こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

星新一氏の小説に「その可能性は多い」…?

先日、星新一氏の本(ショート・ショート作品)を読んでいたのですが、
その中に、「ああ。その可能性は多い。」といったセリフを見ました。
「可能性」における「多い・少ない」という表現は無い筈ですが、
星新一氏の書いたものなのですから、間違っていない様な気もします。
それか、校正者の犯したミス・誤謬かも知れません。

皆さん、どう思われますか?

投稿日時 - 2008-04-07 11:45:56

QNo.3929109

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

ANo.5monoshirazu です。
グーグル検索をかけてみました。
1.可能性が多い   513,000件
2.可能性が高い 4,060,000件
3.可能性が大きい  497,000件
4.可能性が強い   395,000件
「高い」が圧倒的です。
それと、いくつか辞書を調べてみましたら、「高い」、「大きい」、「強い」の用例は出ていましたが、「多い」はありませんでした(もっと沢山の辞書を調べれば出てくるかも知れませんけど)。
「可能性が多い」は、「多い」を特別使いたいという意図あって使ったものかどうかはわかりません。
一般的な話として、識者によれば、日本語として誤用ではないかと思われる書き方があったときは、作家のチョンボであった例が多いとのことです。
以下、美しい日本語使いとして評判の高い丸谷才一の言葉で、参考になりそうなところを書いておきます。
【達意の文章とは】
1.具体的に、詳しく、わかりやすく、ものごとを伝へなければならない。
2.しかし、冗長ではいけない。簡潔であること。
【名文とは】
1.凝縮度が高くなければならない。
2.言葉に色艶がなければならない。
3.格調が高くなければならない。
4.息づかひが自由でなければならない。
5.黙読して心の耳に楽しくなければならない。
6.ものごとをうんと明確に見せてくれなければならない。
7.イメージと論理の使ひ方が巧妙で、その結果、言はんとすることがすらすらと、しかも然るべき抵抗感ないし摩擦感をともなひながら、頭にはいらなければならない。
・・・・・・以下省略・・・・・
我々素人は、せいぜい達意の文章を目指すのが関の山で、名文を書くのは到底無理です。
さあて、「その可能性は多い」が上記条件に照らしてどうなのか、私はその作品を読んでいないので判断できません(読んでも無理?)。「然るべき抵抗感ないし摩擦感をともなひながら」、読み手の頭にはいったのでしょうか。

投稿日時 - 2008-04-10 10:25:49

ANo.6

可能性と来れば、普通は高いか低いかになりますね。ただ、「可能性は多い」でも意味的にはしっかり通用しますし、この表現が結構広く普及して来ているのも事実です。いずれは誰もが抵抗なく使う時代が来るのではないでしょうか。

それと、「作家は、国語の模範文を書こうとしているわけではない」ということも考慮する必要があります。
小説・随筆等は新聞記事や論説文などと違い、創造性・芸術性(いわゆる「味わい」)に重きを置きます。人の感性に訴えることを主目的とするわけですから、必要に応じてわざと文法や慣用表現に逆らってみる場合も多々ありますし、そこから新たな言葉や表現が生まれることもあります。
「物書きのプロがこんな間違いを‥」とか考える前に、作者がなぜその言葉を選択したのかを考えてみるのも面白いと思います。

投稿日時 - 2008-04-09 08:36:33

ANo.5

たしかに「可能性」における「多い・少ない」は余り聞きません。

>星新一氏の書いたものなのですから、間違っていない様な気もします。

小説家の変な日本語って結構多いですよ。
松本清張は「遠慮そうに」という言葉を、複数回別の小説で使っていました。「そう」を直接、「遠慮」につけるのは無理です。
つけるなら「遠慮深そうに」としなければならないでしょう。
どうも松本先生は「遠慮そうに」は、普通の言葉だと思い込んでいたようです。

星先生も「可能性は多い」を普段から使っているんじゃないでしょうか。「遠慮そうに」よりまだマシかな?

投稿日時 - 2008-04-07 19:48:37

ANo.4

可能性は多い で検索すれば使用例はいくらでもでてくる。
簡単にミステイクと決め付ける前に、もっと調べる癖をつけないと将来笑いものになる。

投稿日時 - 2008-04-07 16:25:55

お礼

分かりました。

投稿日時 - 2008-04-08 16:43:59

ANo.3

それが、「数」ならどうでしょうか・・・
想像力がもっと働いてくれそうな気がします。

投稿日時 - 2008-04-07 12:12:47

ANo.2

「老人に多い病気」などともいうように、「多い」には「全体の中で占めている割合が高い」といった意味もあります。いわゆる確率・可能性が高いということです。したがって本来的な意味からは「可能性は多い」という表現はなくはないはずです。一般につかわれるかどうかは別として。

古語の「おほし」は「多」「大」の両方の意味を表し、後に「多し」と「大きなり」に分化したようです。平安時代には和文では、終止形「多かり」、連体形「多かる」、已然形「多かれ」が用いられ、漢文訓読では、「多し」「多き」「多けれ」が用いられていました。

投稿日時 - 2008-04-07 12:12:17

普通なら、可能性に対しては“高い・低い”を使いますね。
単に星先生のミステイクではないでしょうか。

投稿日時 - 2008-04-07 11:51:16

お礼

やはりそうでしょうね。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2008-04-07 11:53:31

あなたにオススメの質問