こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

kVAとkWについて

(意味はわかります)
どういう時にkVAを使って、どういう時にkWを使うのか疑問に
思い投稿させていただきました。

負荷はkWを使います。
Trの容量はkVAを使います。
電力会社との契約で(関東しかしりません)、低圧の電灯60Aを
超えるとkVAを、動力や高圧ではkWを使います。

上記の理由はなんとなくわかります。
負荷は当然kWだと思います。だから高圧や動力もkWなんだと
なんとなくわかります(正確にはわかりませんが)。
kVAを使うのは、どのくらい電流を流せるかを見るときに
使うような気がします。だからTrや低圧の電灯はkVAなのだな、
と思います。
負荷は、力率がわかっていると思うので、kWで構わない。
Trや低圧の電灯では、どんな負荷が入るか不明(つまり力率が
わからない)ので、電線の保護ということでkVAが使われて
いるのかな?と思っております。

今回、なぜこのような投稿をしたかと言うと、発電機は
kVAなの?kWなの?ということです。
実際、kWが一般的なのかな?と思っているのですが何故
なのでしょうか?一般的に力率決まっているんでしょうか?
発電機の種類で変わってくるのでしょうか?
無効電力の発電を制御するから力率は一定では無いような
気がするんですが・・・。
わかる方お願いします。

ところで、なぜ動力はkWなのでしょうか?
電灯と同じようにTrにどのくらい負荷をかけるか
わからない(どのくらい電流を流させるのかわからない)から
kVA契約でもいいような気がするのですが・・・。
力率で額が違ってくるから構わないということなのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-03-27 01:06:25

QNo.3898108

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

負荷は KW  設備容量は KVA と理解したら !

投稿日時 - 2008-03-27 05:10:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

(消費する)電力(あるいはエネルギー)が問題になるときはkW、
設備の大きさが問題になるときはkVA
かと思います。

発電機の場合は、両方あるように思います。
発電機単体だとkVA表記、エンジンなどの原動機と組み合わせるときには、原動機の出せる軸出力も絡んでくるのでkW表記(ただし発電機の設備容量も絡むので、力率も同時に規定)というように。

投稿日時 - 2008-03-27 06:47:17

あなたにオススメの質問