こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

彼女と結婚することに反対されています。

こんにちは。

私には付き合って8ヶ月になる彼女(1歳年上)がいます。
彼女とは遠距離恋愛(東京⇔福岡)です。

去年の9月に彼女にプロポーズをし、今現在結婚の準備を進めています。
私の両親、弟にも去年の12月、一緒に食事をするなどをして紹介し、彼女のご両親にも年明けに結婚の許しをもらうべく挨拶に行きました。
そのときは、特に私の両親も彼女の両親も反対などしてなく、まさに絵に描いたようにうまくいっていました。
そのまま結婚式の日取りや式場を決め、結婚後のことを話し合ったり着々と準備をしていました。。
また、彼女は幼稚園の先生を去年までしていましたが、職業柄年度途中で退職することができないため、今年の4月から幼稚園をやめ、今現在
パートとして働いています。

そんな折、私の不手際が原因で、私の親から結婚を反対されることになりました。
理由は結婚式の日取りのことで、彼女と私の母親が言い合い、一歩も譲らない彼女に対し、私の母親が、「あんな思いやりのない、ただ自分の我を通すだけの人と結婚したら、絶対あなたが不幸になる。」と彼女に対し、怒っているのです。
ことの発端は、私の結婚式の日取りについて、今年の11月にしようと、私は特に自分の親に了解を得ないまま、決め、式場に前金を払いました。
その日取りのことに関し、弟を出席させてあげたい(弟は留学中で、毎年5月と12月に日本に帰ってきます。)から、12月に伸ばしてもらえないかと先月母親から相談されました。私は、そのことを彼女に話すと、彼女は11月1日に結婚することを幼稚園の同僚の先生や、保護者の方、園長先生まで言っているから、変更はしたくないと言って、泣かせてしまいました。元はと言えば、私に責任があるので、どうしたらいいものか色々考えていました。
その矢先、彼女と私の母親が2人でお花見に行って、その場で私の母親が彼女に弟のことで結婚式を延期してほしいことを言ったのです。彼女は延期はしたくないし、延期するぐらいなら結婚式はしないとまで、言ったそうで、その発言に私の母親は悲しんでいます。
実は延期の話は今回だけでありませんでした、私の祖母の様態が思わしくなく、今年は喪中になるかもしれないことから、1月ぐらいに来年にしてほしいといわれました。
そのことに関しては、うちの両親を説得し、両親が折れて今年結婚式を挙げることを認めてくれました(そのときも彼女は延期には猛反対でした)。
私も折れたのだから、彼女にも折れてほしいという母の言い分はわかります。同時に彼女の11月1日に対する思いもわかります。
母親が延期について話したら、彼女は泣き、絶対に意見を変えようとはしなかったようです。
そのため、母親は彼女をよく思っておらず、わがままで我の強い人だと思い、彼女との結婚を反対されています。
しかし、私としては結婚するなら彼女しかいないと思っているので、なんとか母親に彼女のすばらしさを伝え、説得したいと思っていますが、どうしたらいいのか悩んでいます。

また、彼女は私の母親に悪く思われているとは知らないので、それは彼女に伝えるべきなのかについても悩んでいます。どういう風に伝えればいいのか・・・。
私としては、彼女と今現在の状況を共有し、お互いに知恵を出し合い、誰もが祝福してくれる結婚式をあげたいと思っています。

どうか、こんな私にアドバイスを宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-04-07 15:33:53

QNo.3929664

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(32)

ANo.32

No,18&25様は本当に良いこと仰る。

「結婚式の主人公は花嫁に限る。」
まさにその一言に尽きますよねぇ~。

彼女の我が強い、だとかなんだとかはどうでもいいんじゃない?
そもそも、日取りだって彼女の独断で彼女が勝手に式場に行って契約したわけでは無しに
お二人で相談して決めたわけでしょう?
既に契約金も払った。
だから、彼女は職場も辞めた訳だし。
今更、お母さんの一言で考え直せって。。。
これじゃあ、先が思いやられますねぇ。

はっきり言って、結婚しきって花嫁のもの。
両家の祝福も、招待客の祝辞も、全部全部この日の花嫁を飾るもの。
招待客が楽しみにするのは、花嫁であって花婿の母親や弟じゃない。

誰が為の結婚式ですか?
誰の結婚式ですか?

二人で話しあって決めた日取りということは、言葉を変えれば、
新しく家族となる二人が決めた日取り。
それに対して貴方のお母様が異を唱えたのなら、貴方は新しい家族の家長として、
新しい家族の意向をお母様にきちんと納得してもらえるよう説得するのが先でしょう。
もう、二人の新しい家庭に関することなんですから、二人の意見が重要視されるべきでしょう?
それとも、これから先も一々お母様になにか意見される度に右往左往振り回されるのですか?

彼女が言ったことをそのまま「彼女がこう言ったから」と伝える必要はないでしょう。
というか、それを貴方が新しい家庭の意向、としてきちんと伝えるのが貴方の役割。

誰もが祝福してくれる結婚式とは、花嫁の譲歩の上に成り立つものではないと思いますが。。。

投稿日時 - 2008-04-15 14:18:18

ANo.31

奥さん大事ですよ!
これからの家族はお母さんじゃーなく、彼女だってことを思い出してください!!!

なので、嫁希望第一っしょ。

投稿日時 - 2008-04-15 13:21:31

ANo.30

どうでもいいけど祖母が死にそうなら、
延期どころかむしろ早めにやったほうがいいのでは?

彼女だって
「ばーちゃんが生きてるうちに君の花嫁姿を見せたい(だから式を早めたい)」なら、
心に響くものがあったかもっていうかあったと思いますよ~

全ての人に祝福して欲しい、なんていえばきこえはいいですが、
要はあなたが「恋人にも母親にもよく思われたい」という見栄なのではないでしょうか
お母さんが「親族にいい顔をしたい」ように、
彼女が「職場で恥をかきたくない」ように.....

だから誰も動かないし、動かせないんじゃないですか

正直、婚約中に親が死ぬとか、結婚式に兄弟が出れないとか、
そんなのはよくある事でたいした事じゃないんです
たいした事じゃないだけに、議論したって結論なんか出ませんよ
たいした事っていうのは、たとえば彼女が妊娠した!とかね
だからデキ婚は強いんです
(何者にも有無を言わせないという意味では)

彼女の両親は何と言ってるのでしょうね?
何も言ってない、ないし本人に任せる、という姿勢だとしたら、
彼女の両親を見習ってみてはどうでしょう

間に入って調整、があなたの手におえそうにないなら、
僕はどっちでもいい、二人(ママと彼女)に任せる、というのも手です
それで、私たちではラチがあかないから「あなたが決めて」というところまできたら、
あなたが決めれば、誰も文句はないでしょう?

投稿日時 - 2008-04-09 13:24:38

ANo.29

こんにちは。
回答が多いので全て読んでいないので重複するかもしれませんが、
ご了承ください。

今回の件で一番悪いのは質問者さんですよね。
身内の件なのに全く日取りを決める際に配慮が無いのですもの。
弟の帰国日程やお祖母様の容態などは質問者さんには判っていた
はずですよ。
それなのに全く配慮しないなんて考えられません。

次に悪いのは質問者さんのお母様だと思います。
だって発言が矛盾していますもの。
まだ存命中の方の喪中を理由に来年に延期なんて聞いたコトが
ありません。
残念ながら亡くなられた場合の延期は仕方がないと思いますけどね。
そして「弟の帰国の件」
では当初の発言にあった「喪中だから来年に延期」の際には弟は
不在だって事になりませんか?
それともまさか延期の日取りの第一候補は来年の5月ですか?

よく考えて下さいね。
お祖母様が年内存命で年明け早々亡くなられた場合、来年一年は
喪中って事になりますよ?
それでは何時挙式するのですか?
弟さんの件も含めたら再来年の5月?
ありえませんね。

また二人で花見に行った場面での延期の依頼も変だと思います。
婚約者さんから花見に誘ったなんて考え難いので、誘ったのは
お母様でしょう?
婚約者さんからしたら「彼のお母さんが仲良くしてくれる!」と
思い喜んで行かれたのに、目的は「日取りの延期の説得!?」
って思ったのでしょうね。
さぞ悲しかったと思いますよ。
泣いて拒絶するのは行き過ぎだったにしてもね。

どのようにすれば皆が祝福してくれる式になるかは判りません。
拗れまくっている以上、相当難しいと思います。
でも質問者さんは「一体どうしたいの」でしょうか?
鍵はここにあると思いますけどね。

蛇足ですが、付き合って8ヶ月でプロポーズが9月ですか。
付き合い始めたのが9月頃でしょうに、随分早い展開ですね。
ちょっと釣りっポイ?

投稿日時 - 2008-04-09 13:13:38

ANo.28

こんにちは。

率直に申しますと、質問者様には責任感とポリシーがありません。

結婚式は一生に一度の大切なことです。
つまりは日程を決める前の時点でスケジュール調整は始まっています。
家族との調整を怠ったのは公平に見ても、質問者様の責任です。
・・・ここまでは質問者様は分かっている、と文面で書いていますが、
果たしてそうですか?

質問者様は祖母のこと、弟のことを考えなかった。
これが事実です。
今でも本当に出席して欲しいという気持ちも伝わりません。

「母親が悲しんでいるから」「彼女を泣かせたから」
まして、彼女に母親が悪く思っていることを伝えるべきかとは。
それは自分が失敗をしたら上司もしくは部下、取引先のせいにするのと同じことです。
それを失敗した相手に伝えるんですか?
自分の行動に責任を取れないのは仕事でも同じですか?

結局、式の日取りはどうしたいのですか?
この日にしたいから周りを説得するのにアドバイスが欲しい、
責任をきちんと取りたいから行動のアドバイスが欲しいならまだ分かりますが・・・
それすらも自分の考えが持てないのがポリシーの無いところです。
解決どころかこのままでは回答者も母親が悪い、彼女が悪い、あなたが悪いの堂々巡りの回答しかきません。

質問者様の大切な方々は、ご自身の責任とポリシーの無さに翻弄されています。
このままでよろしいんですか?

投稿日時 - 2008-04-08 19:03:54

やはり、諸悪の根元は、親にも彼女にも良い顔をしようとする質問者様にありますね。

>彼女にも折れてほしいという母の言い分はわかります。
>同時に彼女の11月1日に対する思いもわかります。

これがすべての混乱の根元ですよ。
花嫁にとって一番いらだつのは親の意見にフラフラする婚約者の姿です。

>私としては、彼女と今現在の状況を共有し、お互いに知恵を出し合い、誰もが祝福してくれる結婚式をあげたいと思っています。

私の夫もこんな事を言ってました。しかし、お母様と彼女が直接対決してしまった以上、もうそんな『誰もが祝福してくれる結婚式』なんて無理です。もう、手遅れです。結婚式を挙げる以上、何らかのシコリが残ります。それをいかに小さく治めるか・・・それが今後の課題であり、質問者様の言動しだいですべてが決まります。

彼女は私の母親に悪く思われているとは知らないので、それは彼女に伝えるべきなのかについても悩んでいます。どういう風に伝えればいいのか・・・。

こんな事を言っている様では、質問者様は精神的に、まだ、結婚できる域ではないのかもしれませんね。こんなことを打ち明けるなど、言語道断です。わざわざ嫁と姑の間に溝を掘る様な行為です。嫁と姑はしょせん他人です。家族ではありません。互いの悪口は、一生記憶に留まります。夫のこうした無知な言動が、本当に多くの嫁姑のトラブルを引き起こしているのです。

彼女が日取りの変更をいやがる事情を考えてみてください。幼稚園の先生ってまだまだ女社会。女同士のエトセトラもあるかもしれません。そんな中、結婚式の日取りの変更は、質問者様のお母様や質問者様自身が考えているほど、気楽なものではないかもしれませんよ。

今、一番必要なのは、質問者様の覚悟です。
親の側につくのか、彼女の側につくのか、それをしっかり決めてから行動してください。両方にいい顔など、それこそが、混乱のもとです。彼女さんも意地になるばかりです。
親の説得には、『彼女の気持ちを尊重したい・・・』などと、決して彼女を矢面に出さないことです。たとえウソでも、『彼女は日取りの変更に賛成してくれたけど、僕がその日でないとイヤだ』と言ってください。でないと、彼女をかばうことにはなりません。彼女を矢面に立たせれば、母親の方がさらに意地になります。姑なんてそんなものです。今、新郎としての態度をハッキリさせないと、親との絆も彼女との絆も傷が付き、結婚式後もトラブルが続きますよ。

投稿日時 - 2008-04-08 14:42:54

ANo.26

私は彼女さんの気持ちがちょっとわかります。
というのも、私も相手方家族の都合で式の日を変更したからです。
私の場合は自分家族にも、相手家族にも日取りを確認し、相手家族に
合わせた状態で予約をしたのにも関わらずだったので、まあ家族に
相談せずに日取りを決めた所にまずお母様は怒り、質問者様を責める
べきでしょう。
私の場合は相手のお姉さんが、お子さん(彼の姪っ子ですね)の都合
で、一家揃って欠席することになると言われました。
しかし彼家族はそれでもしょうがない、私のほうに申し訳ないので、
欠席でかまわないだろうと言いました。
私の親も、「向こうの家族に合わせたのに、どういうことよ!」と私が
怒るので「いいじゃない、お姉さんはいなくても」と宥める側でした。
私は会社には言ってませんでしたが、友人には話していました(日取り
決定から1ヶ月ほどたっていましたので)。
正直すごく迷いましたね。やっぱり「日取りが変わった」って言い辛かったですし。
でも、やっぱり新郎・新婦の親兄弟が揃っていないって、よっぽどの
理由がない限りは避けたほうがいいですよ。
私は迷ったし、秋挙式ですがもう予約も埋まっていて同じ式場で違う
日は予約できませんでした。すごく気に入った会場だったのに。
もちろんキャンセル料として前金は帰ってきませんでした。
式場はものすごく重要なところですが、それよりも兄弟がいないという
コトの方がずっと嫌でしたよ。

彼女さんに折れてもらったほうがいいです。
園長先生他の職場の方たちは理由さえわかれば別に解ってもらえると
思います。ただそれを言う彼女さんはすごくかわいそうだと思います。
質問者様の実弟さんのことでこういった事態が起きたのですから、
「お母さんが」ではなく「自分の不手際だった」と詫びましょう。
彼女が許してくれるまで詫びましょう。
彼女さんが「弟なんかいなくていい」と言っても「お母さんが」ではなく
「自分が弟にも出席して欲しいから」と説得してみては?
そして日程を相談してなかったことを悔やみましょう。でも11月に
弟さんが帰ってこれないことが解っていなかったんでしょうか?
それとも弟さんは出席できないけどいいや、と思っていたんでしょうか??
「出席できないけどいいか」と思っていたのならこのまま11月挙式で
進め、自分がそう思っていたのだからとお母様を説得しましょう。
決して彼女さんが我侭ではないです。

それからご両親が折れたという「喪中になるかもしれない」ですが、
実際どうなんでしょうね。もし来年喪中になってしまったら、延期した
彼女の気持ちって、「結局今喪中かよ!」ってなるんじゃないですか?
わからないことじゃないですか・・・もしかしたら本当に今年喪中になり、
喪中で挙式になる「かも」しれないですが、「かも」なんですよ。
でも私なら延期しますね。

投稿日時 - 2008-04-08 13:06:09

ANo.25

No.18です。
一読しただけで、全ての非は質問者にあります。
そうであれば、

■私の母親が、「あんな思いやりのない、ただ自分の我を通すだけの人と結婚したら、絶対あなたが不幸になる。」と彼女に対し、怒っているのです。

というのは真実ではなく、「質問者のように思考力も責任感もない男と結婚する女は不幸になる。」のが正しい。
つまり、貴方の母はただの親ばか。(笑)

こうなったら、「理屈」じゃないんじゃないかなぁ…。
かわいそうなのは、仕事まで辞めて知能が低い貴方と結婚準備を進めた彼女。

つくづく思いますが、思考力が無い男のみせかけの誠意とか愛情って、誰も幸せにしない嘘っぱちの偽者だと思う。
バカはバカなりに、筋を通したらどうかな。
つまり旗幟鮮明にする。
こうなったら折衷案なんて通用しない。
親か妻となる女か、どちらかを選べ!

貴方の婚約者は、バカな貴方にそう最後の決断を迫っているんじゃないかねぇ、、、オバカさん♪

投稿日時 - 2008-04-08 10:14:48

ANo.24

母親が弟が出席する為に12月にして欲しいとの意見に関しては、質問者さんはどう思っているのですか?
母親が・・・と言っているからはこの際ちょっと置いて、自分も結婚式に弟には是非出席して欲しいと思っているでしょう?
母親と彼女の気持ちはわかりますと述べていますが、私は質問者さんが何月にしたいかわかりません。
自分の本心を言って下さい。

弟が出席可能な月に式を挙げたいのが本音でしょ?

質問文では母親対婚約者の意見の対立となっていますが、
質問者さんの彼女に告げてない隠れた本心、対、彼女の意見だと思います。

結婚式を挙げるなら弟の出席は必須です。
親族なのですから、ゲストを招いておもてなしをする側の立場です。
一方彼女の職場の方は、ゲストです。

最近、式だけを挙げてお披露目は身内だけの場合もあります。
(結婚には身内の存在は不可欠ですから)


彼女の職場の人の都合(自分のエゴ)と弟の出席を天秤に掛けたら、弟の出席の方が大事な事は誰でもわかります。

また彼女は、質問者さんの家族の誰かが自分達の結婚式に出席出来無い事に関しては、何とも思わない感情が、我が強い・我儘にプラスして思いやりの無い女性だと思います。
自分の事しか考えて無いのでしょうか?

彼女は弟さんが出なくてもそれは仕方無い事。
自分達の式には、居なくても構わないと考えているのでしょうか。



>彼女は私の母親に悪く思われているとは知らないので、それは彼女に伝えるべきなのかについても悩んでいます。

結婚するつもりなら伝えてはマズイでしょう。
しかし普通の女性なら、「私はあなたのお母様の前で泣いてしまって駄々をこねたようで、嫌われてしまったかしら?」と悩むものです。
自分の取った態度に関しても、全く気がついて無く、それが恥ずかしい好意だともわかってない事も彼女の性格は?と思ってしまいます。


>誰もが祝福してくれる結婚式をあげたいと思っています。

それは12月の弟さんが帰国して式に出られる事です。
彼女の言い分の職場の方は他人ですから、何月になっても祝福はしてくれます。
11月が12月に変更になった事で、友人関係が壊れる事はないはずですし、他人事なので大した事とは思わないでしょう。
招待状もまだ送ってないはずですので、12月に延期なっても、「あら、そんな事情なら仕方ないわね。」で終わると思います。
ボーナスが入ってからの結婚式なら尚更喜ばれるかもしれません。

冷たいようですが、他人はそんなものです。
中には、結婚式に招待されてお金の出費が・・・と思ってしまうセコイ人も居るかもしれません。

職場の人の1~2人が都合で出席できなくても、悲しむ人は彼女だけでしょう。
しかし弟が出席できなくて悲しく思う人は、質問者さんとその両親・弟本人・その他の親戚です。


>こんな私にアドバイスを宜しくお願い致します。

カカア天下は上手く行くという言葉がありますが、彼女の場合は違います。
単に我儘です。
主導権を女性が握る事は意外といいことがありますが、今回の場合は質問者さんが自分の意見を通しても良いと思います。
「僕は弟に出席して欲しいから12月にしたい」と言ったら彼女は何と言いますか?
それの回答次第では式は延期にして、もう少し交際してこの先やって行けるか判断する時期も必要と思います。

投稿日時 - 2008-04-08 09:37:07

ANo.23

ここまでこじれて、すぐに誰もが納得し、祝福できる結婚式なんてないと思います。
結局のところ、あなたが何を1番に選び、誰の盾になるかだけだと思います。

彼女も彼女だし、お母様もお母様ですよね。そもそも姑と2人で花見?ちょっと厳しいですよね~。そういう事態でいかせることもどうなの?と思いました。

彼女は泣いて頑なになったのは幼い対応でしょう。
でも、彼女は結婚のために仕事を変更している。それなのに今になって結婚の延期話が2度も出る。一体いつになったら結婚するのかと不安になったのでしょう。失礼ですが今年は喪中になるかもしれないというのは確定ですか?例えば来年早々に喪中になったらまた1年パートをさせるつもりですか?弟さんの帰国は11月に一時的にできないものですか?また絶対に弟が参加しなければダメなのですか?そして、そういう問題が起こるたびにどちらにもいい顔をしようとするご質問者様に不安を覚えたのではありませんか?
また今回の結婚で色々口を出されて、結婚後もお母様が色々干渉してくるのではないかと彼女は不安を感じたのではないでしょうか?

あなたのお母様の気持ちもわかりますよ。弟を参列させたい。たかが1ヶ月の延長くらいダメなのかと思うのでしょう。彼女の態度も大丈夫なの?と思われたことでしょう。でも、彼女に直接話ししてしまうのはどうなのかしら?それに弟のことは事前にわかっていることなのだから、あなたと結婚式は○月くらいにしてね、と一言告げておけばよかったのではありませんか?何だかあなたとあなたの家族の話し合いの足りなさを感じます。
それから、こんな状態で彼女がお姑さんに好かれていると思いますか?嫌われていることは重々感じているでしょう。あなたのその鈍いところが結局お母様も彼女も泣かせることになっているのですよ。
もっと話をして確認しながら進めましょうよ。
過ぎてしまったことは仕方ありません。どちらかを選び、気分を害された方には今後しっかりやっていくことで許して貰うしかありませんね。ずっと尾はひくと思いますが、仕方ありません。

投稿日時 - 2008-04-08 01:29:26

ANo.22

 賛否両論ありますが、私はお母さんの意見・考えに賛成します。

 普通、義母になる人に向かって、意見を伝える時に泣き通しでごり押しなんかしませんよ?売り言葉に買い言葉を言うなんて、もっての他です。

 確かに結婚式は式を挙げる人が中心ですが、いくら自分たち中心のイベントでも、周りの状況を考えて行動するのが大人です。お母さんは大人の対応をしていると思いますが、結婚相手はそういう認識が欠如しています。

 状況に柔軟に対応できないパートナーだと、質問者様も生活をしていく上で苦しみますよ?ずっとこの先、何年も何十年も同じことが繰り返されますよ?今は付き合って8ヶ月で、彼女のいいところしか見えていないんじゃないですか?

 質問者様が彼女に結婚式を11月にこだわる理由を聴くことも大事ですが、それだけ11月挙式をこだわる彼女が、義母にその理由を直接言えないのも問題だと思います。

 最後に言っておきます。質問者様、結婚はいつでもできます。時期を逃したら結婚できないという人もいますが、本当に自分のことを愛している人ならば、相手は必ず待ってくれます。待てないという人は、所詮自分の事をその程度にしか愛しておらず、その程度の覚悟で自分と結婚するのです。

 自分の経験になりますが、私は当時付き合っている彼に結婚をせかされ、数ヶ月で結婚しました。しかし、短期間に破綻しました。破綻原因はDVですが、これはもう少し長く付き合えば理解できた思います。

 恋愛は夢見心地でかまいませんが、結婚は現実です。周りの意見に耳を傾けた方が結婚はうまくいきます。結婚に失敗しないためにも、冷静な判断をしてくださいね。

 

投稿日時 - 2008-04-08 01:07:42

ANo.21

504

つい先日息子が結婚しました。
私は姑の立場から言わせてもらえば、いくらご自分達の結婚だからといって
勝手に日にちを決めても、それで都合がよかったら済んだのでしょうが
親兄弟の出席は不可欠だと思うのですが・・・
少し配慮が足りなかったですね。
彼女さんは、質問者さんのお母様に対して、かたくなに1歩も譲らなかったのじゃないですか?話し合いの余地なく、泣いて意思を通そうとしたり、
挙句は延期なら結婚自体やめるなどとは、私でも反対しますよ。
少し考えさせてほしいとか、質問者様と相談するとか言えなかったんですかね。とても無理だと思っていても、一言有ればお母様もそこまで反対もしなかたのではと思いますが。 文面から見て、彼女さんは、質問者様が自分にメロメロなのをわかっているので、高飛車に出ているように見うけられるのですが。第一、いくら売り言葉に買い言葉でも、将来のお姑さんに延期なら結婚やめるは、自分の息子はその程度なのかと、じゃぁ、やめてもらってもいい!!くらい、言ってやりたくもなります。
母親としては、私もですが、先が思いやられると感じます。

うちの場合は、秋に田舎の方で挙式してほしかったのですが、自分達の都合で3月に他県で行ないました。
でも、こっちの意見を聞いて、伸ばしてこちらでする方がいいかも?って
お嫁さんが言ってくれて、そうなると、こっちも”ごめんね無理な事言って、早いほうがいいよね、お互い安心するから”
子供の幸せを母親は一番願っている者です。むやみやたらに反対なんかしませんよ。
ご自分の言動で、お母様がこころよく思ってないのを、きずかないってのも、どうかと思いますが・・・
親兄弟とは、これからずっと関わっていかなくてはなりませんよ。
質問者様次第だと思います。
日程を変えたくなかったら、誠心誠意、親御さんと話し合ってみてはどうですか?
もちろん、彼女さんも、その時は気が動転していてとか、少し可愛げな態度で、接したほうがいいと思いますが、良い方向に向かうと良いですね。

投稿日時 - 2008-04-08 00:05:31

ANo.20

彼女にはまずお義母さんと仲良くうまくやろうという意識がたりないように感じます。

予定の11月に結婚式をあげたいことにこだわる、私ならどうしてその日がよいのか、ということを伝えますね。
彼女がどういったかわかりませんが、泣いて意見を変えないとか、猛反対だとかというのは「相手のいうことはきく耳もたず」で自分の主張しかしていないわけでしょう?

どうしても自分の意見を変えたくないとしても、そこではぶつからずに「質問者さんと相談してみます」で切り抜ける。
うまくやろうっていうのはこういうことだと思うのですよ。

お母さんのご心配はもっともだと思います。
婚約期間を延長して、式の予定自体をもう一度組みなおしてみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2008-04-07 23:42:27

ANo.19

私は彼女がわがままだと思います。

11月なんて別にまだまだ先だし、変更したっていいと思います。
私が彼女の立場なら、義母になる人に頼まれれば、嫌とはいいません。
それにあなたのお母さんの言うことは間違っていません。

今年喪中になるかもしれないから、来年にって言った時も猛反対だったんでしょう???
ありえません!!死ぬのなんか知ったこっちゃないって事ですか??
たった2ヶ月、私なら快く延ばします。
それにたった8ヶ月しか付き合ってないんでしょう?

悪いことはいいません。早まらない方がいいですよ。
あなた彼女のいいところしか見てないから、結婚したら大変ですよ。

それに、あなたの母親に悪く思われてるのを知らないってかなり
自己中だと思いました。 相手がどんな気持ちになるか分からない
人は、本当に苦労しますよ。
もう尻にひかれてるようですが。もう遅いかな・・・
お母さんの心配は現実になりますよ。  

投稿日時 - 2008-04-07 22:43:54

ANo.18

僕は50代の古い考え方のオヤジなので、「結婚式の主役は花嫁」という感覚があります。
いいじゃない、花婿の両親とか弟とか、どーーだって。(笑)

結婚式で「絵」になるのは、な~~んたて花嫁の笑顔、幸せそうな笑顔と感激の涙、バージンロードを歩く花嫁と花嫁の父…。
あっ!ついつい感情移入してしまった。(笑)

貴方のご両親は非常識じゃないけれども、文句無く頭が悪い!
結婚式の「絵」に、何を想像してるんだ?
花婿と弟の抱擁?オエッツ…(笑)

っていうか、こんな話、君が、

「おふくろ、野暮なこと言うなよ、結婚式の主役は純白の花嫁だ。」

って言えば、

「あっ、そうだね」

ですむ話。
勿論、君の母親に年長者としての分別があればの話だが。(笑)

結婚式で一番「偉い」のは花嫁でなければならない!

投稿日時 - 2008-04-07 22:18:57

ANo.17

NO.01です。お礼いただきました。
あなたの考えも分かるんですが、彼女はただ「二人で決めた事」に関して、姑の立場である人に首を突っ込んで欲しくないだけ、だと思うのですが。今姑の意見を取り入れたら、今後自分達に干渉してくるのではないだろうか、と思っているのかもしれません。
もしそう考えているのなら、その他の事に関して干渉はさせない、とあなたがキッパリと彼女に約束して、今回の事は飲んでもらう、とか。
周りに日程を知らせている、ということだけが問題ではないと思うんです。我が強い、と言うよりは将来への危惧。あなたは長男だろうし、その辺の事とかも色々先走ってしまっているのではないですか。
どうしてもご自分の両親が納得できる日程で、と仰るなら、彼女のご両親に相談してみる、とか。でも、あまりいい方法ではないとは思います。一般的な両親ならば、自分の娘が相手方に少なからず迷惑をかけているのなら、非を詫びろというはずです。しかしそれは逆効果になると思うんです。あなたが自分を守ってくれない、自分より両親の意見を大切にする、と思うかもしれない。(ここで、彼女の両親が、何故自分の娘の意見を最優先にしないのだ、と言ったら失礼だが両親から問題あり、となりますが。)
まずは、彼女がなぜその日程に拘るのか、よく聞いてみてください。そこに問題解決のヒントがあると思います。

投稿日時 - 2008-04-07 22:04:08

ANo.16

やはり結婚というのは、お二人のことですから、相談して決めたことをすぐに変更しようとする質問者さんがよくないのではないでしょうか?

誰の為の結婚なのか、誰の気持ちをいちばんに考えなくてはいけないのか、もう一度考えてみてもいいと思います。
このことで我が侭を通そうとする彼女、泣いて意見を曲げない彼女、すぐにあやまろうとしない彼女...でも、原因は質問者さんの家族とのコミュニケーション不足です。

弟さんが留学しているからと言って、一旦決まっているものを簡単に変えようとする質問者さんのお母さんも、もうすこしふたりの決めたこと、ふたりの結婚式だということをもっとしっかり考えてあげたほうがいいのではないでしょうか?

質問者さんが彼女と決めたことをきちんと予定通りにできないのは何故ですか?
結婚は家同士の関わり合いも大切ですが、まずはお二人がちゃんと同じ方向を向いているかどうか、お互いの気持ちをどんなときも理解できるかどうかなのではないでしょうか?
この時期に彼女の見方になれないなら、長い人生の中で、どんな時に見方になってあげられますか?

一旦白紙に戻す程のことではないと思いますので、あまりまわりがぎくしゃくして大変でしたら、予定の日に婚姻届を提出するだけにして、挙式や旅行は海外でゆっくりされるのがいいのでは?

投稿日時 - 2008-04-07 21:56:35

ANo.15

わたしも彼女サンは我儘な方だと思います。

両方のご家族を含め、みんなに祝福して欲しいのであれば、彼女サンが折れ、質問者様の親御さんに「自分の我儘で不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。」と謝るべきだと思います。
質問者様からすれば、彼女サンを庇いたいのでしょうが、ここで庇ってしまっては皆様のおっしゃるように今後の付き合いが大変になってくると思います。

彼女サンが早くしたい気持ちも分かりますが、「延期するなら結婚しない。」と泣くのは大人の女性として恥ずかしいと思います。しかも、質問者様の母親の前で…
子供の駄々っ子ではないのですから。
泣かずに延期したくない理由を話せば良いだけ。
そんな彼女サンではいくら正当な理由があるとは言え、ただの我儘と思われても仕方ないように思います。
そもそも、彼女サンが11月1日に拘るのは何故でしょう?
色んな人に言ってしまったから?1日も早く結婚したいから?
来年または12月に持ち越すと30歳になってしまうから?(これは年齢を知らないのであくまで自分の憶測ですが。)
11月2日になったら死ぬ(例えは極端ですが)わけじゃあるまいし、
たった数か月、長い人生から見たら何ぼのモノでしょうか。
「延期するなら結婚しない」そんな程度で辞めてしまうような簡単な気持ちで結婚するなら、結婚をお辞めになられてはいかがでしょうか。
反対されてもいないのです。ただ、少し時期をずらすだけの話なんです。
彼女サンが本当に質問者様を大切に想い、質問者様と結婚されたいのであれば、彼女サンが引くべきです。

世の中に結婚を延期してくれと言われたカップルはあなた方だけではないはずですよ?
少なくとも私もその一人です。

質問者様は彼女サンにまず、お母様に対する態度を注意すべきかと思います。
それは、息子としてではなく一人の人として。
確実に泣いて駄々こねるのは大人のする事ではありませんから。
そして、彼女サンを守るのも説得するのもあなたの役目ではないでしょうか?
彼女サンをイイ印象に戻したいのであれば、謝らせた方が一番だと思います。
結婚するのは本人達です。しかし、あなた方は親御さんの子供なのです。
あなた方の好きにして良い部分と、親御さんの意見を聞き入れなければならない部分があると思います。
私は、結婚式で親に「ここまで育ててきて本当に良かった」と思われるのが最大の親孝行であり、子供の義務だと思っています。
ここで大人になれなければ、これから先大丈夫でしょうか。
長文失礼致しました。

投稿日時 - 2008-04-07 20:07:10

ANo.14

ちょっと彼女がかわいそうですね。

どこが「我が強い」のでしょうか?

前金を払ったと言うことはもう決まったようなものですよね?ふつうは日にちを抑えるための「担保」のようなものとして納めるものでしょう?日にちを変えるとなるとキャンセル料などもかかるところもあるので、一般的にみても日取りが正式に決まったものと思います。

また、彼女は園長先生にまで報告しているのでるよね?そうなると、みなさん出席するためにすでにスケジュールを調整していると思います。園長先生くらいになると、それこそいろいろな付き合いなどもあるでしょう?他にもあななたちの結婚式に出席するために、なにか予定を取りやめた人もいるかもしれません。親族だってそうでしょう。そういう人たちに迷惑をかけると彼女や彼女のご家族の信用問題だと思います。

そもそも質問者さまがご自分のご家族とのコミュニケーションが取れていないことが原因であって、彼女はとばっちりを受けた「被害者」だと思います。不測の事態での延期なら彼女も考えたと思いますが、弟の帰国などは前々からわかりきっていたことでしょう?それを納得しろというのも難しいと思います。彼女からしてみれば、「なぜ質問者様の家庭は日取りを決定する前に、親族の中で一番身近な弟の出席についてきちんと話し合ってないのだろう?」と不信感を抱くと思います。

どうするかは質問者さまの判断になると思いますが、ことが大きくなると彼女のご両親、親族、知人からのあなたへの信頼も失墜すると思うので、慎重になってくださいね。

投稿日時 - 2008-04-07 18:55:45

ANo.13

結婚して10数年目の女性です。

最初は、彼女とお母様の女の戦いなのかなと思いながら読んでました。でも全部を通した感想は、質問者さんと彼女のつりあいがよくないな ということです。そういう意味ではお母様の反対は【一部】わかります。ただ、私は彼女さんが我侭だというより・・・それも事実かもしれませんが、そういう彼女をぜんぜん御すことのできてないあなたに問題ありだと思いました。

世の嫁・姑のこじれる原因て、半分ぐらいは嫁やら姑やら第一線の当事者の間にあるかもしれませんが、残りは結構、男性にあることも多いんですよ。確かに喧嘩の場面だけ見れば、男性は何もしてないかもしれません。でも、もとを正すと、なぜ嫁と姑という赤の他人がかかわりをもつようになったかといえば、その間に「夫」があったればこそです。3者の中で一番情報量が多く(妻のことも母のこともよく知ってる)キーマンとなるのは断然夫です。そのキーマンが優柔だったり何も考えてないとか、役不足ですと、周りのバランスがおかしくなってしまいます。

また、取り持ち方だけでなく、質問者さんと彼女のカップルとしての出来具合が良ければ、外の人とのかかわりもうまくいくはずなんです。彼女のわがままさや強硬さが出てきても、あなたという人間の重みが普段から彼女に伝わっているほどであれば、あなたも簡単に彼女をおさめさせる魔法の言葉をいくつか知ってたはずでしょうし、彼女も素直におさめられたはずです。

ですからお母様がこの結婚に難ありと思われる部分は賛成だけど、「あの子がわがままだから」というのは息子かわいさの発想で、ちょっと偏ってると思います・・・それは立場ゆえにしょうがない範囲かとも思いますけど。正確を期すならば、「我の強い女性をパートナーに選んだ割に、それをうまく扱う度量がまだ備わってない」でしょうか。

お母様のことは置いておいて、質問者さんが彼女にしめしのつかないところが問題ではないでしょうか。周りのことというのはキッカケではあるけど、本質はそこだと思いますよ。

投稿日時 - 2008-04-07 18:48:35

ANo.12

申し訳ないけれど、「我の強い彼女」と、その彼女にすぐ流されてしまう質問者さんのカップルで、はたして今後うまくやっていけるのか?と真面目に考えてしまいます。

なぜ11月1日なのでしょう?5月1日だったら、もう招待状も発送してしまっているでしょうし、いまさら変更はできないでしょうけれど、11月だったらまだ変更できる時期ですよね?その日以外は譲らない、というのはちょっと理解できません。

今後もこういうことはいくらでも起こりますよ。朝、今日は外食にしようね、と約束したけれど、仕事で残業になってしまい外食はできなかった。そしたら妻は実家に帰ってしまい、離婚届の用紙と慰謝料の請求が届いた、という話はよくあることです。

弟さんは留学されているとのことですが、留学の場合時期によっては一時帰国はできないことはよくあります。無理に出席する必要はないですが、この一件をもし弟さんが知ったとき、後日彼女と弟さんが仲良くなれると思いますか?また、出席しないことについて、彼女側の親戚などにその理由を説明する機会はありますか?「やぁねぇ、新郎の弟は欠席ですって。どういう家なのかしらね」という会話で終わってしまうのではないですか?

また、お祖母さまの体調が悪いとのこと、もし10月末に不幸があったときに、それでも質問者さんは結婚式を強引に行いますか?また彼女になかれてそのまま自分の親戚なしで挙式しますか?

質問者さんは「彼女の11月1日に対する思いもわかります」と書かれていますが、いったいどんな思いがあるのでしょう?「もうすでに招待してしまっているのに恥ずかしい」という思いですか?そしたら次は「新郎の弟が欠席なんて恥ずかしい、なんとかして」と泣かれるような感じがします。彼女は自分の対面だけが大事で、質問者さんの家族のことなんて眼中にないのです。

お互いに知恵を出し合い、誰もが祝福してくれる結婚式を、と思うのであれば、まず質問者さんが彼女を説得するしかないです。今から嫁と母親の板ばさみになっているようでは、先は続きませんし、どちらがより正しいか判断できないようでは、世帯主として頼りなさすぎですよ。

投稿日時 - 2008-04-07 18:07:19

ANo.11

私は海外挙式を旦那の親の反対で諦めました。
旦那も親が嫌と言うなら自分も嫌。って感じっだったので質問者さんの彼女が羨ましいです。

ただ彼女が何故そんなに11月1日に拘っているのか分かりません。
まだ先の事ですし延期も1ヶ月ですよね?
他の人に言っているから。と言っても留学中の弟さんの出席の為延期すると再度言えば良い事。
この理由なら皆納得で反って好意的に受け止めてくれるのでは?
と思うのですが…。他に理由が有るのでしょうか?

きちんとした理由があり頼んでいるのに、延期するなら結婚しない。まで言われるとお母さんの反対も理解出来ます。
ちょっと我は強いですよね…。
彼女が悪く思われていると知らないっていうのは問題だと思います。
喧嘩してでも変更したくないのかと思っていたのですが気付いていないのならきちんと伝えた方が良いのでは?
(あちらが言った事を泣いてまで拒否したのですから好印象を持たれていない事は分かると思うのですが…)

私は結婚前に旦那の親との関係を悪化させたくなかったので私が引きました。
一生に一度の事なので自分の思った様にやりたい。なのか
多少我慢しても円満に上手くやって行きたい。なのか彼女に確認した方が良いと思います。

ここまで拗れてしまうと、11月1日を押し通し、誰もが祝福してくれる結婚式は難しいかと思います。
仮に結婚はOKしても溝は残りますよね。
彼女の思いをくんで上げるのも良いですが、彼女と自分の家族が上手く行く様にするのも彼女を守る事に繋がると思います。
彼女を説得した方が後々良いのでは?と思いますが…。

投稿日時 - 2008-04-07 17:08:30

ANo.10

文章だけ読んで彼女は我が強く、お母様は常識的な人だと思いました
それでも質問者さんは彼女を擁護したいんですよね
だったら、「2人で決めたことだから口出ししないで欲しい」と押し切るしかないでしょうね
親として家族が揃わずに結婚式なんて前代未聞です
誰もが祝福なんて無理な話ですし、彼女の素晴らしさも伝わらないでしょうね(例えどんなに素晴らしい人でもですよ)

彼女はこれだけのことがあって、悪く思われてないと思いますかね
もう悪者覚悟での発言じゃないんですか?
気がついてないなら教えてあげるべきですよ
これから先、嫁と姑として最初から躓いているんですから
ある意味、生涯バトルは覚悟しなくてはいけません
「こんなことになるくらいなら、あのとき言ってくれたら日付くらい変えたわよ」といわれても後の祭りです

弟さんは12月でないと絶対に帰国できないんですか?
それとも、弟に合わせたいというだけなんでしょうか?
そこらへんも大事だと思います
合わせたいだけなら、彼女の気持ちも判る気がします
やはりどうあれ「主役は自分たち」ですからね・・・

投稿日時 - 2008-04-07 17:01:10

ANo.9

彼女にしてみれば、職を失うわ年をとるわで踏んだり蹴ったり
ですね。喪中で年明け以降、なんて言われたらいっそもう1年
働きたいと思ったでしょう。
そしてもしかしたら彼女さん29歳から30歳の年越えラインにいた
りするんじゃないですか?1歳違いだけれど生まれ月の関係で同い
年になる間に結婚したい、とか20代で結婚したいとか、こだわりの
ある女性は沢山いるみたいですよ。

現状では不安にさせられてばかりだと思います。

失礼ながら、お付き合いが8ヶ月とまだ浅いのですから、もっと
彼女の立場に立った物の見方をしてあげたらどうですか。

弟さんの帰国だったら飛行機代を払えば済む事です。
出席する意志があるのなら、例え0泊3日の強行日程でも帰国する
のが弟でしょう。弟の都合に合わせて式の日程を決めるのは変だと
思いますよ。

私も折れたのだから彼女も折れるべき、というお母様の意見はいかが
なものでしょうか、、、まだ生きている方の喪中を視野に入れて結婚
式の日取りをずらせ、というのは花嫁にも容態の悪い方にも失礼千万
で、ほとんどただの言いがかりのようなものです。
延期したところでその日までに亡くなるかなんて誰にも分かりません。

結局は、息子をとられるのが嫌なだけでしょう。
自分の思い通りに采配できる領域を最後まで残したいのだと思います。
いい加減子離れしてくれ、と言ったほうがいいのでは。

投稿日時 - 2008-04-07 16:51:56

ANo.8

私も彼女が11月1日に泣いてまで固執するのか、理解できません。
結婚式は東京ですか?
東京だったら、幼稚園関係者も招待する予定なのでしょうか?
まぁ、取りやめになったわけではないのですし
多少時期がシフトするくらい、彼女以外、何とも思わないと思いますよ。

それにしても、予約をする前に双方の両親へ日程の意向を確認していなかったなんて
あまりにお粗末です。
お母さんの言い分もごもっともですよ。
 
選択肢の一つに、shark_skinさんが全額旅費持ちで弟さんを11月に一時帰国
してもらうのもアリかと思います。
結婚式出席だけでトンボ帰りになりますが、ご自身の不手際から招いた
事態ですから、そんな痛い出費もやむを得ないかな。

投稿日時 - 2008-04-07 16:36:38

ANo.7

まず率直な感想…
あなたがもう少し男としてピシっとしたらどうか、と思いました。

そもそも何のために結婚式を挙げようとするのか…
その基本に返ってみてはどうですか?
「自分達の結婚をみんなに披露し祝福してもらうため」なんですよね?
ご家族を含め「みんなに!」です。

おばあさまの様態が良くないという現実がありご両親が延期の希望をしておられるのでしょ?
おばあさまのこと、ご両親の気持ちを考えると延期が当然となるものだと思いますが、あえてご両親が折れたとのこと。
とても寛大なご両親だと思いました。
次は弟さんの出欠です。
自分の兄弟の結婚式です。よっぽど何かの事情がない限り、弟さんは不可欠だと思います。
12月に伸ばしたにしてもたった1ヶ月遅いだけなんですから弟さんの帰国を待つくらいの思いやりを持つのが家族だと思いますよ。

そして、彼女が結婚式を11月に挙げたいのは、職場の手前や自分の気持ちだけだと思います。
申し訳ないですが、自分を取り巻く人たち(相手の家族)の都合や気持ちよりも自分を優先していると感じました。
ですから、お母さまが彼女に対して良く思わない気持ちを抱くのも仕方ないことでしょうね。

彼女とお母さまの間に立って右往左往するのではなく、どうすれば一番良いのかあなたがが冷静に判断し、どちら側に付くとかいうのではなく、両者が納得できるようまとめなければいけないと思います。

彼女に対してお母さまが良く思っていないことを伝えるなんて絶対にダメです。
伝えられた彼女の気持ちを考えてみてください。
また、それを伝えられたお母さまの気持ちも考えてください。
わざわざ喧嘩のきっかけを作るようなことはすべきではないです。
両者がどうにか仲良くやってくれるよう仲を取り持つのがあなたの役目ですよ。

投稿日時 - 2008-04-07 16:20:02

ANo.6

こじれた原因はどこにあると思いますか?

そもそもご質問者は一体その延期の話の流れの中で何をしていたのでしょうか。
母親から打診を受けたということで、それは彼女と話し合ってどうするか決めたわけですよね。延期はないと。で、母親にはなんと伝えたのでしょうか?

まさか”彼女が反対していることを”伝えたわけではないですよね?それとも伝えてしまいましたか?

何故そのような疑問を持つかというと、その後彼女と母親が会ったときに母親が彼女に延期してくれないかという話を持ち出しているから、母親は彼女が反対しているという認識を持っていたのではないかと思うからです。

もし伝えたのだとすると、それはご質問者の対応の間違いが今回の事態を引き起こした最大の原因です。

さて、、、どうしたもんですかね。
とりあえずご質問者が取る態度は、全面的に彼女の立場に立つこと、つまりご質問者も延期は大反対だし、彼女が仮に延期をOKしてもご質問者が絶対に延期はしないという立場を貫くんですね。

少なくとも彼女には延期する考えは全くないようですから、であれば上記の態度を取ることで、矛先を彼女からご質問者に変えるんですね。

ご質問者の軽率な行動(日取りを事前に打診しなかったことと、彼女が反対していることを全面に出さずにご質問者自身の意見として延期を反対しているということにしなかった)がまねいた結果なのですから、後始末はご質問者が泥まみれになって解決するしかありません。

投稿日時 - 2008-04-07 16:20:01

ANo.5

何故、彼女が結婚延期を猛反対し続けているのかわかりません。
本当にただ一個人の理由で怒っているのでしたら、我の強い人と思われるのも仕方ない気がします。

 それと気になったのですが、質問者様は弟さんに出席してもらいたいとか、弟さんのことは思わなかったのでしょうか?
ちょっとでも思っていたら、お母様と相談されていたのでは?と思うのですが。
ちょっと家族への配慮といいますか・・・足りなかったように思います。

 また、妻となる人の良さをお母様に伝えることも出来ないままでは、結婚後、大変だと思いますよ。
彼女に母親が良く思っていないことを伝える以前に、質問者様がお母様
の彼女に対する誤解を解く方が先じゃないでしょうか。
それが出来たら別に伝える必要もないでしょう。

投稿日時 - 2008-04-07 16:15:25

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

私自身の家族への配慮のなさが足りなかったことに関しては、
言う訳するまでもなく、ご回答者様のおっしゃるとおりです。

母だけでなく父とも話し合いがさらに必要だと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-07 18:27:45

ANo.4

論点は11月1日がどのような日になるのでしょうか?
彼女にとってその日は特別なのでしょうか?
それともそう言いまわったからってことだけでしょうか?

彼女のために結婚するのであればそれでいいと思いますが
貴方自身はどうなのでしょうか?

おのずと答えは見えてきます。

投稿日時 - 2008-04-07 16:05:01

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

たしかに私がはっきりしなければ、答えは出てきません。
大事なことを忘れていたような気がします。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-07 18:23:11

ANo.3

結婚式はお二人だけであげる。と両方に言ってみたらいかがですか? 

読んだ印象では「彼女さんが 我が強い。」と思います。お母さまのおっしゃることのほうが常識的です。

みんなで祝うも何も このままではあなたの親の出席もあやうい・・・だったらわずらわしいことは一切考えずに 二人でハワイででも挙げようじゃない?ってまず、彼女さんに。

そんな自分の職場に~~だけの理由で泣くほどの「おこちゃま」なのですか?いつもの彼女・・・
そうでなければなにか他に深い理由があるような気もしますね?

そこのところをもう少し心の奥の方まで 話してもらえるようにじっくり説得してみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2008-04-07 16:04:23

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

二人だけであげるというのは私も考えましたが、それでは、
根本的な解決にはなっていないと思います。

ご回答者様のおっしゃるとおり、なにか深い理由があるかもしれません。

もう少し彼女と話し合ってみます。

ありがとうございました

投稿日時 - 2008-04-07 18:17:32

Q、どうか、こんな私にアドバイスを宜しくお願い致します。
A、彼女に非を詫びるようにキッパリと言い放つことです。

>彼女にも折れてほしいという母の言い分はわかります。
>同時に彼女の11月1日に対する思いもわかります。

この物分りのよさはいただけません。

誰が聞いても、<わがままで我の強い彼女>じゃないですか?

「母親で嫁の立場に立つ」は鉄則ですが、それもこれもケースバイケースですよ。

投稿日時 - 2008-04-07 15:52:12

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

私が彼女に対し、今まで厳しいことをあまり言わなかった
ことがそもそもな気がしています。

彼女と話し合い、言うべきことは言おうと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-07 18:11:25

ANo.1

一度お二人で日取りを決めて、前金まで払っているのなら、あなたから親に、もう変更はしない、とハッキリ言えばいいだけ、のことと思いますが。。。
彼女がそこまで日程に執着する意味も分かりませんけど、あなたが守るべきは彼女。母親にそんなことまで言われているのに、何故彼女の事を弁明しないのですか?自分の妻となる人でしょう?彼女と現状を共有して意見を出し合うのではなく、あなたが母親に変更はしないといえばいいだけのように思えるのですがね。
今からそんなんだと、嫁姑の関係はこの先悪化の一歩では、と他人事ならが思います。
状況確認もないまま日程を決めたあなたにも非があるのだから、あなたが全面的に悪いのだと母親におっしゃったらどうです?盾になってあげてください。

投稿日時 - 2008-04-07 15:49:05

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

母に変更しないと言えば、済むかもしれませんが、
私としては、やはり両親に納得してほしいのです。

今回のことは、元はといえば、私が悪いのですから、
責任をもって彼女を守りたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-07 18:00:27

あなたにオススメの質問