こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SDSPAGEでゲルを調整しようと考えたのですが

分離用のポリアクリルアミドゲルでは
(30%アクリルアミド、0.2%BIS)
濃縮用のポリアクリルアミドゲルでは
(30%アクリルアミド、0.8%BIS)
と指標が決められており、その濃度に依存した各成分を計量し合成
していきます。
今回質問したのは、なぜ、分離用と濃縮用でBISの濃度が違うのか?
また濃縮用のポリアクリルアミドゲルを100ml作るとした場合、
アクリルアミド29.2g
BIS       0.8g
を混合し、その後100mlになるまで蒸留水を加える
と考えるようにした場合、
分離用のポリアクリルアミドゲルでは、100ml作る場合、
アクリルアミド29.8g
BIS       0.2g
を混合し、その後100mlになるまで蒸留水を加える
という考えでよろしいのでしょうか?

投稿日時 - 2008-02-14 01:13:54

QNo.3773918

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

略称が理解できないですが、一般的には30%アクリルアミドという表現はアクリルアミドの30質量%水溶液を意味しているのではないでしょうか。即ち、分離用を100ml作るとすると比重を仮に1とした場合、100g作ることになりますが(gで考えた方が簡単なので・・・)、30%アクリルアミド水溶液98.8gとBIS0.2gを混合すると解釈したらいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2008-02-14 23:39:52

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問