こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

居住用財産に係る譲渡所得の3,000万円の特別控除

「居住用の家屋やその敷地を売った場合の譲渡所得(利益)から
最高3,000万円までの特別控除が受けられます。
そのため、譲渡所得が3,000万円以下であれば税金がかかりません。」

という文面を読んで解からないことがあるので教えて下さい。

上の文面の「居住用の家屋やその敷地」でいう、その敷地とは、
現に自分が居住している状態の敷地をいうのでしょうか?

田を一千万ほどで売却して、そこを農地転用して宅地にし、
第三者に売却してその方が家を建てて居住用となるわけです。
通常の手続きでいけば長期一般で国税15%と地方税5%かかる
のですが、この、「居住用財産に係る譲渡所得の
3,000万円の特別控除特別控除」は受けられませんか?

投稿日時 - 2008-02-22 21:23:11

QNo.3800317

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

3,000万円の特別控除を受けることはできません。
3,000万円の特別控除を受けるためには、売った時点で「田」ではなく、宅地であり、その土地に家が建っていて、その家に住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売ることが条件です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm

投稿日時 - 2008-02-22 21:41:13

お礼

よく解かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-22 22:06:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問