こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

彼女が創価学会員なのですが、結婚は難しいでしょうか?その後…

こちらで、前に色々とアドバイスを頂いて、本当にありがとうございます。学会の彼女との結婚で、今凄く悩んだり、壁に当たったりしています。彼女自身も、話し合いの日は泣いていて、辛い思いもしていると思います。こちらで、色んな方からのアドバイスをもらって、昨日、その事も彼女に勇気を持って伝えてみました。 
それで、まず彼女自身、今までは結婚するなら僕にも学会に入会してほしいと言っていましたが、『もし、僕が学会に入会しないと言ったらどうする?』と聞くと、今までなら別れていたけど、もしそうなったら、その後、一緒にどうやって生きていけるか考えるかもしれない、と言われました。まだ悩んでる様子だったので、本心は一緒にしてもらいたいんだろうと思います。
彼女がどうして、学会を一緒にやっていきたいのかという事ですが、彼女は生まれながら学会員で今まで生きてきて、辛い事や壁にあたったとき、学会の思想やごんぎょうや題目で困難を打ち破ってきたそうです。結婚してからも、できれば僕と一緒にやっていって、そういう強い部分を持てるようになってほしいという理由でした。
あと、彼女の母親の事なのですが、毎日題目をあげたり部長さんもされたりかなり熱心なので、旦那になる人には絶対学会に入会させたい気持ちもあると思います。 でも、僕がどうしてもやらない事を理由に結婚を反対されたら、もう結婚も諦めると彼女は言っていました。彼女の弟も学会員なのですが、かけおちをして結婚をしたそうです。その時、彼女の母親はひどく泣いて落ち込んでいたらしく、彼女がそれを見ていて、自分は親を悲しませたくないし、同じ目にあわせたくないから自分はかけおちまでして結婚する気はないと言っています。
昨日初めて聞いた話なのですが、今の彼女が住んでいる家を2階使わせてあげるから、結婚したら一緒に住む?と彼女に言っていたそうです。のちのちというか、3年くらいしたら彼女の両親は岸和田が実家なので、そっちの方の家に移るそうです。それまで一緒に住む?という事みたいですが、今の家には大きい仏壇もあるし、そういう意味で家を引き渡そうとしてるのでしょうか??
昨日、彼女と話し合いをしていて、もう僕を苦しめるんやったら結婚はしなくていいよ?とまで言われました。その後すぐ、電話で話し合って、結局まだお母さんにも反対されたわけじゃないし、いける所まで一緒に頑張ろうという話しになりました。 
僕の母親は、それだけ熱心な学会員なら、結婚しても、結婚生活がおろそかになるくらい、家庭を顧みず、学会に没頭するんじゃないか?と不安に思っているようです。(うちの母親も以前に学会を進められ、1級の難病なために、あまりちゃんと活動できなかったようですが、それを勧誘された学会員にこっぴどく怒られたそうです。そういう事もあってうちの母親は学会に対して良いようには思っていません)それを彼女に聞いてみた所、彼女自身は、結婚しても学会の会合ばっかり行っているような学会員じゃないと言っていました。僕は今まで、彼女も母親と同じようにかなり熱心で、会合にも家庭訪問にも行っていると聞いていたのですが、家庭訪問も月に1度しか行っていないらしく、会合もプライベートがあれば優先していかない事もあるそうです。どこからどこまでが熱心な学会員なのか分かりませんが、これくらいでも熱心に当たるのでしょうか??
あと、もし結婚をした時、子供はやはり入会させたいそうです。彼女は何かあったとき、学会の思想で強くなって生きてきた人ですから、子供にもそういう事を教えていきたいといっていました。確かに子供に入会させるのはおかしいことかもしれないけど、彼女も彼女自身で歩んできた人生で逆行に耐えてきてるのであれば、それも教えてあげるのも一理あるのかも、と思っていますが、それは間違っているのでしょうか?
僕自身、学会に対して偏見も悪い部分も分かりません。ただ、勧誘やしつこい選挙の投票の連絡によっていやな思いをされてる人もいてるとわかっています。なので、学会に入ったら、自分が勧誘する側になったらどうかな?というくらいです。あと、学会に対してあまり良く思っていない母親の事くらいです。母親は、自分の人生で幸せになれるなら、それでいいよ?と言ってくれています。それが逆に駄目なんですかね?一線を引くことができず、彼女の言い分を鵜呑みにしてしまってる気がします。。。やはり、結婚するには一線を引くことが一番大切なのでしょうか??
今は彼女の母親の気持ちを聞いてみるのが最善のような気もしますが、彼女の学会にたいする熱心さも分かりませんし、この文面を見てくださった方で、また、アドバイスをいただけたらと思いました。
何度も投稿で、申し訳ありません。。。

投稿日時 - 2008-04-10 10:03:22

QNo.3936935

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(27)

ANo.27

相談を伺う限りそこには宗教の自由が許されていないように思います。宗教が人を幸せに導くものだとしたら、その宗教のせいで幸せを阻まれるということに、疑問を感じます。なんのための宗教なのでしょうか。

どんな宗教であっても、信じる事で自分の力になってくれることがあると思いますが、
彼女はお母さんの影響が強く、自分で選んだ道じゃなかったというのも私には可哀想に思います。

そして、残念ながら私も創価学会にあまりいいイメージがありません。父が末期がんの時に学会員が突然勧誘に来たりして家族に内緒で何かを買わせたりしていたので、人の弱みに付け込む印象を持ってしまいました。良い方もいらっしゃるのだと思いますが、私の周りの方は選挙やお金に執着が強すぎたり。宗教とは自分の内なるものだと思うので、大きな仏壇を買う意味も理解出来ません。

しかし、ご自分の宗教に関しては貴方が決めるべきだと思います。誰かに強要されるようなものであってはならないと思います。それが例え家族であっても。自分の内なる声によく耳を傾けてください。

私は自分の人生の困難を宗教ではなく、家族の愛や友人の愛に支えられて乗り越えてきたので、愛は宗教に優ると思っています。

投稿日時 - 2011-04-19 07:52:07

ANo.26

何度もすいません;
先程の補足です。

「あなたのことが本気で好きなら、宗教の話などしない」という声もありますが、私はあなたが本気で好きだからこそ宗教の話をするのだと思います。

また、「彼女はあなたを入信させることで自分の宗教上の立場を上げたいのだ」という声がありますが、友人や知り合いを入信させると自分の地位が上がる、なんてシステムはありません(笑)。

そもそも、創価学会に宗教上の立場なんてものはありません(笑)。

あなたと彼女が幸せになることを祈っています。

投稿日時 - 2010-12-02 19:50:29

ANo.25

宗教によってあなたが二の次になる?
そんなこと絶対にありません。

彼女は創価学会に入って、辛いときや苦しいときにお題目で乗り越えてきたから、自分がそういう体験をしてきたから、あなたにも辛いことや苦しいことがあったときに一緒にお題目で乗り越えたいと言ってくれたのでしょう?

すべてはあなたが、彼女と創価学会を信じていけるかどうかです。
わたしはあなたの彼女が言っていることはすべて合っていると思います。

あなたのお母さんの病気のことも、2人で一緒に祈っていけば良いのではないですか?

まずは創価学会のことについてもっと詳しく話を聞いてみたり、彼女と一緒に会合に参加してみたりするのもいいと思います。
よく「無理矢理入会させられる」とか、「入会しろとおどされる」などの噂を聞きますが、そんなこと絶対にありません。実際に、私も話を聞いて入会した1人です。疑いながらも友人に誘われて会合へ行ったり支部長さんに話を聞いたりしましたが、わかりやすく説明してくれたし、脅されることなんてありませんでした。

ちなみに、学会員は会合へ行くことや家庭訪問は当たり前のことです。でもそのような活動によって結婚生活がおろそかになることはないと思います。

不安になる気持ちもわかりますが、彼女を信じることが最優先ではないでしょうか。

創価学会に入ったらどんなことがマイナスになってしまうか、ではなく、どんなことをプラスにしていけるか、だと思います。

すべてはあなたが彼女を信じていけるかどうかです。
祈れば叶う、というのは嘘ではありません。しかし、祈らなければ叶いません。

投稿日時 - 2010-12-02 19:34:55

ANo.24

別れた方が良いのではないでしょうか?確かに宗教の自由があります。
洗脳されているのでしょう。

彼女が本気で君のことを好きなら宗教は二の次になります。

まず宗教ならいつまでも君が二の次になるのです。

彼女は君を入信させることで自分の宗教上の立場を上げることを望んでいるのです。

恋は盲目、当てはまりませんね。

本気で好きなら入信の話などしません。
まして家族がつらい思いをするなどと考えるでしょうか?

自分に置き換えて考えてみると良いでしょう。
君なら結婚の条件に入信という言葉を発しますか?

宗教は人の作ったもの・・これは理解できますよね

ブッタは(お釈迦様)は日蓮の作った宗教を認めると思いますか?

すべてはブッタの言葉より始りました。
日蓮も枝分かれして日蓮宗と日蓮正宗とに分かれ、自分が正しいと言い張ります。
キリストも、アラーもそうですよね。

君がその人を好きならあきらめて入信するのも良いと思います。
自分の家族にいやな思いをさせてね
しかし、結婚しても君は二番手と言うことを忘れないようにね

投稿日時 - 2010-06-26 23:17:57

ANo.23

言論の自由、思想や信仰の自由は当然民主主義社会ですのでありますし、誰も文句は言えません。どこぞの中国や北朝鮮のような社会主義の言論弾圧の国家とは違いますからね。

但し、それは他人に迷惑をかけない、危害を加えない、政治や経済にまで宗教の手が及ばない事が前提だと思います。

人間は弱い生き物ですので神に縋ったり、信仰し自らを成長させていくのは勝手です。私は無宗教ですが・・・。

創価学会はとてもそういった健全な面を持ち合わせているとは到底思えません。創価学会のトップの某氏は所謂、「平成最大のフィクサー」のように思えます。

過去のフィクサーでで政財界に多大な影響力を行使した裏社会と表社会のパイプ役で政治をも牛耳るフィクサー。中国台湾のトップと緊密に会合を開いたりした頭山満氏や児玉誉士夫氏に重ねて見てしまいます。

つまりは、今や創価学会は日本の政教分離の精神にも反し政治政党を所有するまでになりました(事もあろうに連立を組んでいる。違うと言い張っているようですが、実質的に公明党と創価学会は紛れも無く表裏一体でしょう)。創価学会トップの某氏は実際に中国のトップである胡 錦濤とも会談をする予定だと聞きますね。本当に重ねて見えて仕方がありません。

創価学会はメディアや各団体や企業にも多大な影響力があります。

その裏で宗教団体を隠れ蓑にして資金集めや団体強化で政治的影響力も大きくなっている。その影の資金源は熱心な信者。

実態は、過度な個人崇拝主義、日蓮宗から破門されてもまだ掛け軸を持ってさまよう信者。強引な勧誘。嫁に嫁げば半強制入会。会合も強制参加。反学会勢力への嫌がらせ、ストーカー、監視行為の問題が取り立たされる。選挙の時は必ずお得意の政党への投票を執拗にお願いする。

フランス等ではカルト宗教に認定されているようですが、私は宗教の自由は人の信仰の自由で勝手だと思いますが、このような政治的影響力さえも手にし強引に勧誘したり、信仰しないと駄目な奴だとまで言い張るような連中が大勢居るカルト宗教に関しては断固反対ですね。

周りでも嫁ぎ先が創価学会員で相当苦労している人間や、私の以前付き合っていた女性の親も創価学会だったりと物凄い苦労、心労を目の当たりにしていますのでお勧めできません。

価値観は共有できないと思います。

投稿日時 - 2008-04-11 00:01:36

ANo.22

何度も同じような質問ですね。
しかも長い文章・・・
あなたが、質問したい事は何ですか?

彼女さんと宗教心は切り離せない・・・そういうことだと思いますよ。
一般的な日本人の多くが、宗教に関しては寛容(無宗教とも言う)であるから
八百万の神や仏教、キリスト教でもユダヤ教でも何でも受け入れてしまいますが
宗教心が強くなれば、それが国を興し、国を滅ぼす事もあるのですよ。
宗教と民族とが入り乱れた紛争(戦争)が厄介なモノであり
なかなか治まらない事実をニュースなどで知っているでしょう?
信じている人にとっては、それが「善」であろうとも
信じない人にとっては「悪」であるのかも知れません。
宗教に熱心な人の「宗教心」と「個人」とを切り離すのは
まず不可能に近いですよ。
改宗させるだけの気持ちがあるのか?
あるいは、あなたが入信するのか?
それ程の覚悟がなければ、難しい結婚となると感じますよ。
破局が予想されるような結婚、あるいは、その相手との付き合いを
私は賛成はでないですね。

投稿日時 - 2008-04-10 19:20:44

ANo.21

以前、一度回答したものです。
私も彼女さんと同じ、生まれながら学会員で、無宗教の主人ととても仲良くしてます。

彼女さんと話し合えてよかったですね。
ここでもいろいろいわれていますが、takuya1108さんが彼女さんといれば、学会が変なところではないとわかっていただけると思います。
もう、答えはでているんじゃないんですか?
takuya1108さんが入信したくないならしないでいいじゃないですか?やってみたいなと思うことがあれば、試してみればいいですよ。

普通の学会員は会合よりプライベートを優先します。学会の中でも組織より、仕事を優先、友達を大切にといってます。(つまらない会合も中にはありますから笑)世間から離れては本当の宗教ではありませんからね。彼女は信仰を根底にしっかり生きている方なんでしょう。

ここでこれだけ質問もしてきたのですから、もう、ご自身の気持ちで判断したらどうでしょうか?
人の意見ばかり聞いていては、迷うばかりですよ。
男らしく、バシッと決断すれば、どういう結論が出ようとも彼女も納得してくれるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2008-04-10 16:44:46

ANo.20

こんにちは。
創価学会員の主人、の妻です。
本日こちらに『主人が創価学会脱を退出来ない…』と質問させて頂いた者です。
やはり考え方はひとそれぞれですが、参考までに我が家では只今このような状態です。
好きだけでは結婚は出来ないと思い知らされました…。
肝心なのは質問者様が宗教のすべてを理解して受け入れる事ができるかどうかだと思います。
(私が言える立場ではありませんが…悪い例としてご覧下さい。)

参考URL:http://okwave.jp/qa3937208.html

投稿日時 - 2008-04-10 16:07:41

ANo.19

彼女と結婚するかどうかはよく考えた方がいいです。

>子供はやはり入会させたいそうです。
これは子供が自分で考えられる歳になるまでやめた方がいいです。
彼女が子供から洗脳されたため、創価学会なしの自分が考えられないような狭い考えの人間になってしまったように、子供も同じように狭い考えの創価学会に囚われた人間になってしまいます。

本当に素晴らしい宗教なら、こんな勧誘をしなくても、子供の頃から洗脳しなくても信者が増えます。
逆に言えばこれだけ勧誘して、子供の頃から洗脳しないといけない何かが存在するのが創価学会です。
今は結婚のことを考えて彼女も妥協する姿勢を見せているでしょう。
でも実際に結婚したら変わってくると思いますよ。

創価学会のような排他的な宗教の熱心な信者との結婚は同じ宗教で無いと相当苦労することになります。
下手すると教会の結婚式の友達の結婚式には出席できない。
他の宗派のお葬式には出ないなど言い出しかねない可能性を秘めています。
そういうことで、創価学会以外の友達から白い目で見られる覚悟があるのならいいですが、
そうでないのなら・・・
ようく考えてください。

ちなみにここで創価学会に入信を進めている人はその人が信者の可能性もあります。
「触らぬ神にたたりなし。」「君子危うきに近寄らず」と言う言葉もあります。
試しに入るにしても「ミイラ取りがミイラに」ならないように気をつけてください。
(彼女との結婚を考えたらミイラになったほうが確実にいいのですが)

投稿日時 - 2008-04-10 13:34:37

ANo.18

お悩みは日々深くなっていらっしゃるようですが、最終的には

僕を取るの?信仰を取るの?

ってシンプルなことじゃないんでしょうか。自分のことは二の次になっても良いから
彼女と結婚したい、と思えばGOですし、それはイヤだというなら、もうお忘れに
なった方が良いと思います。

ちなみにうちの兄が学会員です。入会させられてすぐに仏壇を買えと言われ
昔から家にある先祖の仏壇を捨てろと言われました。

人の心の中に土足で踏み込むのが平気な方が多いです。はい。

投稿日時 - 2008-04-10 13:33:55

ANo.17

日本は信仰をもっているひとが少ないから受け入れにくいのがほとんどではないでしょうか??
でも一つ言えるのが、信仰してるしてないを別にして、その精神強い彼女に魅かれ愛しあっている現実。
takuya1108さんは、
・誰に何を言われても彼女を守りぬく覚悟はありますか?
・彼女を一生のパートナーとして受け入れる覚悟がありますか?
結婚には障害はつきものです。
周りに何言われようと自分の直感、感情を大事にしてほしい。
二人で乗り越えていけるなら頑張ってほしいと思います。
一生の間に死に底愛せる女性に出会うのはそう多くないとおもう。
彼女を手放すのも、結婚するのもあなたの運命だと思います。ファイト♪

投稿日時 - 2008-04-10 13:29:34

ANo.16

創価学会に限らず、信仰を持った人が信仰を基盤に困難を乗り越えたといった話はよく聞きます。信仰を持つことの良い面ですね。心を正しく持って信仰をしていればですが。

>今の家には大きい仏壇もあるし、そういう意味で家を引き渡そうとしてるのでしょうか?
彼女に聞いてみてください。

>これくらいでも熱心に当たるのでしょうか?
熱心かどうかが問題なのですか?
結婚後の生活にどの位影響するのかが問題なのでは?
結婚後、どの位の時間を割いて活動するのか、そしてあなたの許容範囲かどうかを確かめないと。

>それは間違っているのでしょうか?
人それぞれの価値観の問題をきいてどうするのでしょう。
親の信仰を子供に受け継がせるのは珍しい事ではありませんが、一般的な日本人の信仰心や心情には合わないだけです。
以前なら日蓮正宗に入信し、創価学会には入会しない裏技もありましたが今では無理ですし、そもそも宗教は結婚の道具ではありませんし。

>母親は、自分の人生で幸せになれるなら、それでいいよ?
これは入会してもいいよということなのでしょうか?

>自分が勧誘する側になったらどうかな?
洗脳されずに法律、礼儀、モラル、マナー(創価学会のではなくて世間一般のですよ)を守った上での活動なら問題ないと思います。
ただ、あなたの母親を怒ったような非常識な会員と同列に見られる可能性はありますので覚悟は必要でしょう。


彼女の気持ちは少しは歩み寄ってきていますよね。
彼女の母親の気持ちが問題であれば、話をしてみないことには・・・。

投稿日時 - 2008-04-10 13:29:06

ANo.15

こんにちは。

私は質問者様の彼女さんと同じ立場です。

ただ、違うのは私は全然熱心ではなく、彼にも入信してほしいわけではなく、子供も入信させたいとは思いません。

でも、世間で言われてる創価学会のことはほとんどがうそであることだけれど、それを言われてしまうような原因を作ってしまったのは昔の創価学会だったのじゃないかと思います。

それすべてを信じて創価学会に入信してるから駄目と言う風に見ないでほしいと思います。
確かに今現在、勧誘や選挙のお願いで他の人に迷惑をかけてる人が居るのは事実です。
でもそれは本当に一部の人。何もしてない人は何もしていないのですから見えるわけがないですよね?でもしてる人は見えるから表ざたになってしまう。それをわかってほしいと思います。

これからのことは彼女と、彼女の親御さんとちゃんと話し合ってから決めてもいいんじゃないでしょうか。
結婚は家族も関係してきますから、直接質問者様の親御さんも一緒でも良いと思います。
その中で見えてくるものがあるはずです。

ついていけないと思ったら残念ですがあきらめるしかないのかもしれないです。
他の回答者様にもあるように、価値観が違えばしょうがないものでしょうから。

でも何も知らない状態で、憶測で決めていくのはどうかと思います。
がんばってください。

投稿日時 - 2008-04-10 13:21:47

ANo.14

私は創価学会員です。学会員ではない方の回答が多いみたいですので
少し回答させていただきます。
まず世間的に言われているほとんどがうそです。(週刊誌等)
信心を持つことは自由ですから強制するのも、されるのも、違うと思います。あなたは彼女や彼女の両親をみて疑問をお持ちだと思うのですが
外から見ただけでは分からない事がほとんどだと思うので、一度あなた自身が入会して中から見てみれば良いのではないでしょうか。
入会に際して金銭もかかりませんし何かを購入しなければいけない
わけでもありません。どんなことをしているのか自分の目で確認して
からでも悪くないのではないでしょうか。脱会する際も金銭もなにも
必要ありません。あなたの好きな人がどんな気持ちで何をしてるのか
体験してみれば話が早いと思いますよ。

投稿日時 - 2008-04-10 12:51:03

ANo.13

私の主人の家が、親戚中みんな創価学会というの家庭です。
ただし、主人や私は学会とは一切関係ありません。
子供のときに、両親を初め、周囲からかなりしつこく勧誘され、無理やりに会合へ引っ張っていかれ、学会に入らないことを強く叱られ、罵られることもあったそうですが、主人自身、子供のときから信仰宗教という部類が大嫌いだったので、ひたすら抵抗し続けたそうです。
現在、親戚関係からのしつこい勧誘などは一切ありません。
それは、主人の両親がすでに亡くなっており、主人側の親戚同士の付き合いもほとんど全くと言っても良いほどないからです。互いに連絡先も知らないくらいです。
主人の兄弟も、学会には入ってはいますが、その兄弟とさえかなり疎遠です。

私も主人と結婚するとき、主人の家が創価学会だということで、悩みました。主人自身が、学会員でなくても、結婚すれば主人以上に主人の両親や兄弟、親戚との付き合いがたくさん生じてくるからです。
ただ、私が主人と結婚できたのは、主人自身が学会員でなく、創価学会を断固と拒否し、嫌っていたという部分で私と全く同じ価値観であったことと、主人がはっきりと自分の家族に私や私の両親の意向を伝え、長男だが、喪主や遺産相続の権利なども一切を放棄し、学会の家庭とは離された自分たちの家庭を作るという気持ちを私と共に強く持ち、約束してくれたからです。だからこそ、私の両親も安心してくれました。

結婚、家庭というものは、当人同士だけでは成り立ちません。
当人同士の周りについている取り巻きも含めて、家族になることが結婚です。互いに相手の家の文化を認め合うのが結婚です。
本当に大変です。
結婚生活で、相手の家族や相手の家を無視することは出来ないと思います。

あなたがもし、創価学会を受け入れられるのであれば、彼女との結婚も可能でしょうが、少しでも気に障る、見過ごせない、疑問に思うことがあったとするなら、やめておいたほうが良いとは思います。

私の主人の話では、家庭に揉め事が起きる度に学会員である親や兄弟は「信仰心が乏しいからだ。もっと一生懸命信仰しなくてはいけない。」というような感じになり、他の学会員まで家庭の問題に首を突っ込み、あれやこれや言ってくるようです。
実際、主人の父親は、学会員が家庭の問題にうるさく首を突っ込み、主人の父を責め立て、主人の母自身も学会員だったため、それを放置し、夫婦仲が悪くなり、最後には主人の父は出て行ってしまったようです。
もちろん、これは主人の場合ですが、正直私の周囲の学会の家庭にはよく見られることです。

学会員であるということは、生活の中に創価学会というものがあるということです。プライベートを捨ててしまうほど、没頭するところまでいかなくても、生活の中に、家庭の中に、良くも悪くも学会が入ってくるということです。

恋愛中は目をつぶれることも、結婚後は、無性に腹が立つ、耐え難いものに変わります。
そして、結婚後は、彼女との関わりだけでなく、彼女のお母様とのかかわりが出てきます。そこをうまく関われなかったら、結局は、彼女との仲が壊れます。

彼女の発言を見ていると、今の段階ですら、彼女は完全に学会とお母様よりです。
あなたのことを好きだから、あなたの意見にも今は耳を貸していますが、結婚後はもっと耳を貸さなくなると考えておいたほうが良いですよ。恋人と夫婦は違います。

彼女は、あなたが苦しいなら、あなたが辛い思いをしているなら、結婚をやめてもいいと言っているのですよね?彼女にとっては、それだけ学会への信仰心が大きいということです。
正直、恋愛中くらい、あなたが一番くらいの勢いがなくては結婚できません。何者からも、どんなことからも、相手を守り抜き、自分の気持ちも相手の気持ちも妥協し、歩み寄りをしながら、なんとしても幸せな結婚に行きつけてみせる位の気迫が必要です。
でも、彼女にはそれが見えません。
それは、彼女にとっては、母親と共に、信仰が最も捨てられないものだからです。

彼女の価値観の根本が、創価学会だということを認識した上で、学会のことに関しては一切文句も言わず、従うというくらいの気持ちを持って結婚しないと、結婚後はきっと、不満が溜まってしまいます。

あなたの覚悟、そして、彼女の覚悟が問われていると思います。
どんなことをおいても、一番に自分が守るべきものが、互いに互いでないことには、結婚は成立しません。彼女の覚悟、あなたの覚悟を、もう一度、確かめ合ってはどうでしょうか?
宗教という壁があっても、乗り越えていけるほど、あなたたちは本当に強い気持ちを持っているかどうかです。
彼女が一歩でも歩み寄れば、見込みはあると思いますが、今の彼女に歩み寄る見込みがないとすれば、あなたが100パーセント譲るか、別れるかです。

投稿日時 - 2008-04-10 12:47:59

ANo.12

信仰は個人の自由だと思います。強制するものではありません。納得させることなく強要するのは相手を少々「もの」として捉えているかも知れません。

一度彼女の信仰について話してみたら如何でしょう。

どの部分のどの教えが「論理的・道徳的・理性的・実証的」にどのように整合性があり、信仰に値すると思っているのか。

その前にスマナサーラ長老の書籍やサンガ出版の「仏法」などいろいろな書物によって、あなた自身の理性を最大限に使って、「論理的・道徳的・理性的・実証的」がどのようなものなのかという貴方なりの考えをつむぎだすことをオススメします。

その対話の末に話がかみ合わないところがいろいろ出てくると思います。そのかみ合わないところが、自分の許容の範囲なのかそうではないのかで今後の付き合いを考えればいいのではないでしょうか。

まずは、貴方なりの「論理的・道徳的・理性的・実証的」をいろいろな書物や知者から学びつむぎだすことだと思います。

婚姻してから耐えられなくなってしまっては、大きな苦しみにさいなまれると思いますので、これをいい機会だと思って、いろいろ学ばれては如何でしょうか。

~悩み苦しみがなくなりますように~

投稿日時 - 2008-04-10 12:34:25

ANo.11

結婚と恋愛は違います。
貴方が私の息子なら、彼女が創価学会員というだけで
私は絶対に反対します。
思想の違いは結婚生活では大きいですよ。

創価学会は怖いです。
ネット等で調べればすぐに学会の怖さに気づきます。
学会員の彼女と結婚するのなら、親しい友人、知人、親戚との別れを覚悟
されるべきです。
学会員同士の殺人事件も多いです。
それらが書き込まれてるURLをご紹介しようと、(URLを)開いたら今日は見られないようになってました。
創価学会は自分達に都合が悪いことが書き込まれてるブログ等には
他の人が見られないように組織をあげて工作いたします。

子供が生まれたとき、親が学会員とわかったら友達から距離を置かれて
しまいますよ。子供達自身には(学会云々は)解りませんがその親が「あの子の親は、オウムと同じカルト集団の学会だから」ということで、自分の子供に何かあったら困るということで距離をおきますし。
私には3人の子供がいますが、中学にあがったころから子供の友達関係にはそれとなく目を配っていました。
案の上、息子の友人が息子の部屋で学会入信を薦めていました。
その子の親に友人を誘うように言われてたようです。
危機一髪でした。
今、世の中は気配り、目配りしてないと暢気に迂闊に過ごしてると罠が
一杯です。
創価学会が本当に正しい宗教なら、どうしてこんなに世界から嫌われ
カルト集団というお墨付きまで喰らうんでしょうか?
ご存じとは思いますが、創価学会の池田大作は朝鮮人であり、学会が
朝鮮宗教であることは広く知られています。
日本を朝鮮の属国にしようとアノ手コノ手で企んでいるのは
さまざまな事件が証明しています。
まもなく開催されるオリンピックの聖火が長野に来る・・・と言われてますが、チベット大虐殺に抗議する人達を妨害しようとしてるのが、
創価学会の青年部だそうです。今、学会青年部を総動員して長野に乗り込む算段が行われてるようです。
創価学会が本当に人を救う宗教であるならば率先して、チベット大虐殺に抗議するのがあたりまえでしょう。
ところが、チベット大虐殺に抗議する人に妨害を加えようと画策されているのが現状です。

悪いことは言いません。
恋愛は一時の感情です。が、結婚は一生の生活です。
わざわざ、あえて火の中に飛び込む必要はないと思います。
あなたをここまで大事に育ててくださった親御さんの心情も考えて
あげてください。
私は3人の子供には、学会の恐ろしさを中学の頃から伝えてきました。
それが親の子供に対する責任だと思ってますから。
娘は恋愛をしたとき、気持ちが熱くなる前に、相手が学会かどうか
それとなく確認してたようです。
学会と解るとサッと疎遠になるように行動したとか。
自分の身は自分で守るしかありません。
昨年結婚しましたが、学会員でないことを向こうの家に誘われて行ったとき何げに家の中を調べて学会で無いことを確認したようです。

何度も言いますが、これからの世の中は自分で自分の身を守るしかありません。
結婚されるならわざわざ学会員でなく、普通の方にされて幸せになって頂きたいと思います。
よく、宗教が邪魔をして結婚出来ないのは本当の愛ではない・・・という意見もありますが、数十年という長い生活の中では思想の違いは
生活自体を脅かしますし、学会にはそれは通用しません。

投稿日時 - 2008-04-10 12:17:17

ANo.10

私はその物自体に否定するもですが、お金を得て神のなんやらを説くものはペテン師です、私の祖父は住職でしたがお金などは一切受け取らず、畑で出来たもの、おすそ分け程度です頂くのは、お寺自体はそこの近隣の人たち全員の持ち物のような物そこに住まわして頂いてると思っていましたお金は自分で花や野菜などつくり稼いでました、こう言う人達が説けるのではと思ってます。わたしの会社の知り合いが近くに越したと言うことで歓迎会をしたいから遊びにおいでと言われ、行くとそこでは青年団の集まりをしていました騙されましたでも話を聞くと歓迎会に出した費用などは学会からでず自腹しかも何度もやるから生活が苦しいと嘆いていました旦那は入らされた口です奥さんが熱心な方なのです
洗脳されてる人は苦でなても一般には苦の何者でもありません
悪い事はいいません価値観の同じ人を探してください

投稿日時 - 2008-04-10 11:52:55

ANo.9

学会員ではないですが、以前ある宗教を信仰されている方と付き合っていました。

私は、当初偏見など無く(今も昔も無宗教です)だからこそ付き合っていたのですが、普段温厚で優しい彼がその宗教のことになると目つきが変わったり、いずれは絶対に入会してもらうと言われ続けるのがイヤでした。
それから、上から目線で『無宗教者はかわいそうだ』と言われるのも、何の優越感なんだろう?と不思議で仕方ありませんでした。

最終的に結婚して子供が生まれたら絶対に子供も入信されると言われて、別れを決めました。
彼が信仰を続けるのは構わない。だけど、生まれてもいない子供の意志を無視して入信させようと言う考えがどうしてもマインドコントロール的に思えて仕方なかったし、耐えられないと思ったからです。

その宗教も毎月お金を納めていました。
私は、本当の神様はそんな風にお金なんか取らないと思っています。

何だか話がずれましたが、あなたがいつか生まれてくる我が子を彼女の言いなりに学会員にしてもいいと思うか、どうかが大きな鍵ではないでしょうか?

投稿日時 - 2008-04-10 11:40:46

ANo.8

Enterキーを使ってもう少し文章を読みやすくした方がいいですよ。

私は田舎の長男で、しいていえば仏教かな、ごく一般のつまらない人間です。

結論から言えば、彼女との間の愛が深ければ結婚すればいいでしょう。
宗教の違いなど馬鹿馬鹿しい事が障害になるようなら大して愛が深くないのでしょう。
創価学会、いいじゃないですか、少なくとも無宗教よりは幸せだと思います。
キリスト教はよくて創価学会は悪いように聞こえますが、一番気の毒なのは無宗教(心のよりどころを持たない人)だと思いますよ。

宗教は人間の心に影響を与えます。神代の昔から宗教はあります。
困った時の神頼みといいますが、心の支えを持っている人は大きな強みです。

彼女は宗教という心のよりどころ持っている幸せな人間だと思います。
私の姪は一般人ですが親が天理教の分会長の長男と結婚しましたが、全く
活動しません。
「年取ったら箒もって走り回るぞ」って我々はからかいますが天理教は大嫌いと言っています。

創価学会は過去強引なやり方で嫌われました。
私も嫌いです。
だけど想像ですが、創価学会も成長していると思いますよ。
日本人である以上、昔からの文化や伝統を極端にくつがえすようでは、将来の成長はないと思います。

活動がいやだとかなんとか言いますが、サークル活動のように思えばいいじゃないですか。
どうしても嫌なら脱会する手もあるでしょう。

どうして結婚に宗教が障害になるのか不思議でなりません。
考えすぎですよ。
暴力団に入会するのではないでしょう・・・

投稿日時 - 2008-04-10 11:19:01

ANo.7

すいません、私は学会員でもなんでもないのですが、高校時代の友人が熱心な学会員で勧誘されました。
その友人はやはり両親が熱心な学会員で生まれた時からの環境もあり、学会に対して当時は純粋に信じ切っており、修学旅行先でも神社仏閣の参拝を拒否してバスで待っていたり、朝旅館で一人題目をあげていました。正直気持ち悪い所もあったのですが、普段は奉仕精神?というのか細々した雑事を引き受けたりして、気が利く子でしたので、宗教には触れ無いところで仲良くしていました。
しかし、月日は流れそんな彼女も学会員で無い男性と結婚しました。
大変びっくりして、例の電話の折りに聞いた所、高校生までは、学会を知らない人に、学会を教え導くことこそが学会員の勤めであり、学会員を増やすことが自分の得を上げ、またその人の為になると信じていたが、社会人となり、世間を知るにつけ、学会以外の世の中を認められるようになったようでした。
学会員でも悩んで苦労している人はいるし、非学会員でも尊敬できる人がたいる事を知ったようでした。
だから旦那さんも勧誘しない、子供も入信させないと言っていました。
ただ、自分はやはり学会で得たこと、学んだこと、また学会のお陰でここまで成長してきたのだから、活動を続けるとのことでした。
そんな自分を好きになってくれたのだから、旦那さんにはこれ以上求めない、ただ、日々の生活で、自分が実践していることを認めてくれ、旦那さんや子供が将来自らが入信したいと思ったら、入信すればいい、と言っていました。
質問者の彼女さんはそれだけ信じ切っているなら十分熱心な信者だと思います。
流されるように入信すればたちまち取り込まれるでしょう。
今まで築いてきた友人、知人、学会員以外の人達との交流を絶つぐらいの覚悟はありますか?
彼女はあなたのことを心底認めてくれているのでしょうか?
本当に認めていたとしたら勧誘しないのでは?
困難や苦労を打ち破るのに題目は必ず必要でしょうか?
確かに教えがあれば簡単に道を示してくれるかもしれません、でもそれは自分が悩んで苦しんではき出した結果ではなく、いつか、誰かが言った言葉を借りているに過ぎないのでは?
もし、今の私に友人が勧誘してきたら、私はきっと「あなたは今の私に不満があるのか、認めてくれないのか?」と聞くと思います。
自分が強くなるのは自分自身の力です。決して勤行や題目では無いと思います。そのことを彼女に身をもって示せないのであれば、結婚はやめた方が良いと思います。

投稿日時 - 2008-04-10 11:08:46

ANo.6

今の状態での選択肢を考えてみました。「やめる」ということと「様子をみる」という二つの選択肢。
文面から察すると、学会あっての彼女(わたし)、学会が人生のすべてという感じがします。結婚って相手を誤るととんでもない方向に行くことがあります。今の時点でそれが足かせになっているのなら もし結婚されたとしてもずっとしこりとして残り、いずれは後悔されるでしょう。本人同士が繋がるだけではなく、家族や親戚さらには友人までも繋がっていく・・・それが結婚だと考えます。もしも貴方がそれでも好きなんだ!という意思が固く、彼女もそうなのであればかけおちするしかないでしょう。そこまでできないならやめたほうがいいのでは??
もうひとつ、そんなに彼女を諦めきれないなら「先延ばし」という方法ですが、お付き合いがどの程度の期間に及んでいるかわかりませんが、うだうだと理由もなく先延ばしするのではなく「結婚は一生を左右するものだからじっくりと考える。恋愛と結婚は別なのだ」などとハッキリ彼女に言ってみるのです。もしそれで彼女が貴方の元を去るようならそれはそれでご縁がなかったということです。
この際、賭けのような言葉を投げかけてみるとどうでしょう?
参考ですが、わたしの知っている学会員の方で独身女性がいるのですが(親御さんが県議会委員をしている地元では筋金入りの家族)はっきり言って都合のいいときだけ連絡をしてきます。選挙だったり集会だったりスカウトだったり。彼女自身は性格も悪くなく明るく朗らかなので嫌いになったりはしませんが、倫理が私とずれているせいで、話がかみ合わないことしばしばです。学会に命を売っているのでかないません。

投稿日時 - 2008-04-10 10:58:45

ANo.5

離婚の第一原因に「性格の不一致」が有るように、宗教観も人生に大きく影響します。
彼女が気軽な気持ちで信仰に入っているので有ればそれほど問題はありませんが、かたくなな信者で有れば今後実生活に大きく影響するでしょう。
特に創価学会の様に活動が活発であり、特異な宗教は家庭の中の生活にも影響を及ぼします。
お互いにそのことを十分に理解し、お互いの自由を認め合え、テリトリーを大事に出来るならば長い付き合いも乗り越えることが出来るでしょうが、何かの弾みで意見が分かれたときにその影響は大きく現れます。

一途な信仰家は、人間としては良い人達です。
しかし、それだけに一旦信じてしまうとその信仰が最優先に成ってしまいます。
極端な話、夫を取るか宗教を取るかの瀬戸際に立っても、宗教を取ると言い出しかねません。
いやな言い方ですが今の彼女の愛を測る為には、一旦宗教を捨てて貴方を取るという言葉を引き出してください。
いずれ貴方がその宗教を認めその活動も手助けできるとしても、現時点では彼女に妥協してはいけません。
彼女が宗教を捨ててでも貴方と一緒になりたい覚悟が無ければ、はっきり言って結婚して同じ家庭を持つことは無理です。

私も残念ながら離婚をしております。
長年夫婦の危機を乗り越え子供も大きく育ちましたが、事あるごとに宗教のおかげを前面に出し、家族の努力は評価されませんでした。
勿論、離婚の直接の原因が宗教では有りませんが、妻の心の中を占めて居る宗教は夫婦としての絆より大きい物でした。
夫より大事な物が心の中に有る妻は、いずれ家庭を見放します。

投稿日時 - 2008-04-10 10:56:24

ANo.4

質問者様の文章から分かる事は、

○彼女は一生学会員であること
○彼女の子どもも学会員として育てられること
○積極的でなくてもそれなりの活動は結婚してからも行うであろうこと
○質問者様が入会してもしなくてもずっと勧誘はされるであろうこと
○彼女は質問者様が入会してくれるのが一番良いと思っていること
○彼女の母親は熱心な学会員であること
○彼女の母親は質問者様が入会してくれるのが一番良いと思っていること
○入会したら新聞や選挙の勧誘やお手伝いや会合などいろいろな面での活動をする必要がでてくるであろうこと
○月に1度は家庭訪問に行くこと
○会合も特に優先しなければいけない事がなければいくこと
○彼女は質問者様が入会しないことを理由に母に反対されたら結婚しないことを決めていること=結婚条件がほぼ入会することであること

以上です。
結局彼女の考えは変わっておらず、質問者様が入会して結婚するか、入会しなければ多分結婚しないのではないかということを匂わせています。

アドバイスをするとすれば、結婚せずに、今のうちに彼女のいる宗教に入会してみてはいかがでしょうか?
内面を知ることによってその善し悪しが分かると思いますし、それで受け入れられるようであれば、彼女と結婚すれば良いと思います。
嫌になっても、いろいろと説得されたりしてやめられなくなる可能性もあるかもしれませんが、それは覚悟の上と言うことで。

投稿日時 - 2008-04-10 10:55:48

ANo.3

私は、以前熱心な学会員の方とお付き合いをしていました。私は学会員ではありませんでしたが、彼はとてもいい人だったし結婚も考えていたので、彼や学会を知るために何度か会合などに参加したりしてました。
彼のことは好きだったし信頼もしていましたが、私自身はどうしても学会の雰囲気になじめませんでした。
彼は、休日や夜中でもなんやかんやと会合に出席してましたよ。お金を納めて(強制ではないらしいですが・・・)いたのも知っています。
結局、結婚はしませんでした。
何故かと言うと、まず私は学会活動をしたくなかったからです。 単なるお付き合いだけなら出来ました。でも、結婚となると毎日の生活が大事です。彼の場合、休日も夜中も関係なく学会活動でした。いくら彼のことが好きでも、結婚して子供が出来たとして、夜中に学会活動に出かける彼を快く送り出してあげる自分は想像できませんでした。毎月のそう多くない収入から、いくらかは学会のために使わなくてはならなかったでしょう。
それは私には納得が出来ないと思ったからです。
確かに、学会員さんの中でも特に熱心なのはごく一部の方だと思います。でも、彼女さんは育った環境が学会と密であったようなので結婚しても少なからず学会とは接点があるように思われます。
学会活動を支えてあげられる気持ちがあるのなら結婚も大丈夫かもしれませんね。自分が入会しなくても仏壇がおかれたり、お題目が聞こえてきたり・・・そんな日常生活に違和感は感じませんか?
ちなみに、私は別れてよかったです。彼はその後部長となり学会員さんと結婚しました。

投稿日時 - 2008-04-10 10:51:13

ANo.2

学会同士での お見合いがあると聞きます。
うちのお向かいさんも熱心な学会員です。そこで知り合ったそうです。

彼女は「住む世界が違う」のでそういうところの方で結婚相手を見つけていただくべきだと思います。

あなたは彼女を「学会からぬけてほしい」と思っているかもしれませんが「絶対にありえません」から。

宗教の違いは戦争をも起こします。よくお考えになったほうが良いです。

投稿日時 - 2008-04-10 10:34:33

ANo.1

まず始めに私は無宗教ですが、周りを見渡せば創価信者は誠に非常識な人間ばかりです。

「私の息子と結婚するには貴女も入信しなさい」
「創価学会に入信しないと家の敷居を跨がせない」
「故人の葬儀等で、学会に入信しないから死んだと平気で言い放つ」

強引な勧誘手法、選挙の際にも公明党公明党。
被害者の会会員への集団ストーカー。
個人(総長)過剰崇拝主義。
各業界、団体への過剰圧力。

フランスやチリではカルト宗教認定されていますし、常軌を逸している面もありますので、結婚後は相当なご苦労をされると思いますよ。

投稿日時 - 2008-04-10 10:21:36

あなたにオススメの質問