こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

主人が創価学会を脱退出来ない…

結婚して2年になり1歳の息子がいます。

10代の頃、お前と結婚したい!と何度もアプローチされて最初は簡単に結婚と口にする彼を好きになるまで時間がかかりましたが…
月日が経ち心から彼を好きになる事が出来てお付き合いをしました。
しばらくして…
・彼が創価学会(二世)だと発覚
・妊娠が発覚
私は創価学会なんて聞いたこともなく宗教というだけでとてもショックでした。(事件などで知られてるオウムなどしか連想できなかった為…無知でした)
でも彼に聞くと人に迷惑をかけるもんじゃないし親が勝手に入れただけで俺は関係ないから。
と言うのその言葉を信じて彼を嫌いにはなれませんでした。
そしてあれだけ結婚結婚と言って私にアプローチして来た彼ですからお互い若かったけれども当然結婚して子供も産むもんだと私は思っていました。周りからも祝福されました。
…ところが彼は、「お前とは絶対別れたくないケド今は大学へ行くために勉強してきて受験の時期だし夢を諦められない!子供は育てられないと。」
言い私はパニックになりました。
彼の母親も一緒になって中絶するよう私を強く説得してきました…
説得の内容が「池田先生がおっしゃるには…」とか「子供は中絶しったて信心していればまたいつか…」とか学会の教えばかりでうんざり。
最終的に精神喪失状態になってしまった私の事などお構いなしに
お腹が大きくなってからでは遅いから。と中絶手術の日が決められて当日も自分の意思では病院に入れない私を彼と彼の母親が引きずって行き中絶をしました。
その後も彼は私から離れる事はなく私が別れようとしても嫌だと言ってズルズル付き合って来て、大学卒業後就職し落ち着いた彼と
子供ができても絶対創価学会には入れない。もちろん私も入らない。彼も活動をしない。という条件で…結婚しました。
ところが結婚すると親族の法要、お墓参り、選挙、聖教新聞
あらゆる所で創価学会の影がチラチラ。その度に小さな喧嘩をしていました。
私も義母のイメージが強く毛嫌いしてきた創価学会を、誤解しているのではないか?と思った事もありました。
でも学べば学ぶ程不思議な点や理解する事が出来ずやっぱりこれから共に生きていくのだからお互い理解出来ないまま生活するといつかはうまくやって行けない様な気がして…
先日、主人には活動してないんだから脱会してもらいたいと伝えました。
すると主人の口から以外な言葉が。
「脱会したら精神的におかしくなってしまうかも。」
「脱会したらその後が恐い。」
「やめたら親から縁を切られるかも?」
「それは脅迫だよ。」
「もし脱会して俺、または親が精神的におかしくなったら面倒めてくれるの?」とか…
今まで俺は関係ない!と言っていた主人から出た言葉です。
私は主人の創価学会への執着に驚きました。
なぜ新しい家族を頼って生きて行けないのですか?
なぜ創価学会がなければ自分じゃなくなってしまうのですか?
生まれた時からずっと創価学会と共に生きてきたのは分かりますが
本当に大切なのは家族で支えあう事ではないのですか?
話せば話すほど理解できなくて、このままだと家庭が崩壊してしまいそうです。
義母の事は人間的に苦手だけれども嫌いではありません。
ですが…「聖教新聞は育児情報など為になる事が書いてあるから贈呈してあげる。」と言われ
自分一人生活するのにも苦労している義母が(金銭的)私の為に…(嬉)
と思ったら育児情報なんて殆ど掲載されておらず…
後で人から聞いたら聖教新聞もノルマがあるとかで?
結局は創価学会の活動の一環だったのね…と傷つきました。
後で主人の口座へ新聞代を入金するという話でしたがいつまで待っても入金されません。
創価学会の方が良い悪いではなく…
我が家ではどうすれば一番良い方法なのかが、よく分からなくなってしまい…

冷静な目で感じたこと、思った事、など今後のアドバイスなど頂けたらと思います。急ぎだったので目茶苦茶な長文で申し訳ありません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-10 12:14:18

QNo.3937208

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

NO2です。
お礼、ありがとうございました。

まだ、悔し涙が止まりません。

あなたには、今こそ「自分を犠牲にしてでも、子供さんを守ってあげてほしい」と、願うばかりです。

「うそつき」で「卑怯者」の親子(ひどい言い方ですが)の側に、あなたと、あなたのお子さんを置いておくことが、ガマンできなくて・・・・(怒)

「強く生きてください」
お子さんのために。
ご主人の性格は、よほどのことがないかぎり・・・あっても、変わりませんよ。
お子さんも、そんなご主人を見て育つのです。
耐えられません。

蛇足ですが・・・
「愛情のかけすぎ」には、ご注意ください。
ご主人のようになります。

「人の道」「人としての生き方」を、しっかり教えてあげてください。

投稿日時 - 2008-04-10 14:26:37

お礼

こちらこhyakkinmanさんの温かいお心遣いとても感謝してます。

主人には最後まで理解してもらえなく最悪な結果になってしまっても…
子供は絶対に私が守っていきます!
主人のように親に叩かれた事もないような育て方は絶対しません!
だからと言って虐待とかもあり得ません!
やっと抱きしめる事の出来た我が子の為にも強い母になります。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2008-04-10 15:30:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

だんなさんとは離婚するとかは考えてないのですよね?

だんなさんが学会をやめればすべてが解決できるとは思えません。
学会員であるとかよりも彼の人間性がまず問題だと思いますよ。
旦那さんの言い分は問題をすり替えすぎだと思えます。
まともに信心してる人が言うようなことじゃないですね。
旦那さんの言い分は「学会バカ」でしかないです。
一家和楽の信心が出来ないようでは信心している意味が無い。

それと脱会するしないは「本人次第」ですから、本人が絶対にやめるという意志を持たない限り無理です。
あなたがいくらそれを迫ってもね。

だんなさん、良い父親であり良い旦那なんでしょうか?
そうであるならあなたと学会の接点をなくしましょう
聖教新聞なども読む必要などありません。
購読料金を請求されてるなら購読を断ったらよろし。

家で(あなたの前で)学会の話は一切しないこと
義母にもそれを宣言してください

それらをだんなさんが我が守って実行してくれるのならこのまま結婚生活も成り立っていくと思います。
またあなたも我慢は出来ると思います。

「私は一切学会とは無関係です」と言い切れる冷徹さをもってください。
それもあなたと旦那の結婚生活を続けていけるかどうかのポイントになると思えますよ

最後に・・
まともな常識のあるが学会員ならあなたの旦那や義母の行動や思想などのようなことはしないです。
それと堕胎を無理やり勧めて実行されるような人といくら好きだ惚れてるとかでもその後に結婚するなども考えられません。
ご自分にもそういう人たちと関わった原因があることやそういう人を伴侶に選んだのは自分であること認識されてくださいね。

投稿日時 - 2008-04-11 02:23:19

ANo.10

私は親族の半分が狂わないために学会に入った経緯があるので、ホントに好きなら、「その程度の我が侭な言葉だなあ・・・」と思った部分については、聞いてあげると思います。
元々、狂わない手段で入った人もいる訳で。

オウム信者の身内でも、脱会後の身内を勘当しない方がいると思うのですが・・・都沢さんでしたっけ?
相手の我が侭に対して、上手(うわて)に行動して行かないと・・・と思います。あくまで、私の個人的な対応行動です。これを質問者に実践しろとは言いませんけど、旦那は貴女の言う事に対し、100%従う神様ではないのです。それを踏まえた上で、配偶者とは付き合うべし。

子供はあくまで、女の人自身の子供ですから、子供の命は自己責任で守ります。
旦那は種の提供者なだけ。旦那とその家族の理不尽な要求には、絶対に従いません。警察呼んででも戦う所存です。あくまで私個人の考えなので、質問者様に実践しろとは全く思ってないです。

投稿日時 - 2008-04-10 22:40:16

ANo.8

ある種、学会や親からの洗脳でしょうね。
私は子供の頃に何度か集まりに参加させられたことがありましたが、吐き気しかしませんでした。
だいたい、宗教とは自由なもので、信じるも信じないことも自由です。
必要な人には必要ですが、必要でない人には必要ありません。
宗教では必ず家族は救われる事なんてありもしません。

ただこういうときは皆さんは、必ずこう言います。
「信心が足りない」と。
宗教とは自由なはずなのにおかしな話ですよね。
足りる、足りないで計るものではないというのに。

だいたい誰々がこう言ったといいますが、所詮ただの同じ人間です。
完璧な人間なんか存在しませんが、はまりすぎた人にはそれは見えませんね。

一番楽なのはあなたもご主人同様洗脳されることです。
嫌であれば子供がいないうちに分かれたほうが良いのかもしれません。

投稿日時 - 2008-04-10 14:23:23

ANo.7

質問者さんが、「理解できない夫」や、「嫌いじゃないけど苦手な義母」との暮らしを、将来にわたって受け入れられるかどうかですよね。

受け入れられるならこのままだましだまし。いっそのこと質問者さんも入信してご一緒に活動されればよいでしょう。
受け入れられないのであれば、とっとと離婚されることですね。

単純な2択でないことは承知していますが、ご主人が変わらない以上、変わるか否かを決するのは質問者さんです。

悔いのない選択をされることをお祈りします。

※質問者さん同様、創価学会がどうこうという趣旨ではありませんので申し添えます。

投稿日時 - 2008-04-10 13:40:16

お礼

ありがとうございます。
先日の主人の創価学会への篤い想い(本音)を聞いてしまったからには…
これまでのようにだましだましとは行きませんね。
前の回答者様にもお答えしましたが私は絶対に宗教には入りません(何処の宗教にもです!)
自分と家族、それに私を支えてくれる方を信じて生きて行きたいです。
創価学会の方、教えを信じるのではなく妻の言葉を信じて少しずつでも主人には変わるよう努力してもらいたいと願っています。

投稿日時 - 2008-04-10 15:21:31

ANo.6

こんにちは。
私は旦那さんと同じく創価学会二世です。
そして創価学会に入っている事をとても恥に思っています。
この世で一番嫌いなのが創価学会です。

創価学会に入っていると当然選挙の時期になると青年部の連中が「公明党の○○に~」と押し掛けてきて、
週末になると「衛星中継に行きませんか♪」と最低のお誘いが来ます。
まぁ、私の場合は居留守を使い相手と会う事はありませんが、
たまに招待状?と共に置き手紙(不幸の手紙?)を置いていきます。

しょっぱなから話が逸れましたが離婚の原因に「宗教の不一致」がある位宗教とはやっかいな物なのです。
私自信も付き合っていた女性の方と宗教絡みで別れた事があります。
正確には私がいつまで経っても入信しないから「私は○○(宗教の名前)の人以外とは結婚する気は無いからこれ以上付き合っていても駄目だね」と言ってふられました。
近所にはコアな創価学会の信者が居ますが「結婚間近の娘が居るけど彼氏が創価学会に入信しないから結婚の許可はしない」と言ってる人等も居ます。
また、年金暮らしで食べる物にも困ってる人年寄りにも強引に聖教新聞を契約させてる実態も見て来ています。
(聖教新聞にはノルマがあります)
私の場合は好きになった女性が「私日本人じゃ無いの」って言われるよりも「私創価学会に入っているの」と言われる方がショックですね。

で、解決方法ですが多分完璧に創価学会と縁を切る方法は無さそうです。
独り身なら他の土地へ引っ越せば良いでしょうけども、今回は嫁ぎ先が創価学会色に染まって居る上、
旦那さんも「池田先生が言うには~」とか「脱会したらその後が恐い。」と言っている位なので多分結構はまっていると思います。
となると後は創価学会の行事、存在を無視するしか無いです。
家にまで来ているのかどうかは分かりませんが、衛星中継とか選挙活動とか座談会のお誘いが来ているかと思います。
それらを全て断って下さい。
たまにでも参加してしまうと勧誘が酷くなって来ます。
2~3年位無視し続けると段々と来なくなって来ます。
そして身内の人間にはきちんと意思表明をするなどして拒否って下さい。
多分裏では色々と言われますが気にしない性格になって下さい。
カウンセラーの人も言っていますが宗教にはまっている人を宗教から切り離す事は無理に近いです。
後は、歳が分かりませんが30を超えてくると旦那さんに地区部長とか青年部長になってくれないかなどの誘いが来る様になると思いますが絶対に断らせて下さい。
もしなってしまうと今以上に子供との時間を削られてしまいます。

余り突き詰めて答えを出させないで、相手が言っている事を右から左に聞き流したり無視して慣れる事も覚えて下さい。
「話せば話すほど理解できなくて」とある様に常人では理解し難い答えが返って来てイライラします。

いずれにしても長期戦になると思いますが頑張って下さい。
独り身の私でもかなり手を焼いたのでかなり苦労したり嫌な思いをする事もあるかとは思いますがお子さんも小さいですので頑張って強いママになって下さい。

私は文章を書くのが下手なのでとても読みにくい文になっているかと思います。
すみません。

投稿日時 - 2008-04-10 13:34:52

補足

やはり男女の問題は難しいですよね…
私も前に結婚する相手が創価学会の女性だったらどんなに幸せだったかね~と嫌味を言ってしまった事があります。
amonkunさんのように2世の方でもちゃんと自分の意思を強く持たれて素晴らしいですね!そういう方がいるとは始めて知りました。
なぜうちの主人はここまで…洗脳せれてしまってるのか(泣)
主人の親戚にも数人創価学会の方がいますが中でも一番義母が熱心で…。
私が毛嫌いしているのは主人は十分承知しているので活動には一切参加していません。家には過去に一度だけ訪問者が来ましたが私が怒ると思ったのでしょうね。主人がうまく話をしてその後数年間一度も自宅に訪問して来られた方はいません。
簡単には脱会できないという事も踏まえて話し合ってみます。とても参考になりました!

投稿日時 - 2008-04-10 15:08:36

結婚というものは、好いた惚れたで一緒になれば上手くいくものではありません。
結婚にとって一番大事なことは、お互いの生き様に関する共感と信頼です。

ところで、この生き様ってやつは、正に人生観・世界観と表裏一体のものです。
質問者がこのことを軽視して結婚したツケですよ。
ですから、一方的に旦那さんを責めるのも・・・。

さて、この人生観・世界観ってのは地上の問題に関する見方・考え方です。
そして、宗教は、この地上の問題とは一線を画した天上の問題です。
ですから、キリスト教信者であれ創価学会員であれ地上の問題で対立することは本来はありません。
ですから、キリスト教信者であれ創価学会員であれ伴侶として家庭を築くことは本来は可能です。

宗教心は、本来は、地上の問題と一線を画した天上の問題に関する信条に過ぎません。
結婚生活ってやつは、天上の問題と一線を画した地上の問題に過ぎないことは余りにも明白です。
そして、互いの生き様を支える人生観・世界観は地上の問題に関する見方・考え方です。

このように理屈の上では、創価学会員との結婚も本来は何の支障もないと言えます。
が、が、ここまでは理屈というか理想論の類です。

<理屈は理屈、現実は現実>

さて、本来は天上の問題である宗教心を利用して地上のありとあらゆる生活の隅々まで干渉しているのが実情。
憲法で保障されている選挙権の行使にまで踏み込んで介入・干渉しているのが実情。
これじゃ、結婚生活のあらゆるシーンが宗教の教義の支配下に置かれることになります。
「宗教と地上問題との分離」という大原則は、正に、踏みにじられています。

<地上の問題で正しい人生観と世界観を有してもらうか、それとも離婚。もしくは、諦めるか?>

残念ながら、まあ、質問者がそういう実態に無知だったということです。

1、地上の問題で正しい人生観と世界観を有してもらうように話し合う。
2、地上の問題の処し方で物の見方・考え方が一致しなければ離婚する。
3、「まー、しゃーない」と諦めて結婚生活を継続していく。

要は、3拓しかありませんよ。と、なりますが・・・。

<より深刻なのは地上の問題に関する物の見方・考え方だろうに・・・>

さて、つらつらと質問文を読めば、実は、創価学会云々よりも地上の問題に関する物の見方・考え方でしょう。
平気で中絶させるなど、命と個々人の人格と人間性を無視した所業の数々。
ここが問題じゃないですか?
いずれにしろ、創価学会云々以前の問題を創価学会問題と分離して考えていくことですよ。
天上と地上の問題を分離し円満な結婚生活を送るにしても、その大前提そのものが危ういという感じです。
それを創価学会のせいにされたんじゃ、創価学会もたまったもんじゃないでしょうね・・・。

私は、このように思いますよ。

投稿日時 - 2008-04-10 13:08:24

お礼

ありがとうございます。
そうですね創価学会を熱心に活動されている方からすれば腹立たしいかもしれませんね…。
ですがあくまでも我が家の創価学会問題という事で…ご理解下さい。
今現在主人は子供も可愛くて仕方ないようですし父親としての勤めは十分果たしてくれていますし、昔の主人は嘘のようです。
だからと言って許せる過去ではありません。好きだけで結婚してしまた私も浅はかだった事は重々承知です。
もう一度話し合って3択から決断してみます。

投稿日時 - 2008-04-10 14:46:02

ANo.4

信心は本来は人の心を救うものです。
それによって救われる人もたくさんいることも事実です。
そして、信心をするもしないも、個人の自由であり誰にも強制されるものではありません。
ご質問者様が、その信心をしたくないというのであれば、する必要はありません。
しかし、創価学会を信仰する人の中には、家族のものが皆信仰をして
いないとその家に不幸や災難が訪れると考える人もあり、入信を
強制するおうちもあるようですし、入信しない家族がいると
不幸や災難を、入信しない人間のせいだと言う人もいます。
このように、信心も度を越せば場合によっては迷惑千万この上ないものです。

信心していたからといって、何の努力をしなくても、向こうから
幸せが訪れてきたりは絶対にしませんし、毎日拝んだからといって
人間が救われるはずがありません(もちろん、その心は救われますよ)

中には、ご主人のように自分で信仰の自由を縛ってしまう方もあります。
宗教の呪縛にかかっているといっても過言ではないでしょうね。
ご主人や創価学会の悪口を言うつもりは、さらさらありませんが
逆に言えば、それだけ自分の信仰にたいしてご主人の意思が弱いということです。

>「脱会したら精神的におかしくなってしまうかも。」
単に彼が精神的に弱いだけ。
世の中、脱会してもおかしくならずに人生を真っ当にいきている人はたくさんいます。

>「脱会したらその後が恐い。」
もしかしたら、彼がいう意味とは違うかもしれませんが
たしかに、創価学会の信者の中には狂信的な人がいて、嫌がらせや
何度も説得しに来て、何時間も居座るなど、の迷惑行為をする人が
いたり、そういう事実がこれまでにあったのは本当です。

>「やめたら親から縁を切られるかも?」
彼にとって、貴方や子供さんと縁を切れるのと、親に縁を切られるのと、
どちらに重きをおいているのでしょうか。
彼にはっきりと聞いて確かめておいた方がいいかもしれません。

>「それは脅迫だよ。」
この彼の言葉自体が、私には脅迫に聞こえますけどね。

>「もし脱会して俺、または親が精神的におかしくなったら面倒めてくれるの?」
そういわれたら、こう切り返しましょう。

「それくらいのことで精神的におかしくなるなんて、これまで信仰して
 きたのは、信心することに頼り切る弱くなるためだったの?
 信仰することって、自分の心を鍛えて、人生を強く生きていけるように
 するためのものじゃないの?
 そんな弱い心で、私や子供のこれからの人生を守っていけるの?
 そんなことなら、なぜ私に”お前と結婚したい!”ていったの?」

ってね。

で、大変申し上げにくいですが、彼に脱会する勇気がなかったり
それを実行できないなら、彼とは人生の袂(たもと)を分かつ決断が
必要になるかもしれません。
(あ、別れろっていう意味じゃないですよ。誤解しないでくださいね)

因みに、彼ら(創価学会のかたがた)は、自分に不幸が訪れても
それを受けとめるのが功徳(徳を積むこと)になると教えられていますので
貴方が、上記の決断をして別れることになったとしても、信心にたよって
乗り切ろうとすることでしょう。

ある意味、貴方が重要な人生の決断をしたときに、皮肉なことですが
本当の彼(心・本性)が見えてくるかもしれません。

投稿日時 - 2008-04-10 13:05:15

お礼

ありがとうございます
とてもUs-Timooさんの感想、ご意見に共感できました。
おっしゃる通りまず主人に信仰してきたにもかかわらず
矛盾している点はないのか確認してみます。
(精神的におかしくなるという点など…)

投稿日時 - 2008-04-10 14:23:49

ANo.3

何か変!。創価学会とは関係ないのでは?
貴女も創価学会に入ればいいじゃないですか。

今チベット仏教を守るために命がけで頑張っている人がいます。
宗教は心の支えになり多くの場合精神のよりどころになります。
なんであれ心に宗教を持つことは精神的に強くると思います。

私自身は日本仏教を信じており、創価学会は好きではありません。
しかし仏教が葬式仏教に成り下がってろくな活動しないことに失望しています。
その点創価学会は活動も熱心だし、いいじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2008-04-10 12:35:58

お礼

私は宗教や何か、に頼らないとまともに生きられないというのが
理解できないのです。
私は義母をみて絶対に宗教には入りません。
一度買い物の途中付き合ってと連れてかれた先は会合?で
広いホールにたくさんの人が集まって全国中継で偉そうな方が他の宗教の名前をあげて「私達であいつらを潰しましょう!」「おー。」(全員)みたいな事をしていました。
熱心は熱心でもとても良い事ではないと思います。

投稿日時 - 2008-04-10 14:09:02

ANo.2

学会員です。

悲しくて、悔しくて、情けなくて・・・
涙が・・・、止まりません。
怒りに、震えます。

彼は、「人間じゃない」!!!!!!!!!
「子供が出来ること」を充分承知しながら、できたら「おろせ」だと!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「命」を何だと思ってんだ!!!!このやろう!!!!!!!
顔出せ!!!!!
ぶん殴ってやる
このマザコン野郎が!!!!!!!!!

興奮してごめんなさい。
人間として、許せない。絶対に!

とっとと、別れたほうがいいです。
苦労するだけです。

投稿日時 - 2008-04-10 12:33:24

補足

ありがとうございます。
私もマザコンだなぁ~感じていました。
10代の頃半径3メートル以内という狭い人間関係のなかで
彼に失望し、早く決断しなくては行けない、私が子供を諦めなきゃいけない。という状況になってしまい…お腹の赤ちゃんにはとても可哀想な事をしてしまったと後悔しています。
ですが結婚して2人目の妊娠はあっけなく流産してしまい
やっと出産する事の出来た3人目の子には天国へ行ってしまった2人の子供の分まで愛情を注いであげたいのです。
子供の事を考えると簡単に離婚は出来ないかな?と思うので…
主人には今回こそ自分を犠牲にしてでも家族を選んでほしいと思っています。
でもhyakkinmanさんが感じたように主人のした事は許される事ではありませんよね…。

投稿日時 - 2008-04-10 13:06:12

お礼

補足と間違えてしまいました。

投稿日時 - 2008-04-10 13:38:52

ANo.1

http://www.toride.org/zmkyk.html
ココで相談すると良いと思います。

投稿日時 - 2008-04-10 12:27:18

お礼

ありがとうございます。

ご紹介して頂いたサイトを以前拝見して更に不信感を抱いてしまいました…。

投稿日時 - 2008-04-10 13:05:37

あなたにオススメの質問