こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サブリース契約における貸主の修繕義務について。

アパート・マンションを、本当の大家から建設会社等が一括で借り受けて、一般の入居者に転貸しているケースがよくあります。

ここで質問なのですが、建物に損傷(入居者の帰責事由なし)があり、それが軽微なものでない場合、通常は貸主に修繕義務が発生しますよね。
その修繕義務について、大家と建設会社の契約では、大家が修繕することになっている場合、それを大家が修繕しない場合に、
入居者は建設会社(兼管理会社)に対して、責を問うことは可能でしょうか?(例:賃料減額請求など)

建設会社は、大家に対して修繕を求めているのに、大家が対応しないものとします。
また、建設会社は費用立て替えでとりあえずの修理も行っていないとします。

投稿日時 - 2008-03-28 01:58:37

QNo.3901014

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
大家A建設会社B転借人Cとします。
AがBに賃貸した。その後、BがCに転貸した。
建物に損傷(入居者の帰責事由なし)が発生した。
この場合、修繕義務があるのは、「AB間」ではAですし、「BC間」ではBです。
原則としては、Cから、「修繕してくれ」という相手は、AではなくBです。

修繕が無い場合、CからBに対してその分の賃料減額請求を求めるのは可能だと思います。
ただ、必ず減額されるという保証はありません。

投稿日時 - 2008-03-28 09:10:45

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>>それを大家が修繕しない場合に、
入居者は建設会社(兼管理会社)に対して、責を問うことは可能でしょうか?
これはできず,あくまでも大家に求めるものではないでしょうか?
建築会社はまったく関係ありませんし。

投稿日時 - 2008-03-28 08:19:47

ANo.1

無いのでは、その物件が気に入らなければ入居を辞めればいいわけですし。修繕してない状態で気に入らなければあなたに入居するかしないかを選ぶことができますしね

投稿日時 - 2008-03-28 02:19:49

あなたにオススメの質問