こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

謝礼について/交際費課税

保険の販売代理店を営んでいます。

今期の決算で利益が出そうなので、計上できる経費を考えているのですが、お客様にちょっとしたお礼として配る商品券の購入を考えています。1000円券を100枚程度購入しておき、3000円又は5000円程度を必要に応じてお礼としてお客さんに渡す予定です。

この金額は交際費として計上しないといけないでしょうか?
できれば販促費として計上したいと考えています。
期末には在庫として残らないものと考えています。

また、他に経費として計上できる可能性のあるものはありますでしょうか?

投稿日時 - 2008-02-25 06:13:18

QNo.3807518

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 交際費として計上しないといけないでしょうか?
> できれば販促費として計上したいと考えています。
販売促進費で問題ないと思います。
「いま加入すると商品券プレゼント」
このようなキャンペーンをしたということで計上します。

もし、定常的にお付き合いのある顧客に無条件であげれば交際費ですね。
税務署に聞かれたら商品券をお渡しした条件は、
保険の加入のタイミングでお渡しと明確に言えばいいだけです。
販促費との大きな違いは、交際費になると10%課税になることです。

> また、他に経費として計上できる可能性のあるものはありますでしょうか?
必用であれば、営業車を買うとか、電動自転車を買うのもいいですね。
ただ、この手はあまり高いものだと償却資産になります。
その他、従業員にボーナスを出したり、社員旅行に行くのも手です。
高額経費でも当期で全て落とせる広告宣伝費もあります。
雑誌広告やバス車内のステッカーはお手頃価格です。

投稿日時 - 2008-02-25 06:54:28

お礼

intercityさんありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。「いま加入すると商品券プレゼント」というキャンペーン的なもは業法上だめなようです。
30万までの資産等の購入や広告宣伝費を計上し、節税しようと考えています、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-28 01:46:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

税務は実質で判断されます。
従前より配布していた事実があるのであれば販促費という名目も立つでしょうが、決算が迫っているときに急にお礼をしたと言っても販促費で通る可能性は低いです。 お礼=交際費と見做されるでしょう。

1000円券を100枚程度ということは10万円ほどですが、手っ取り早く、30万円未満の特例を利用してパソコンなどの備品を購入されたらどうですか。

投稿日時 - 2008-02-25 10:41:57

ANo.1

金券はお金と変わりありません。交際費になります。名入れのボールペン等であれば販促品として宣伝費計上が可能です。

投稿日時 - 2008-02-25 06:47:28

あなたにオススメの質問