こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小遣い制は嫌なようです。

お世話になります。結婚して1年足らずの専業主婦です。
現在、夫の給料から生活費をもらっています。
(主に食費(外食含)、日用品、医療費、美容費、雑費分です)
夫の口座からは家賃、水道光熱費、携帯代、貯金・・・等の引き落としのもの、
残ったものが夫の昼食代含めた小遣いという形になります(5万位)
残業代がないので毎月の収入にほとんど大きな変動はありません。
また、ボーナスでは生活費としてはもらってません。
貯金と夫の口座に残ります(車関係、冠婚葬祭、帰省などに充てる分です)。

家計は1人が管理した方がいいと、こちらの別のカテゴリで拝見したので、
夫に家計の管理を任せて欲しいと言ったら、断られました。

夫の言い分としては、
・小遣い制は嫌だ(急な出費に対応できない)
・私に生活費を渡しているが、全体を管理している。
 
私の言い分としては、
・小遣い制の方が無駄が省け、貯蓄などに回せる。
・管理しているようには見えない。夫の毎月の支出が曖昧。

公共料金は夏と冬では倍くらい違ったりしますよね。
そういう時は単純に夏は夫のこづかい分が多くなり、冬は少なくなるという事になります。

そんな細かい所もそうですが、あやふやな気がしてなりません。
小遣い制って自分の働いたお金をとられる?みたいで嫌なのでしょうか?
毎月決まった額さえ貯金していれば、後はさほど気にする事もないですか?
前はこうだったけど、この方が効率がいいよとか、
家計管理はどのようにしているか教えて嬉しいです。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-02-22 10:43:01

QNo.3798682

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

結婚して10数年目の主婦で、子供はおらず、ほぼ専業主婦状態です。まず「小遣い」以外の表現を。言い方ひとつですぐには何も変わりませんが、これから長い間に変わる可能性もあるわけで、少しでも可能性を伸ばしたほうがいいですよね。「(わたしの、あなたの)個人費」とか、何か別の呼び名にしてみる。ちなみに私は家計簿つけたり家計の話をするときは自分の経費(こづかい)を「○○費(自分のニックネーム)」と呼んでます。中身はまるきり小遣い制なんだけれども、「それぞれの個人経費の枠を毎月決めておくやり方」とかなんでもいいので、事務的な言い方に切りかえる。

定額だと急な出費に対応できないというご主人の理屈だと、それならば生活費のほうがよっぽど幅広いので、定額の給料ではやっていけないし、小遣い管理もできない人が、大きな管理をできるわけがありません。

これは小遣いとは直接関係ありませんが、私は長いこと難しかった「突然の赤字」のわかりやすい処理の仕方を解決しやすい方法をやっと見つけました。最初からやってらっしゃる方もいると思いますが、最初から、家計費とは別の、5万なり10万なりの現金を家に置いておくこと。もちろんこれは、あると使ってしまう人にはむかないことですが、私は「頭の中や家計簿上の混乱・わかりにくさ」を解消したかった人なので。

半年スパンか一年スパンで、5万か10万の予備資金をおいておき、冠婚葬祭で急にお金を包まなくてはならないとか、予定外の支出があるときはATMからではなくそこから出し、封筒に金額と項目と日付を入れておく。あとで家計から補填できればすればいいし、だめならそのままで、期限がきたら精算すればいいんです。

これを小遣いに応用するなら、ご主人に正当な理由があるピンチ時なら、いつでもその緊急費用から渡してあげる、ということにする。もしくは普通預金口座に必ず、予算外に10万多く残しておくから、どちらでも正当な理由があればおろせるようにしておく。ただし後で必ず(どちらも)相手に説明をすること。

お金にだらしなさすぎる人なら別ですが、この「万一のときの余裕分」を認めてあげていると、いつも自分ばかり取り崩しでは格好も悪いし気がとがめるので、安定したらあてにはしなくなってきます。それから、「枠が無いよりはあるほうが共同生活の中ではやりやすいから、『とりあえず』次のボーナスまで『試験的に』やってみない?」という言い方ではどうでしょう。つまりいろいろやって最善のものを採用するのだと。「やらないのに無理もないでしょう?うちに合わなければやめればいいじゃない。」と。我が家も最初はそんなんではじまりました。

それから、家計をあなたにまかしてもらうなら、「好き勝手にしたいわけじゃないから、毎週報告するわ」と言うのはどうでしょう?実際、私は土曜日スタートの金曜じめにして、ほぼ定額に出るものは忙しければ出しませんが、大きなもの、例外的な買い物や、時間があったときは食費の消化ペースをつかみ、土曜日の朝、夫に報告してます。

・1週間で全部でいくら使ったか ・残金はいくら ・1ヶ月を5週に割って考えると、進み具合はどんなか(例えば2週目だけど半分使ったので後半はやや引き締めるつもりとか) ・食費なら残金から計算すると、今週使える分は何千円、それを日割りするといくら。
気をつけたほうがいいのは、家計簿そのまま見せても、細かくて混乱しやすく奥さん側の自己満足でしかなかったりするので、夫が「なるほどそんな感じか」と、よーくわかったと思えるようなシンプルで必要なことだけを、別にわざわざ抜き出して書くぐらいのほうがいいかもです。口頭でもダメです。

そのまま休日の買出しにいきますので、夫にも進捗状況がわかる分、二人で買い物の意見が割れたりはしませんし。結婚暦が長いので既に信頼はされてますが、私は相手に報告してる分、不安がないし、夫からみても家計の現状がリアルにつかめてよいようです。

投稿日時 - 2008-02-22 11:49:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
「万一のときの余裕分」を認めるですか。なるほど~と思いました☆
ボーナスからでも夫の口座に10万位余分に置いておく方法はいいですね。
急な出費とは出張だったり、後輩へ奢る飲み会を指しているようですが、今までもほとんどないので10万あれば十分だと思います。
妻には日常の生活費○○万円渡し(その中で妻が家計簿をつけようが興味なし)、全体的には自分が家計を管理しているという状態が理想のようです。
そういった考えが根本にあるので難しいのですが、
「小遣い」という表現をやめてまた様子をみてチャレンジしたいと思います。

投稿日時 - 2008-02-22 15:47:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

我が家も夫が管理しています。

夫としては質問者様のご主人と同じような意見ですね。

ただ少しニュアンスが違うかなぁと思うのは、我が夫は性格的にキッチリ細かい人なので、浪費があるわけでもなく、セコいわけでもないかな。
私よりしっかりしてるので、安心です。

>小遣い制って自分の働いたお金をとられる?みたいで嫌なのでしょうか?

響きとしてはそのようですね。
でも、私自身が
「夫が稼いできたのだから、そこから私が頂くって考えで良い」
ので、コレ自体に何もギモンも不満もありませんが。

何の解決にもならずごめんなさい。

投稿日時 - 2008-02-22 18:05:39

お礼

回答ありがとうございます。
キッチリ細かい人であれば安心してお任せですね。
けして浪費家ではないですが、全く細かくありません。
1ヶ月の全体の支出が私には分からないのが不満なんです・・・。
まぁマイナスになるって事はないんでしょうが、分かりません。
もっとオープンにしてもらえればいいんですけれどね。

投稿日時 - 2008-02-23 16:19:00

あなたにオススメの質問