こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

現実的な離婚時の財産分与について【長文です】

結婚17年目の夫婦。15才と13才の子供がいます。
大学在学中のでき婚のため両親は猛反対。
主人が私の籍を勝手に抜いて入籍したため私の両親は激怒。その際に非難されたことを恨み、以来主人と私の実家とは不仲です。

年収が高かったので「娘さんにはお金のことで苦労させません」と宣言し、一切の援助を拒絶。結婚式はあげておらず結納、持参金もありません。

結婚時あった2000万円の貯金を頭金に3000万円のマンションを購入、残りを10年ローンにし5年くらいで完済。
この時、手持ちが0円になるのは怖いからやめてと訴えましたが、聞いてもらえませんでした。(直後から家庭の経済状況が悪化し、徐々に経済的に困るように)

主人はその後、相談せずにメインの勤めを辞めました。将来に不安を抱き「子供が二人いるのにこれからどうするの?」と尋ねると「お前は金のことしか考えていない」とキレられました。

主人の義兄が会社を興す時も私に無断で保証人に。
子供が幼かった上に、私が働いた経験がなかったため不安をもらすと「お前は口出すな。それに夫婦は一蓮托生。万一、返せなかったらお前も働いて返すしかないだろ」。
妻なのになぜ相談してくれなかったのかと聞いても「オレの問題だから関係ない」の一点張り。
相談はせずに、火の粉が降り掛かってきたら一緒に責任を負えという論理にどうしても納得できません。
結局、完済により解消されましたが不信感はつのるばかり。

主人は6年前に大病し、現在は仕事もあまりなく障害年金を収入と称してます。病後、家計を支えるため私が正社員として働いてます。月収20万円と薄給ですが、それでも主人がほぼ無収入の頃もあったので多少は支えになったと思います。(主人には安月給と言われますが…)
ここ数年、主人の年収は税込で50~100万円です。

主人はその後、看板屋や花屋、英語教室など計画するも実現には至らず。
塾講師の面接も「オレは大物だから、オレみたいな人間が行ったら場違い」とすっぽかす。(多少ある業界では知られていますが…)
特許を取ると言って、弁理士や特許申請料などにお金を使ったことも。

主人は病後鬱病を煩ったため、私は正社員になる前に在宅をしようとDTPのために150万円近く投資。結局は単行本1冊を完成した後、次の仕事が見つからず正社員になりました。夫の了解を得たにも関わらず、未だに嫌味を言われます。

主人はフリーランスのため高収入だが何の保障もなかったので、心配した私の母親が生命保険に入ることを進め月4万円ほどの保険に加入。
当時、私も主人も保険に対する知識がないまま加入したため、だんだん掛け金の支払いに困るようになり解約。これも私と母のせいで大損したとなじられてます。

マンションも購入後に値下がりし、現在では購入価格の半額以下に。これも「お前が欲しいといってせかすから、損をした」と。

現在、離婚話が持ち上がってます。
今後のために貯金しようという私を主人は「ケチ」といい、無計画な主人に私は疲れてしまいました。
私が子供二人を引き取ることに異存はないが、養育費は出さないと言ってます。
主人は「お金に汚い、守銭奴のような」私と差しで話してたくないから調停でないと話さないと言われました。

ただ、財産分与と養育費の請求はしていきます。
といっても主な財産は現在住んでいる主人名義の住宅のみ。
「オレの名義だからオレのものだ」「文句があるなら出ていけ」と私や子供に対して言うので「夫婦二人の共有のものでは」と尋ねると「今まで見たこともないようながめつい女だ」。
マンション購入は結婚前にためていた主人の貯金を頭金にしたのですが、それでも1/2の権利を主張できるのでしょうか。
私と子供は主人にモラルハラスメントと思われる仕打ちも受けているので、できれば1/2を主張したいです。

最近主人に在宅の職が見つかり、そこそこの収入が確保できそうです。障害者(頚椎症の手術により右足を引きずるようになった)の夫に養育費を請求するのは残酷でしょうか。
ちなみに主人の姉二人が近隣におり、現在住居中のマンションを引き払っても独身の姉の住む3LDKのマンションに同居するからオレの生活はまったく困らないと豪語してます。
私はなかなか実家にも行かせてもらえず、主人が四六時中家にいるため連絡をすることもできず、精神的な籠城生活を強いられています。

最後に、大学入学時に両親と『自分で働いて返す』という約束で奨学金を借りましたが、就職せずに結婚してしまったので私が働くようになるまでは主人が払ってくれていました。
これは離婚時に、清算して主人に返すべきでしょうか。主人は私の両親が払うべきだと怒ってます。
そちらも併せてご教授ください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-01 22:32:25

QNo.3914174

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

離婚時の財産分与にともなう「特有財産」と「共有財産」についての質問と思います。

「特有財産」とは一方が婚姻前から持っていた財産や、婚姻中でも一方が相続や贈与によって得た財産です。
同じ考えかたで婚姻前から一方にあった借金や、婚姻中に浪費、ギャンブルなどで一方が作った借金も負債として特有財産です。

「共有財産」とは婚姻中に築いた(増えた)財産の事です。例えば夫しか収入のない専業主婦の家庭であっても、妻も家事、子育てをすることで家計に協力していると考えますので、夫の収入だけでローンを払ったマンション等であっても共有財産になります。

例えば質問の中で大きな金額を占めるのはマンションですが、マンションに夫の貯蓄2000万を使って3000万の物件を買った。との事ですが、
そのマンションの今の査定が例えば1500万としたら、夫が「特有財産」として主張できるのは1000万です。 全体の価値が半分になったのだから「特有財産」も半分になります。 つまり夫はマンションの2/3を特有財産として権利を持ってると考えられます。

マンションの名義は関係なく、質問者さんは共有財産部分の半分(500万の半分)の権利を主張できるということです。

婚姻中に一方が仕事で借金をして、もう一方の収入で返した事などは、共有財産内での出来事なので、その返済にあてた収入を返せとは言えません。

奨学金は婚姻前に質問者さんが持っていた借金(特有負債)です。その借金を婚姻後の家計から返済したのであれば、夫は返済した額の半分を要求できるでしょう。

養育費は子供が親に対して持ってる「養育される権利」に基ずく請求なので、財産分与は関係せず別個に考える必要があります。

夫の主張する、調停を利用された方が良いと思われます。調停は双方の言い分を聞いて妥当な財産分与を提示してくれるでしょう。

投稿日時 - 2008-04-02 12:00:00

お礼

ありがとうございます。
わかりやすい説明で大変参考になりました。
私は子供をひきとって暮らしていかなくてはならないので、慰謝料も視野に入れて、前向きに調停へ向けて準備をしようと思います。

投稿日時 - 2008-04-03 22:28:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問