こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病の再発とアルコール依存について

以前「ルボックス、デパスをやめました」というタイトルで質問した者です。お酒と薬を止め、病院へも通わず働いておりましたが、また「うつ病」と診断される前のような状態になってしまいました。今でも泣き止まず、顔と頭が痛い状態です。
お酒は半年以上飲んでいません。特に飲みたいとも思いません。薬も飲みたくはありません。ただ仕事について、忙しくなってくることが明白なのに、それに対応できる自信がなく、実際に仕事のピークの4月になってからギブアップするより、今のうちにギブアップした方が会社に迷惑にならないのではないか?と思い悩んでいます。
かといって、仕事を辞める判断もすぐにはつかず、病院にかかろうにも、引っ越して現住所に来てからかかってみた病院の印象が悪かったせいか、探す気力がありません。
何を質問したいかわからなくなってきました。まとめてみます。
質問1、アルコールをやめたのにうつ状態になったということは、アルコール起因の精神障害ではなかったということでしょうか?
質問2、アルコール起因でなかったとしたら、双極性障害の可能性があると言われたことがあるのですが、精神科にかかった方がやはりいいのでしょうか?


 

投稿日時 - 2008-02-14 00:29:04

QNo.3773820

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

前回のご質問も拝見しました。
……ずいぶんひどい医師にあたってしまったんですね。

●アルコールと精神疾患の問題
 本当にアルコール依存症だったのであれば、前回の医師の治療を
 途中で打ち切っていますから、アルコール依存症も改善されず、
 飲みたいという欲望や衝動が抑えきれずに、今でも飲酒を
 繰り返してしまっているはずです。また、抑うつ状態のほかにも
 断酒したことによる離脱症状(禁断症状)がいろいろ出るはずです。
 例えば、手の震え、発汗、不眠、幻覚、イライラなどです。
 下記に診断基準や症状の特徴がありますが、当てはまりますか?
 違うようなら、前回の医師が適当なことを言っていた可能性が大です。
http://www.sapporo-ohta.or.jp/ohta/C/C-1.htm
http://www.sapporo-ohta.or.jp/ohta/C/C-5.htm

●双極性障害
 心療内科は、本来、心因性とされる身体の病気(胃潰瘍、
 過敏性大腸症候群など)を心身両面からみていくところです。
 双極性障害はものごとの受け止め方や考え方がきちんとできず、
 そのことでただただつらくなってしまうこころの問題なので、
 精神科のほうが適切なケアをしてくれます。ただ、最近では
 心療内科と精神科両方の看板を掲げているところも増えてます。

仕事は確かにつらいとは思いますが、いきなり退職しなくても
休職という手段もあるんですよ。しっかりした医師に診断書を
書いていただき、会社と話し合いをすれば、休職の道を医師も会社も
さぐっていただけます。

ひどい病院にあたった不信感やショックが残ってしまったのは
とてもお気の毒なことだと思います。でも、だからと言って
今のつらさを放置してしまっても、結局体調が良くなったり
悪くなったりの繰り返しで、ますますつらくなりませんか?
体調がつらくなればなるほど、仕事も日常生活もつらくなり、
そのうち社会人としての生活や人間関係そのものも
厳しいものになってしまうのではないかと、気になります。

そこで提案ですが、自力でお探しになるのも大変だと思いますので、
病院をいきなり探す前に、まずは自治体の精神保健福祉センターに
一言相談してみませんか? とりあえずお話をじっくり聴いて
いただけますし、あなたに会った病院を紹介してくださることも可能です。

#2の方の回答だと、年配の医師や大きな病院が悪いように
言われていますが、年配の医師でも勉強熱心な人は学会などで
常に新しい治療法や知識をどんどん取り入れてますし、設備が整った
大病院のほうが、問題によっては特別な療法やデイケア、入院設備
などの面で適切なこともあります
(ということで、#2の方の回答は専門家のものとは思えません)。

あなたの気持ちに寄り添い、適切な対応をしてくださる熱心な医師は
世の中に必ずいます。前回のような病院が全てではないんですよ。
泣きたい気持ちをとりあえずやわらげるだけでも、
精神保健福祉センターで気持ちを整理してみませんか?

投稿日時 - 2008-02-14 18:43:33

補足

回答とアドバイスありがとうございました。アルコールと精神疾患に関して、関連サイトを教えていただきありがとうごかいました。判断基準等見てみましたが、あまり当てはまらないようです。2つ目のリンクで黄信号には該当するようなので危険ではあったようですが・・・。それだけが原因とは自分でも思えません。精神保健福祉センターをインターネットで検索してみましたが、私が住んでいるところからはかなり遠方で簡単には行けない場所にしかないようで残念です。何とか気力をふりしぼって病院を探してみます。

投稿日時 - 2008-02-14 22:24:58

お礼

今日病院へ行ってきました。話も聞いてもらえましたし、別の薬も処方してもらいました。診療後は疲れましたが、薬を飲んだ後は頭痛もとれ、少し楽になりました。今度は良くなるまで通ってみようと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-15 21:41:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

投薬治療を、継続していなかったのが最大の理由だと思います。

是非、専門医にご相談なさってください。50代以上の専門医だと、そもそも、このような分野を研究していない限り、学部・医局での経験なければ、いい治療法がわからないのではないかと思います。総合病院や、大学病院ほど、勘違いな治療を受ける可能性がありますよ。

その地域で、専門医療をなさっている病院のドクターにご相談することをおすすめします。

投稿日時 - 2008-02-14 11:46:37

補足

回答ありがとうございます。そうですね、薬を勝手にやめたのには不安がありました。やはり心療内科よりは精神・神経科を標榜している病院のを受診した方がいいのですよね?

投稿日時 - 2008-02-14 21:25:35

お礼

今日病院へ行ってきました。専門医だと思いますが、話はちゃんと聞いてくれましたし、以前双極性の疑いがあるといわれたことやアルコールのせいと決め付けられたことを伝えましたが、それに偏った診療ではなかったと思います。今度は良くなるまで通ってみようと思います。

投稿日時 - 2008-02-15 21:32:44

ANo.1

私も以前鬱病を患いました~(現在も通院中)。率直に答えます。早めに受診したほうがいいですよ。あなたと同じように私も通院や服薬を勝手にやめ、日常生活に戻り無理をしてしまい回復するまでにかなり時間もかかり、自分で何をしているかも分からなくなり入院することも何回かありました。 ご自分でももう分かっていると思いますがどうか早めに受診して下さい。

投稿日時 - 2008-02-14 00:57:20

補足

回答ありがとうございます。病院を受診した方がいいのだろうとは思っているのですが、どうも嫌や思い出があるし、薬も効かなかったような気がするので、かからない方が楽かな、との迷いがありました。
勇気を出して病院を探してみようと思います。

投稿日時 - 2008-02-14 21:21:32

お礼

今日、病院へ行ってきました。以前もらっていたのとは違う薬を処方してもらい、疲れましたが薬を飲んだら頭痛はとれ楽になりました。今度はちゃんと良くなるまで薬を飲み続けたいと思います。

投稿日時 - 2008-02-15 21:28:26

あなたにオススメの質問