こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ちょっと気になってます。【4】

以下の英文がちょっと気になっています。
気になったところだけで結構ですので、どうか教えて下さい。

He set up bhis main offices in A, drawing from the pool of physicists working at B.
(drawing from the pool のところの訳をお願いします)

People assumed he had retired, if they thought of him at all.
(at all はどういう意味でしょうか。)

A grew steadily in size.
(in size はどういう意味でしょうか。)

A had a fearsome burn rate.
(たびたび出てくるAは会社名です。今、会社の経営についての話しです。株関連かもしれません。良くわかりませんが、「A社の株は恐ろしいほどの値をつけた。」この英文からこのような訳は導き出せるでしょうか?)

Because we can't count on having a doofus cop shifting through our dirty laundry.
(後半のshifting 以降の訳が良くわかりません。成語でしょうか。其れ以前にランドリーの話しは出てこないのです。後半の訳をお願いします。)

"Pretty much what you'd see if you put your hand on a butcher block and chopped straight down through it ...and check the guy out in person"
(訳をお願いします。特にout in personというところをよろしくお願いします。)

投稿日時 - 2002-10-20 02:56:09

QNo.385118

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

He set up his main offices in A, and obtained the necessary physicists from the group of physicists working at A.

They hardly ever thought about him (remembered him) and when they did remember him, everyone thought that he had retired.

A's cash burn rate was very high = A had a very high operating cost structure which was not covered by revenue = A was heavily in the red, and cash position got worse continuously.

shifting = checking, examining.
Dirty laundry = bad or illegal activities.

check the guy out in person = personally check the person = meet the person and check him. Check out / in person.

今回は英語でのヒントにしました。でも、これで分かると思いますが。

投稿日時 - 2002-10-20 03:10:58

お礼

回答ありがとうございます。
今回ということは、何回か回答いただいているわけですね。あとで確認してみます。
お礼は近いうちに必ずしたいと思います。

最後の、check out/ in person というところに気づかず、戸惑っていました。
そう考えれば以外と簡単ですね。

これからもよろしくお願いします!

投稿日時 - 2002-10-20 05:02:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

burn rateについて。
これって正式に言うとcash burn rateであります。
特にベンチャー企業は技術開発が先にあるため、経費先行型になり、商品が完成する前には設立当時とその後の増資による資本金を食って行く構造になります。要は、人件費、販売管理経費、開発費などには現金で毎月払っていくものですから、どんどん現金は減って行きます(売り上げが計上できるまで)。英語で言えば現金が使われてしまう(=燃えてしまう)のでburnと言われています。
fearsome burn rate とは、凄まじい程の毎月の経費が掛かっていた、とのことで良いかと思います。

投稿日時 - 2002-10-21 03:29:14

お礼

わかりやすい解説どうもありがとうございました。

会社の仕組みがわかっていないと理解できない文章でしたね…。いろいろ勉強しないと。

投稿日時 - 2002-10-21 18:10:08

ANo.5

d-y

“drawing from the pool of physicists working at B”
Bには優秀な物理学者の人材がプールされていて、そこから何人か引き抜いて、bhis main officesの要員に充てたとということだと思います。

“if they thought of him at all.“
“at all”があるので、「大体彼は忘れ去られた人で、彼のことを思い出す人もあまりいないが、もし思い出すことがあっったとしても」というニュアンスになってます。

“A grew steadily in size”
“grew”(成長)するというときは、売上高、利益、従業員数、技術水準、世間の評判、等々いろいろな要素が考えられますが、ここでは”size”(規模=売上高や従業員数かな?)が大きくなったと言っているわけです。

“A had a fearsome burn rate”
“burn rate”が分からないので、私には意味が分かりません。ただ、”burn”という言葉から私が連想するのは、「焦げ付き」「やけど」です。

“Because we can't count on having a doofus cop shifting through our dirty laundry. “
これも降参。大体、”doofus cop”が分かりません。 「うちのランドリーのあたりをうろうろしてるおまわりは、いざというとき頼りにならないから」?

“check the guy out in person"
“out in person”という区切りでなく、”check out”と”in person”の二つに分けて考えます。「その男に実際に会って調べてみる」
白状しますが、この文章も、前半部分が完全には理解できません。文脈が分からないからと言い訳して、自分を慰めてます。

投稿日時 - 2002-10-20 15:56:27

お礼

回答どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2002-10-21 18:09:02

ANo.4

pです。
英語文章の雰囲気(味と香り、など)を皆さんに存分楽しんでもらえればといつも願っております。
Actually, xxxxx についてですが、会話調では really をつかった方がリズムが良いと感じます。
文章であれば、In actual fact, と堅い言い方の方が文章らしくなると思います。
よって、
I really think that my English is improving day by day!
I really think that my English has recently improved!
His English abilities improved considerably in the last few months.
In actual fact, his TOEIC score reached the 900 mark and everyone could recognize the improvement in the command of the language.

If you can, please help me in the future as well!
とか、I would really appreciate your support from now on, too! が自然と感じます。

細かいところですが、please correct any errors in this thanks messageが更にベターと思います。間違いが事前に必ずあると認めている場合(普通はない)、the errorsとは言わないでしょう。
In this message と of this message では  in の方が errors とマッチします。The result of this message と The result in this message は両方とも正しい文章ですが、意味の違いをお分かり頂ければと思います。

頑張って下さい!

投稿日時 - 2002-10-20 10:21:44

お礼

Thank you very much for your kindness.

I am very happy to have the answers.
I really think my English is improving day by day!
My English is now so poor. But I like to speak and
read it, everything about it.
I wanna be a good speaker of English.

If you can, please help me in the future as well!

Thanks.
(And if you have some spare time, please correct any errors in this thanks message!)

直してみました。
フランス人でなければできなかったであろう。
という語りが出るところの文を載せておきましたので、よかったら
見てみてください。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-10-21 18:08:16

ANo.3

辞書に書かれているのは、その単語(イディオム)を日本語にした場合の一例です。
英語に必要なのは、辞書を覚えるのではなく、その単語の意味を覚えることです。

あなたも気づいているように、会社の経営に関する文のようなので、想像すれば和訳は容易になると思います。

(例)
A grew steadily in size.

sizeを辞書で引くと、その辞書に載っている意味しか出てきませんが、sizeは量的なものを表す単語なので、それまでに読んできた文章から推測できるはずです。前の文書が分からないので何ともいえませんが、"size"は「売上高」、「事業規模」のような意味だと思われます。

投稿日時 - 2002-10-20 03:33:38

お礼

回答ありがとうございます。
実際回答は「事業規模」のような感じであっていると思います。

ただ、in size というような表現に初めて出くわしたので、不安になり質問してみました。
一応漠然と意味はわかるのですが、やはり詳しい人に説明してもらうと、その意味がもっと深く理解できそうな気がしたからです。

投稿日時 - 2002-10-20 04:57:27

ANo.2

抜けていました。

A grew steadily in size - A's business became larger = A's sales (revenues) increased (and/or) the size of the company (number of employees) increased.

投稿日時 - 2002-10-20 03:23:49

お礼

Thank you very much for your kindness.

I am very happy to have the answers.
Actually, I think my English ability is improving day by day, recently.
My English is now so poor. But I like to speak English and read it, everything about it. I wanna be a good speaker of English.

If you can, please help me afterward, too!

Thanks.
(And if you have some spare time, please correct the errors of this thanks message!)

投稿日時 - 2002-10-20 05:11:11