜月月状態が続いていました
・その後、日蓮正宗が創価学会を破門する事になるのですが
 要因としては、
  創価学会>日蓮正宗 の様になって行った事・・主導権
  創価学会の教義逸脱が本山の許容範囲を超えた事・・池田本仏論等
  本山が創価学会以外の講の信徒で、本山を維持できる(財政的に独立可能)状態になっていた事により、
  等により時の日顕法主(前法主)が、創価学会の破門を通告する事になります
・それ以外にも理由は有りますが、以上は個人的な意見として、参考程度にして下さい

投稿日時 - 2008-02-11 06:40:26

ANo.1

えー。あまり信仰の深くないニ世の学会員です。

『こうゆう考え』というのが何処まで指すかが微妙だと思いますが、小乗教や大乗教は昔から言われていると思います。
意味的には下の内容です。
小乗教‥小部分の人をある期間中だけ救える教え。釈迦12年間の教え。
大乗教‥あらゆる多数の人を長い間に救える教え。

友人装自体は学会から始まっているかも知れませんが、日蓮大聖人の考え方が基本です。
拝んでいるのは、あくまで本尊であり、日蓮大聖人が表した本尊を拝んでいます。池田先生ではないです。

すごく簡単に書いていますが、宗教の細かい部分やいきさつ等、あまり勉強していない私では上手く書くことが出来ません。
たぶん会合とかに出れば教学の深い人もいるので、そちらに聞いてもらう方が間違いが無くて良いと思います。
聞くのが難しければ、本とかもたくさん出ていますので、読んでもらえれば良いと思います。

投稿日時 - 2008-02-11 04:35:03

あなたにオススメの質問