こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「回答者への逆質問」と「議論」 →両者の線引きは?

ここでは「議論目的」の投稿が禁止されています。

当初の質問投稿そのものが、議論目的ではなくても、
運営側が、途中で議論目的に発展したと見なせば、
該当箇所が削除される場合もあると思います。

【質問1】
「議論に発展した」と判断される客観的な基準は、
明示されたルールとして、存在するのでしょうか?
ご存知の方は、ご教示願います。

【質問2】
明らかな嫌がらせ・挑発目的の回答に関しては、
無視をしたり、運営側に連絡すれば良いのですが、

 (A)回答者の勘違い・無知が原因なのか、
 (B)初めから挑発目的の回答なのか、

回答を受け取った側として、区別が付かない場合、
質問者側から、当該回答者へ逆質問を行うなどの、
『確認行為』をする事は、認められるのでしょうか?


【質問2-補足】
わかりにくいという方の為に、例を作ります。

仮に、『満員電車での賢い過ごし方を教えて!』
というような質問を投稿したとします。その際、

「(電車内で)男女が偶然ぶつかり合った場合、
 それが、女性側にとって不快な出来事である為、
 男性の方が、痴漢で逮捕されても仕方がない。」

などと言う、アホな回答者が仮に現れたとしたら、
質問者側が、その補足・お礼欄を利用して、

「痴漢行為とは、一体何か?」
「その言葉の意味(定義)を、ご存知か?」

というように、回答者に逆質問をする行為が、
 (X)確認行為として、認められるのか?
 (Y)議論と見なされ、削除対象となるのか?
ということです。

※相手に悪意があると言い切れない場合、確認の為、
 逆質問を行う事も、時に必要だと思います。

投稿日時 - 2008-02-26 23:25:01

QNo.3813033

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.2合わせて書きます。

少なくとも、利用規約には明確に書いていないですね。
「議論」が何かとは、明確になっていないと思います。

自分の経験上、「内容」よりも「回数」で削除されることが多いような気がします。

例を借りれば「痴漢行為とは、一体何か?」というお礼欄の質問に、再度回答がつく。
そのお礼にも「こういう場合もある。それはどう考える?」的な質問をし、さらにそれに対する回答があり、それにもさらに質問を…。

と、回数が多くなってくると、削除されやすい傾向にある気がします。
また、全員の回答者に対して「こういう場合もある。それはどう考える?」とお礼するような「回数」でも削除されやすい傾向がある気がします。


もちろんあからさまに議論を吹っかけているように見えるもの、例えば「私はそうは思いません!回答者さんの意見には反対です。○○ってこともあるじゃないですか!?」みたいなのは一回でも削除されるし、技術的な質問で「すいません、ここの意味がよくわからなかったので、そこも教えてください。何度もすみません」みたいなのは回数が多くても削除はされないと思います。

ただ、そうでないものは、質問者様の仰るとおり、「議論」と「確認」の線引きはとても難しいので、回数を一つの目安にしているのではないかと思います。
あくまで目安だと思いますが。

投稿日時 - 2008-02-27 00:08:28

お礼

ご回答ありがとうございます。

>「議論」が何かとは、明確になっていないと思います。

議論は禁止されているようですが、
議論の定義はなかったように、私も思います。

>「内容」よりも「回数」で削除されることが多いような気がします。

回数ですか。そうなると結構難しいですよね。
少ないやりとりで、相手を見抜く事が必要となります。

ところで、下のようなやりとりを以前見た記憶があります。

どこかのカテゴリで、ある質問主の方が、
支離滅裂な回答者に、確認する逆質問をした際、
相手が、次々と話の論点をごまかしていったのです。

その回答者が、最初と途中で、発言が矛盾していたので、
そこの質問者が、どちらが正しいのか確認をしたところ、
今度は、表面上の文面だけが似通った、
全く違う話にすり替え、質問者を煙に巻こうとしました。
一種の“ペテン師”のような言動でしたね。

しかし、質問側はそこで見抜いたのか、そのケースでは、
『これ以上エスカレートすると、議論になる。
 ここであなたと議論するつもりは全くない。』
と、4度目辺りの回答で、短いお礼を書いて終了しました。

これはある意味、賢いやり方だったのかも知れません。
回答者側は、勢いで乗り切ったつもりになっていても、
見る人が見れば、そういう人の低脳ぶりが明白になります。
(もちろん、回答者を攻撃するのが目的ではないが。)

ただ、悪意あって故意に、
・質問者に嫌がらせをしているのか、
・単に感情的になっているのか、
・論理的思考が欠落しているのか、
見ただけでは、知る由もありません。

つまり、質問者側の対応としては、回答者とやりとりして、
大多数の人の目から見て、明らかに変な回答者であると、
わかる状態になった時点で、話を打ち切るというのが、
周囲から誤解されない、賢いやり方なのかも知れません。

#4補足に書いたように、最初から完全な無視をすると、
「気に食わない回答に、お礼をしない問題性格者である。」
というレッテルを貼られてしまう可能性もありますので。

ただし、実際のところ、運営側の考えはわかりません。
そこが問題です。
そのケースでは、たまたま削除されなかったという
可能性も捨て切れません。

こういうケースを見て、3,4回であれば問題ないのかな、
とも思いましたが、実際悩むところであります・・・。

投稿日時 - 2008-02-29 11:24:23

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

【回答1】
規約をすみずみまで見たことはないので分かりません。
明文化しても人により解釈がばらばらになるので意味がない気がします。

【回答2】
挑発的な文章だと議論を誘導していると取られるかもしれません。

【回答2-補足】
> 「痴漢行為とは、一体何か?」
> 「その言葉の意味(定義)を、ご存知か?」
この文面そのままでは文脈次第では危ないと感じます。
#4さんへの補足も意見表明のようにも見えます。
(補足以上の内容を書いているようにも見える)

投稿日時 - 2008-02-28 22:27:06

補足

#4補足について、更に補完します。

A,【当質問の目的】
質問者が、安心して当サイトを利用するため、
万一、自身の質問に対し、常軌を逸した回答がついた場合に、
質問者側が悪者にされる事なしに、対応する手段について、
サイトの一利用者としての立場から探ることである。

B,【質問文の本旨】
質問者側から回答者側へ、回答目的の確認を行うべく、
逆質問をすることが、違反行為になるのか否か?
 ⇒なお、逆質問とは、常軌を逸した回答がついた場合に、
 ・回答者による故意の嫌がらせであるのか、
 ・回答者の無知や勘違いによるものなのか、
 いずれかを明らかにする為に、行うものである。

C,【#4補足の主旨】
上記《当質問の目的》(=問題の解決)を達成するべく、
上記《質問文の本旨》では説明し切れなかった質問の意図を、
回答者4氏に対し、追加的に説明する為のものである。


>#4さんへの補足も意見表明のようにも見えます。
>(補足以上の内容を書いているようにも見える)

具体的にどの場所を指しているのかは不明ですが、
《#4補足の主旨》につては、先述の通り、
質問目的の達成手段として、理に適っている筈であります。

つまり、#4補足については、
【要旨部分】 1~3,6~8,13~14,17~24行目
<X>  9~12行目 → 補足的に社会背景を説明
<Y>  4,5,15、16行目 →おまけ
と考えて頂ければいいと思います。

もちろん、 <X>部分 と <Y>部分 のように、
要旨以外にも “肉付け” をしたのは確かではあるが、
とりわけ、 <Y> の “おまけ” については、
「◎印」を付す事により、補足の本旨ではないことを、
私は明らかにしたつもりであります。

※少々書き方が下品だったことについては、
 お詫びしなければならないかも知れない。

[1] 全体の一部である細かい文章は、本質ではない。
  (⇒樹に例えると、枝や葉の部分)

[2] 重要なのは、補足などの一文章の全体、あるいは、
   質問全体の目的と要旨である。
  (⇒樹に例えると、根や幹の部分)

※もちろん、[1]も全く重要でないとは言えないが、
 読者の印象に残す為、ほんの少しのユーモアはいいかと。

このように『大局的』な視点で考えていただきたいのですが、
いかがなものでしょうか?

投稿日時 - 2008-02-29 08:09:29

お礼

上記補足の末尾部分についてですが、
『文章というのは、全体の流れにその命がある。』
という意味です。

これは、#4補足で説明した「揚げ足取り」にも関連します。
回答者による質問者への枝葉末節な「揚げ足取り」についても、
故意の嫌がらせなのか否か、なかなか簡単に判断できませんが、
質問(相談)を行うに当たって、また一つの困った問題です。

なお、「揚げ足取り」については、質問が煩雑にならないよう、
今回の質問本文では触れませんでした。

さて、本題。

>明文化しても人により解釈がばらばらになるので意味がない気がします。

それはその通りで、解釈は人によって異なるでしょう。
最近、「禁止事項」が新しくなったようですね。

運営側も、杓子定規にはいかないのかも知れませんね。
否、杓子定規になると、私も利用者としてやりづらいと思います。
他利用者とのコミュニケーションも取りにくくなるし。
(コミュニケーションが第一目的でないのは承知ですが。)

ただ、質問本文で挙げたような変な回答や、
「揚げ足取り」と思われる回答が付いた場合、
私も対応に困ると思います。
完全無視はしづらいというのが本音です。

#4補足で説明しましたように、
変な回答を無視した際に、その事に対する批判が、
他の回答者による回答文の一部に添えられていたら、
どうすればいいのでしょうね。

そのような質問者への人格批判が付くことにより、
(特に、人間関係の悩み相談でよく見られる。)
回答数が減ってしまう可能性も考えられないでしょうか。
他の利用者が、その批判に流されてしまう事もあり得ます。

※#4補足で、大衆云々という例を挙げたのはそのためです。

「それも無視しろ。」「徹底的に無視を突き通せ。」
と言われれば、それまでですが。

>> 「痴漢行為とは、一体何か?」
>> 「その言葉の意味(定義)を、ご存知か?」
>この文面そのままでは文脈次第では危ないと感じます。

わかりやすいよう、あえて端的な表現にしました。
表現次第では問題ないという事でしょうか。

いずれにせよ、質問本文で挙げた「逆質問」の是非や、
ご指摘の#4補足内容の是非、その他について、
やはり、運営側に電子メールで今度聞いてみようと思います。
私もサイト利用に当たって苦慮する事が、最近あります。

ご回答どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-29 09:19:01

ANo.4

このサイトは
(1) 真理の追求
のためにあるのですよね。冷静な立場で、再質問を出すことは結構だと思いますよ。ところが(私もそうですが)、
(2) 相手の誤りや失礼をとがめたい。相手を説得したい。
という気持がどうしても湧いてしまいます。
形の上では似ていても、(1)(2)のどちらであるか、ほとんどの場合、読んだ感じで分かるものです。発信する前に、少し時間をおいて、頭を冷やしてみることです。
「あなた、痴漢の定義が分かっているのですか?」などという発言は、(2)のように思われます。「アホな発言」と思ったら、以後無視するのが最善です。

投稿日時 - 2008-02-28 10:14:22

補足

いえ、実のところは、最初から無視してもいいのでしょう。
「ご回答ありがとうございます」の一言で終えるのです。

しかしそれでは、 “一見まともに見える” 他の回答者が、
“鬼の首を取ったような顔” でもしながらか、

※実際にその顔が見えないのが、実に残念である。w

「自分の気に食わない発言に丁寧なお礼をしないのは、
 人間が出来ていない。質問以前に問題があるからだ。」

などと断罪して来る事が、経験上想像に難くありません。

“エセエリート” に多く見られ、 “バカな大衆” が騙されます。
特にニホンジンは、こういう戦術的な「揚げ足取り」が大好きで、
傍らで聞いている側も、見事なほど容易に騙されます。

実生活でも、この種の “エリート気取り” が少なくありません。
こういう「揚げ足取り」が、確信犯的な嫌がらせか否かを、
慎重に確認した上で、論破するのは、非常に面倒な作業です。

※論理的に論破しても、相手が「ヒステリー」を起こして、
 途中で会話を放棄して逃げてしまえば、それまでである。w

いわんやまして、ここは文字だけのコミュニケーションであり、
自由発言の効かない(議論のできない)場所です。
また、果たして “一見まともに見える” そのような回答を、
運営側がうまく削除してくれるのでしょうか?

どう見ても、明らかな嫌がらせであればとにかく、
(A)単なるおバカさんなのか、
(B)質問者に対し悪意のある嫌がらせなのか、
限られた文字情報で区別するのは、なかなか難しいと思います。

投稿日時 - 2008-02-28 14:16:58

お礼

再びこんにちは。

>このサイトは
>(1) 真理の追求
>のためにあるのですよね。

「真理の追求」というとちょっと大袈裟な感じもしますが、
要は、質問者が抱える「問題の解決」が目的ですよね。

特に、相談関連の質問は、決まった解答を示すのは難しく、
アイデアの募集となります。

このような漠然とした相談事では、
質問者と回答者間のコミュニケーションを通じて、
解決していく事となりますが、
「人間関係」という要素が強い質問カテゴリでは、
先の補足で書いたような、難しい問題が出てきます。

質問で挙げた、珍回答への「逆質問」の可否や、
補足で挙げたような、珍回答を無視した時に現れる、
揚げ足取り目的で、質問者批判を行う回答者への対策を、
探っております。

相談途中で、話が少し逸れるのは、いいと思うんです。
相談事は、全体の流れにその命があります。
あまり決まり決まりと、細かい事にがんじがらめだと、
悩み相談の際に、意思疎通が出来ませんよね。

ただ、悪意があると思われる嫌がらせに遭った際に、
どう対処すべきか迷います。
相手に悪意があると、客観的に断定出来ないのが困りもの。
もし相手に悪意が無かったら、問題になってしまいます。

人間関係やメンタルヘルス関連の質問が、
今回の質問の課題と、特に深く関連すると思います。

私は普段、アンケートばかり利用していますが、
今後は、人間関係やメンタルヘルスのカテで、
本格的に自分の悩みを相談したいのです。

一度、メンタルヘルスのカテで嫌がらせを受けました。
明らかに関係のない、
私の過去の質問などを引き合いに出して、
「あなたのような人が、そんな事で悩んでいるはずはない。」
と、決め付けられました。

その際、相手とやり取りをした結果、
相手の誤解によるものではなく、単なる嫌がらせと判明、
運営側に連絡したところ、相手の回答が一部削除されました。

これから色々相談をするに当たって、
また似たような人が現れないか心配です。
その時にどのような対応をしようか、今考えています。

真剣に悩んでいるのに、中傷されると精神的に参ります。
それで、今まで相談を躊躇してきました。

>発信する前に、少し時間をおいて、頭を冷やしてみることです。

仰る通り、冷静さが大切ですね。少し勇気付けられました。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-29 12:34:33

確認行為はやってもいいのではないでしょうか?
質問者に対する愚弄、上から見下した回答。
固有名詞を入れての明らかな中傷。
ここに入って半年未満ですが、幾つ見たかわからない
位です。
昨年の秋のものに、議論になっているが削除されて
ないものもありましたよ。(運営側も、削除にムラ
がある)~回答でウン行以内というのがあるけど、
150行前後にもなっている暴走回答も珍しくない。
議論禁止というのは、沸騰するのを防ごうという目的
の為らしいです…。
逆質問、必要でしょうね。

投稿日時 - 2008-02-27 00:41:05

お礼

ご回答ありがとうございます。

>固有名詞を入れての明らかな中傷。

これは完全に削除対象ですね。
私も以前に、自分に嫌がらせをした人の記事を、
ここのカテゴリで行った質問上でリンクしたら、
部分削除(編集)をされたことがあります。

>質問者に対する愚弄、上から見下した回答。

こういうケースが、とても難しいのです。
悪意があるかないかも、はっきりはわからないし。
一応表面上は、回答として成立しないこともないので。

こういう場合は、時には逆質問もしてみる価値があります。

人間関係と同じく、杓子定規のようにはいかないので、
個々のケースで、柔軟で臨機応変な対応も必要だと思います。

>昨年の秋のものに、議論になっているが削除されて
ないものもありましたよ。

そうでしたか・・・。

実際に、そういう場面に遭遇したら悩むでしょうね。

投稿日時 - 2008-02-29 11:33:23

ANo.1

こんばんわ私もときどきわけがわからなくなりますが、この場合最初は(X)ととられ、この後も似た状態が続くと(Y)と取られるるのではないかと思います。

投稿日時 - 2008-02-26 23:38:26

お礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、仰るとおり、
一般常識的に考えて「回数」と一つの目安とするのが、
極めて自然なのかもしれませんね。

あとは、内容によって、
その回数の限度も変わってくるのでしょうね。

運営側も、回数を規約で定める訳にはいかないでしょうから、
その辺は、臨機応変に対応するしかないのでしょうね。

私が仮に、何かサイトを運営するとしたら、
同じように思うと思います。

ただ、
・どんなケースには問題があるのか、
・どんなケースには問題がないのか、
というのを、もう少しだけ具体的に知りたかった、
というのが本音です。

他の利用者の質問を見ていても、
「仮に自分の質問にこういう回答がついた場合、
 どう対応すればいいのだろうか。」
と、困惑することもたまにあります。

投稿日時 - 2008-02-29 09:37:29

あなたにオススメの質問