こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヤマハのスピーカーのアップグレード

こんにちは。
現在、ヤマハの325というシリーズで7。1chを組んでいるのですが、フロントの3chをヤマハのsoavoという高額シリーズに変えたら音場は劇的な変化があるのでしょうか?用途は主に映画(ブルーレイの高音質)や、CDなどです。クラシックなどは聴きません。
ウーファーも4万円程度の物ですが10万円以上の物になると低音というのはどう変化するのでしょうか?サラウンド用のスピーカーはこのままでも十分な気はするのですが…
あと、スピーカーを買えた場合アンプも買い換えなければダメでしょうか?今はオンキョーのSA605というのを使っています。
アドバイスお願いいたします。

投稿日時 - 2008-03-18 10:59:21

QNo.3872991

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

325シリーズから
http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/speaker/ns-325f/index.html

Soavoシリーズへの変更
http://www.yamaha.co.jp/product/av/topics/soavo/lineup/index.html

結果的には大きな変化は出てきます。 価格比で3~5倍な訳ですから、当然と言えば当然なのですが・・・  しかしですね、SA605と言うAVアンプでは、Soavoの良さまでは引き出せないでしょうね。 簡易的な対策としては、パワーアンプの追加でしょうね。 SA605のプリアウトを用いて、10万円前後の中古パワーアンプを用いてSoavoを駆動させる訳です。 

SA605は最新のHDオーディオ対応モデルですから、買い替えより、パワーアンプ部の増強の方が得策だと思います。  アナタが、SA605でSoavoを鳴らされて別段気にしなければ、構わないのですが、もし試聴されてからの購入の場合、自宅(SA605で)で鳴らされた時のギャップが大きいと感じます。  試聴でもSA605を用いられれば良いのですが、一般的に20万円クラスのアンプで鳴らす(試聴させる)事が普通ですから。  

オーディオってものは、「規格」が統一されていますから、いくら価格差があろうが、音を出す事は可能です。 ただし、それぞれの機器を「活かす」には、それぞれのクォリティーが関与してきます。 スペックが良くても余り関係はありませんし、高価だから良いというものでもありません。  アナタが聴かれた感性(好み)が全てですから、色々と聴いてみて下さい。   

 先ずはSoavoを購入!  それからですネ。  

マルチチャンネルサウンド(映画で言う、D.Dやdtsの事)は、スピーカーの配置と調整で大きく音(音場)は変わります。  最近のアンプの機能である、「自動音場補正」である程度は満足いくレベルにはなりますが、2ch再生でシッカリとした定位と音場感が出るようにセッティングする事は基本中の基本です。  Soavoクラスになれば、この差は顕著に出てきます。  ガンバって下さい。 ヽ(^o^)丿   そして、楽しんでくださいネ。

投稿日時 - 2008-03-18 13:26:54

お礼

ご回答ありがとうございます。パワーアンプですか。。
soavoとアンプとウーファー買い換えたらロレックスが買えちゃいますね…笑 とりあえずsoavoとアンプを近いうちに買える様にがんばります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-18 22:17:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

基本的にNo.1の回答者がご指摘の通りだと思いますが、少し補足すると...

AVアンプは、5チャンネル分のパワーアンプと高価なデコーダチップ(サラウンド用のチップ)が乗っています。つまり、単純に考えて、2チャンネルのプリメインアンプに比べれば、1チャンネル当たりにかけられているコストは半分以下ということです。「値段=音質」という具合に直結するわけではありませんが、工業製品である以上(特に低価格帯では)コストの高低がクオリティに大きく影響することは間違いありません。端的にいえば、TX-SA605は、プリメインアンプでいえば3~4万円程度の入門機クラスのクオリティしかない、ということです。

Soavoは、ペア20~30万円台のミドルレンジの製品です。プリメインアンプでいえば、10万円台後半~30万円クラスの製品と合わせることを想定しているといって良いでしょう。したがって、Soavoは、TX-SA605に対して役不足(役者の技量に対して役柄が低い)となる可能性が高いといえるでしょう。良いスピーカーは、アンプやプレーヤーの「アラ」も描き出します。その意味で、Soavoへのアップグレードも考えるなら、同時にアンプのアップグレードも視野に入れておいた方が良いでしょう。

もちろん、それぞれのユーザが満足すれば、それ以上に他人が口出しする必要はありませんから、TX-SA605とSoavoで良い音だと感じるなら、それはそれで構いません。

サブウーファーに関しては、それなりに値段によるといって良いでしょう。どのように、というのを表現するのは難しいですが、過渡特性が良くなり、歪みも減るでしょう(スピーカーが高くなる場合の正常な変化の傾向として)。ごく一般的な言い方をすれば、より自然な音になる、と言えます。

投稿日時 - 2008-03-18 17:09:32

お礼

くわしくありがとうございます。
スピーカーやアンプだけ高価にしてもウーファーが安いものではどうしようもないですよね。ウーファーも検討してみます。ありがとうございました

投稿日時 - 2008-03-18 22:13:22

あなたにオススメの質問