こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

添乗員(ツアーコンダクター) するなら どこの会社がオススメ?

添乗員(ツアーコンダクター) するなら どこの会社がオススメ?

三十路男性未経験でツアコン志願兵です。
社員・派遣(インハウス/独立系)という道があるようなのですが、会社選びのアドバイスをお願いします。
社員は派遣より身分的に良いとは思いますが、
様々な会社の多様なツアーを経験したい思いもあり、
派遣でも良いかな・・・と考えています。
添乗員は使い捨て、未来が無い職業、男が続けるのは無理がある・・・等の意見が非常に多いですが、
貧乏でも割り切って5年、10年、15年と続けて、語学や添乗スキルを高めていきたいです。
詳しい方、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-11 20:24:30

QNo.3940934

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんわ。
元ツアコンです。大手インハウスでした。

これから、未経験で始めるとなると、ものすごく大変ですよ~薄給ですよ~。それでも耐えることができますか?
社員=営業という意味ですか?大手の代理店では、できるだけ社員添乗させないようにしてますよ。経費&時間のムダだし、そんなヒマあったら営業して来い!ってカンジ。それゆえ、プロ添の需要があるのです。プロ添=派遣です。インハウスでも派遣、という会社が多いです。
(社員が直接添乗する会社もあるにはありますが、方面が偏っているようですね)

どうしても、とおっしゃるならば、インハウス派遣がよろしいのでは?
理由ですが・・・
(1)TV(視察)にアサインしてもらえます。
 派遣は基本的に主催旅行をアサインされますがインハウス(専属)の場合、手配旅行もアサインされます。手配旅行添乗の場合、日当も違うはず(喜)
(2)リクエスト(指名)が入ります。
 手配旅行に添乗し始めると、支店社員(営業)に顔を売ることができます。仕事ぶりを評価されると、その社員の取ってきた仕事を任されることが多くなります→同じ支店内での仕事も増えます→指名で一杯になります(喜)
私も、毎年、翌年の仕事まで普通に決まっていました(照)
当然のことですが、指名が多い→基本日当が上がります。昇給しやすいです。

男性でないと添乗できない団体、というのも手配旅行にはたくさんありました。オーガナイザー(団長)さんの希望で、です。

体力的にキツイ・給料が安い→これは事実です。
しかし、いろいろな人達と出会い、いろいろな経験ができます。マイレージも溜まります(笑)
語学・地理・歴史・文化など、たくさんのことを勉強しておきましょう。必ず役に立ちます。
ベテランになると日当だってよくなりますよ!
がんばってください!

おっと、語学ですが、
英語は当たり前で、イタリア語・スペイン語・ドイツ語なども学んでおくと良いですよ~!
TV添乗には、一部通訳業務も含まれることがあります。当然、手当も付きます。
(中国語もよいのですが、これができると、中国ばかり行かされることになるので注意!笑)

投稿日時 - 2008-04-13 00:57:38

お礼

ありがとうございます。
元ということはお辞めになったんですね。
otamacchaさんがお辞めになった理由はなんでしょうか・・・?

語学は英語を改めて勉強しています・・・。
第二外国語はスペイン語にしようかなぁ・・・。
地理などは旅行管理者の試験勉強をしてみようと思います。

投稿日時 - 2008-04-15 10:52:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

再び#2です。

私が添乗員を辞めた理由ですか?
(1)お客さんに転職勧められた(勧誘された)
年2-3度ほど視察団体のオーガナイザーとして参加されていたお客さんのひとりに、「うちへ来ないか?」と声をかけられていました。とある企業の副社長さんでした。

(2)体調不良→長期治療が必要となった
健康そのものだと信じていたのですが、発病・・・日常生活に問題はないのですが、さすがに添乗業務は厳しい状態。医者にもストップをかけられました。

上記2つが一緒に来たことが理由です(笑)
現在も、地上?勤務中。
ちなみに、
私の同期の人達の中で、今も現役!というのは、全て男性ですね。みな超ベテランになっています。現役で添乗(難易度の高い視察旅行のみ)しながら、新人教育・研修を行っているそうです。
会社としては、日当の高いベテランをアサインするより、中堅以下(安い)の人をアサインしたほうがよいですから。
(マメ知識:添乗員は、勤続年数ではなく添乗日数で評価されます。1,000日とか、1,500日とか)

当時の話・・・
出発の朝、成田空港に向かうバス・電車の中でいつも思っていました。「何か事件が起こって出発中止にならないかな」
受付準備→お客様がショーアップすると別人になれました(笑)ツアー中はパワー全開。
成田に到着、解散の際、お客さんの「ありがとう」に全て救われるのです。どんなに過酷な行程であっても、です。帰りのバス内では、なんとも言えない開放感・安堵感に包まれたものです。添乗経験のある方ならわかるはず・・・。
これがあったから長い間辞められなかったですね(笑)

投稿日時 - 2008-04-15 13:27:23

お礼

ありがとうございます。
月収は手取り15万円にも満たないというところでしょうか・・・?
税金、健康保険、家賃・・・生活を考えると尻込みしそうですが、プロ添目指して頑張ってみようと思います。まずは5年で1000日を目標に・・・。
貧乏暇なし頭もはげるほど・・・。

投稿日時 - 2008-04-19 12:30:20

ANo.1

申し訳ないですが、今から目指されるのでは、遅きに失しています。
別の道を選ぶことをお勧めします。
どんなに不遇でも構わないというのであれば、日本旅行か、近畿日本ツーリスト。

投稿日時 - 2008-04-12 14:44:36

お礼

ありがとうございます。
遅いのも、厳しい待遇も想定しています。
日本旅行と近畿日本ツーリストのインハウスをオススメする理由はどのようなものでしょうか?

投稿日時 - 2008-04-12 15:28:13

あなたにオススメの質問