こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

空冷と水冷の長所と短所

空冷と水冷にそれぞれ長所と短所があるとおもうのですが、教えてください。
どんなことでもかまわないのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-10 00:37:45

QNo.3936469

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現在、自作水冷を稼働させています。
水冷歴は約6年かな。

殆どのメリット/デメリットは他の方々が解凍されていますので、補足まで。
現況では、ポンプ→CPU→チップセット→12x12インチ1次ラジエータ→GPU→GPU→12x24インチ2次ラジエータ→リザーバ→ポンプ
と、直列で冷却しています。

ポンプは熱帯魚用の1200ℓ/min. を使用しています。

冷却液は市販の自動車用クーラント液を精製水で希釈して利用していますが、全く問題はありません。

静音化はあまり期待しないでください。
過去には、私も静音化を狙って導入したわけですが、
導入した当時は、どのファンもかなり五月蝿いものでしたので
「静音化」が成立したわけです。しかし、ファンも静音化されて来つつある昨今では、意味をなしません。(^◇^;

また 水冷化する際は、マザボの形態も非常に限られたものになります。
たとえば、現在主流となりつつあるヒートパイプによる周辺の冷却。
これらの場合、比較的大がかりに加工しないと水冷化は出来ません。
それでも加工可能であればラッキーですが、殆どの場合は水冷化できないと考えた方がいいでしょう。

それでも、水冷化のメリットは大きいですよ。
空気に比してカロリーの収容率が大きいですので、安定してO/C 出来ます。
特にGPUに至っては、空冷では達成し得ないようなO/Cが可能です。
熱の収容限界(沸点以下)に余裕がありますので、周辺の室温には影響されません。
よく、「水冷でも、温度を下げても室温まで」と言われています。
たしかに事実ではありますが、熱の収容率が考慮されていないから誤解する人が出てくるんですね。
冬は暖房をガンガン、真夏でも お部屋のクーラーに凍えずにPCは安定稼働しています。
一度水冷化したら、手放せないというのが
水冷化している方々の一致した意見でしょう。 o(^_^o)

投稿日時 - 2008-05-10 15:37:36

お礼

リスクを考えると空冷でもいいかもって感じですね!

投稿日時 - 2008-05-10 22:07:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

空冷
メリット
・コストが安く、取り付けとメンテナンスが簡単

デメリット
・ケース内に発熱部が多いと冷却性能が落ちる
・ケース内のエアフローが弱くても冷却性能が落ちる
・温度変化の幅が大きく、急激に温度上昇する

水冷
メリット
・冷却部と放熱部を離せるのでケース外に大型のラジエータを設置できる
・ケース内のエアフローは最低限でも良い
・温度変化の幅が小さく、緩やかになる

デメリット
・冷却装置の値段が高い
・取り付けが難しい
・定期的な冷却水の交換などのメンテナンスが必要
・冷却水漏れなどによる部品破損のリスクがある

個人的には静音化目的だけで水冷を導入するのは微妙だと思います。水冷化にかかる費用・メンテナンスの手間・液漏れのリスクなどを考慮するとマイナス面の方が大きいです。自作ユーザーでも水冷を使う人はオーバークロックをしている人が多いですし。空冷でも動作音を小さくすることは十分に可能ですから。

投稿日時 - 2008-04-10 08:59:24

ANo.2

空冷⇒騒音がデメリットでしょうね。メリットはメンテをあまり気にしなくていいこと、安いこと、取り付けが簡単。
水冷⇒メンテナンスに気を配らないといけない、失敗=すべてがお釈迦(液漏れ)、エアフローに注意。CPU/GPU双方水冷にすると、ほとんど内部の空気が動かなくなる場合があるので、結局前面や背面にファンを追加、なんてしてたら意味がありません。
メリットは静かなこと。でもものによったらポンプのモーター音が気になるかも。あれって熱帯魚水槽のやつと大差ないような気がします。
水冷にするなら、ソケットの数(多いほどメンテは大変)、ラジエターの位置、大きさ、ポンプの公称ノイズ値などを見たほうがいいような。
でっかいラジエターほど放熱できますが、その分水をまわすポンプのパワーも必要でしょう。

投稿日時 - 2008-04-10 00:52:51

ANo.1

水冷といってもピンキリなんだが・・・
水冷の利点は、発熱部と冷却部を話して設置出来る為に、冷却部をPCケースの外に設置可能な為に、大型のモノを使用できる事です。
大型のラジエターを使用すれば、ファンレスも可能です。
ただし、ポンプの音や、配管の問題、水漏れ等の危険も有りますし、冷却水の補充等のメンテも必要ですけど。
(冷却水は封入型でメンテ不要をうたう製品もあるが・・・)
又、結局ラジエターで放熱する以上、周囲温度以下には出来ません。


空冷は構造が簡単で取扱が簡単って事ですね。
ただし、PCケース内での寸法の制約もありますし、ケース内の通気が確保されてなければ、冷却効率は悪くなります。


尚、水冷にしても、空冷にしてもポンプやファンには寿命がありますし、ホコリ等の掃除は必要です。

投稿日時 - 2008-04-10 00:48:32

あなたにオススメの質問