こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私が自己破産をしたら・・・

個人事業者で銀行や国民金融公庫に
借り入れが2500万ほどあり
住宅ローンもあと1500万ほど残っています。
ここのところ資金繰りが難しく、
キャッシングなどで返済をまかなってきました。(400万ほど)
しかしそれももう限界が近いのです。
私名義の借り入れで保証人がついているものはほとんど妻です。
一緒に自己破産するつもりでおります。

しかし、住宅ローンだけは息子が連帯債務者で(共同名義)
友人が保証人になっています。
その場合、どのような迷惑がかかるでしょうか?
住宅は抵当権の担保があるのですが、破産管財人が処分した場合
住宅ローンの相殺になるのでしょうか?
お願いします。教えてください。

投稿日時 - 2008-03-07 13:54:28

QNo.3840849

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ご質問だけでは判断しかねます。
まず、住宅の持分としてご質問者の分と息子さんの分があるはずです。
息子さんの持分については、ご質問者が破産すると息子さんの持分もなくなるというわけではありません。

重要なのは、

・物件の現在の相場価格
・連帯債務のローン残高
・息子さん、ご質問者の持分比率

です。それによりだいぶ話が変わります。

一番素直なストーリーは、息子さんがご質問者の持分をローン負担込みで取得し、住宅も、ローンも息子さん単独名義にすることです。このときに場合によっては息子さんは追加で出費が発生する可能性があります。(ご質問者負担分のローン債務より持分価値が高いと判断される場合)

つまりこういうストーリーであれば、その住宅はそのまま息子さんのものとなり、息子さんが残りのローンを支払うという形になるわけです。
これはその融資している銀行との話し合いが基本になりますが、同時に破産管財人との間でも、破産者の資産処分として妥当であることを認めてもらう必要もあります。

投稿日時 - 2008-03-07 16:59:50

お礼

早速回答ありがとうございます。
>ご質問者が破産すると息子さんの持分もなくなるというわけではありません。
 そうなのですか。
 持分比率は1/2ずつ。
 相場価格は1500万
 住宅ローンは実質私が全額払っているのですが・・・
 お互いの負担分はどうなっていたか・・・調べてみます。
 
>息子さんがご質問者の持分をローン負担込みで取得し、住宅も、ローンも息子さん単独名義にすることです。
 そういう方法も含めて息子と一緒に弁護士さんと相談したいと思います。

投稿日時 - 2008-03-07 18:21:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

住宅の連帯債務者

銀行が息子さんに貴方の名義書換して借金を書き換える手口で交渉があると思います。
ある意味良い方法なのですが借金を息子さんにかぶらせます。
息子さんの借金になり貸倒を銀行が防げます。 
で息子さんは今後 気合入れて返済すればよい。

その間 貴方が破産しない努力です。

破産中なら 住宅の息子さん関連は
連帯債務者=免責残しかもしれません。
破産での処理中なら息子さんに
銀行が息子さんに貴方の名義書換して借金を書き換える手口で交渉があると思います。
今後ほかのローン組めませんが

 

投稿日時 - 2008-03-09 03:12:18

お礼

回答ありがとうございます。
こちらに相談していろいろと考えましたが
息子、保証人の友人と一緒に明後日弁護士さんのとこに
相談に行くことにしました。
多くの方々に迷惑をかけ本当に情けない限りです。

投稿日時 - 2008-03-09 10:29:03

ANo.4

>その場合、どのような迷惑がかかるでしょうか?

連帯保証人の息子さんも一緒に自己破産するハメになるでしょう。
息子さんも貴方の借金の返済責任を負っていますので。
連帯保証人は法律上借金返済を拒む事は出来ません。

従って間違いなく息子さんの人生を狂わす事になるのは確実でしょう。

なお、自己破産して「借金チャラ」なんて甘い考えしていませんよね?
借金チャラは「免責決定」がでて初めて可能なことです。
免責が出なければ「金融機関からカネは借りられない」「借金返済責任は残る(全額とは限らないけど)」という事になります。

なお、返済が不可能であることが分かりながら借金をしていた場合、金融機関から「免責に対して異議申し立て」される事も有ります。
そうなると「免責」は出ないかも知れません。

夫婦と息子さん一緒に弁護士等に相談することを進めます。

投稿日時 - 2008-03-07 16:53:10

お礼

早速回答ありがとうございます。
>従って間違いなく息子さんの人生を狂わす事になるのは確実でしょう。
 本当に申し訳ない限りです。
 ずっとお世話になっている銀行の方たちにも迷惑をかけてしまうと思うと、本当は避けたい選択です。

できることならば毎月の返済額をさげて期間を延ばそうと相談しましたが断られました。
どうしていいか分からず市の弁護士の相談会にも行きましたが、
自己破産をすめられました。
それは迷っていたんです。
しかし息子が自分に返済責任がまわってきたらそれは一緒に返していこうと言ってくれました。
そのことも含め弁護士に相談したいと思います。

投稿日時 - 2008-03-07 17:59:27

ANo.3

資金繰りをキャッシングで返済するという考え自体間違っている事にお気づきではないのでしょうか。
後々返済できなる事ははっきりしてますよね。
破産も軽く考えていませんか。
破産全てが免責が降りるとは限りません。降りなければ返済の義務は残ります。借金は消えないのです。
連来責任の方がいれば当然その方に督促が行きます。
そうなってからでは遅いのです。もうその方達もブラックとして住宅ローンは組めないでしょう。もちろん返済義務も発生します。
あなたの代わりに残債を支払っていくのです。
つまり人生を狂わすのです。
あなた達夫婦はいいでしょう。でも自分の息子や友人の人生まで奪う権利がありますか。
うちの主人は連帯保証人となり、債務者本人から何も連絡がないまま銀行から督促状が来ました。その時から既にブラックで住宅ローンは組めなくなっているという事です。
その後本人とも話し合いましたが払えないものは払えない、家を売りましたが残債は残り、連帯責任で半分は支払い義務があるという事で、現在も支払っています。当然住宅はローンできないので、現金で買うべく貯金を頑張っています。
どうにもならなくなる前に、その方達に話す義務があります。
どうにもならなくなってからでは遅すぎます。その方達に不幸を背負わすことになるのです。
みんなで破産するわけにいかなでしょう。あなた達夫婦だけ逃げるような事はできないのです。
そして保証人の方含めて弁護士など専門の方に相談に行かれるべきです。あなたの勝手な判断で行動したり、決断するべきではないと思います。簡単に破産を考える前に、誠実に行動すべきです。

投稿日時 - 2008-03-07 15:22:57

お礼

早速回答ありがとうございます。
>資金繰りをキャッシングで返済するという考え自体間違っている事にお気づきではないのでしょうか
 はい、その通りです。
 仕事が増えたら返せると高をくくって1ヶ月だけ・・・と簡単な気持 ちで手を出して、その上一向に仕事も増え
 ず、資金繰りがままらなくなってしまいました。
 もっと早い段階で何とかしていればこんなに迷惑はかけなかったかも 知りません。

保証人の友人にすべてを話し、息子と一緒に弁護士さんに相談したいと思います。

投稿日時 - 2008-03-07 17:45:08

ANo.2

以前督促の仕事をしていました。
法律上破産をした人には請求できませんが保証人や連帯債務者にはもちろんあなたが受けたような督促を同じようにさせていただきます。
そのために保証人をたててもらっているわけですから。
これはたとえあなたが亡くなったとしても同じです。

破産をするととてもこれからの生活が大変なのです。
簡単に破産を考えてはいけません。今はラジオなどでも簡単に破産できるような法律事務所のCMが流れていますがあなたが破産を申し立てるのは簡単ですがそのあとでどれだけ周りの人が大変な思いをするか知ってください(その為にここに質問されているわけですもんね)。

息子さんはおいくつですか?家族の方が破産されると息子さんがこれからローンなどを組めなくなる可能性もありますよ。結婚はされていますか。このさき息子さんの長い生活に不自由が出てくるかもしれないのです。プロに相談に行くことをお勧めします。
細かくいろいろ聞いて決断してください。軽い気持ちで答えを出すとあとあと「それは聞いてないよ」というツライことが出てくるかもしれません。楽になりたいでしょうがその為に簡単に決めてはいけません。
あなたの出す答えはその後の子孫の幸せもかかっているのです。

投稿日時 - 2008-03-07 14:44:31

お礼

早速回答ありがとうございます。
>あなたが破産を申し立てるのは簡単ですがそのあとでどれだけ周りの 人が大変な思いをするか知ってください
その通りですね。
自分たちが苦しみから逃れた分、迷惑をかける人がいるって事ですから。そう思ってなんとか踏ん張ろうとしたのですが・・・。
 
息子と一緒に弁護士さんへ相談に行こうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-07 17:34:29

ANo.1

息子さんが連帯保証人をされているという事は成人されている事と思います。あなたは自己破産と軽く仰っておいでですが、この文面を見る限りお仕事にもご家族にも責任の軽さが窺えて仕方ありません。自己破産すれば全てがチャラになる、との気持ちでは、再出発もママならないでしょう。

このサイトよりも、お金の問題は専門家へ行き、息子さんとご友人に正直にお話をされた上でご意見をお聞きになる、ここからやり直してはいかがですか?文面からは、イイところご夫婦でお話されたレベルの気がします。そこから自己破産という結論が導かれるなら、間違いない結論だと思いますが、本や伝聞の知識程度でしか方法をお考えでない今は危険だと思います。

自己破産するけど家は残したい…気持ちも分かりますしそのような方法もあるのでしょう。ただ、そんな甘い考えが今の暮らしと状況を産んでしまった現実から目を逸らさないで下さい。頑張って下さい。

投稿日時 - 2008-03-07 14:15:42

お礼

早速回答ありがとうございます。
>お仕事にもご家族にも責任の軽さが窺えて仕方ありません
 おっしゃるとおりです。
 そのうちなんとかなると高をくくっていた私の責任です。
息子は一緒に仕事をしているのでこの苦しい状況はわかっています。
息子に勧められ、市で行っている弁護士の相談会にも行きました。
そのときはなんとか再生できないかと相談しに行きましたが
覚悟を決めて自己破産をされてはといわれました。
身内や友人だけでなくお借りした金融機関の方々に多大なご迷惑をかけているのは重々承知です。
家にも執着はありません。
それ以上の迷惑をかけているのですから・・・。
しっかりと現実と向き合って、友人にも相談しようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-07 17:23:50

あなたにオススメの質問