こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

訳が分からないのですが・・・

主語述語がよく分かりません。どのように訳せばよいでしょうか?

There are several ways in which learning to speak a language differs from acquiring other skills.

投稿日時 - 2008-04-15 23:57:12

QNo.3952299

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>There are several ways in which learning to speak a language differs from acquiring other skills.

○ 解説です。

 【形式上の主語】:There
 【動詞】:are
 【実質的な主語】:several ways
 【in which .... skills】:several ways にかかる関係代名詞節
 【learn to ...】:「~することができるようになる。」
 【differ from ...】:「~とは異なる。」

○ 訳

 「ある言語を話すことができるようになることが他の技能を習得することと異なっている点がいくつかあります。

○ お尋ねの英文を、関係代名詞を用いずに元の2つの書き換えると次のようになります。(2)の英文のままでも、ほぼ同じ意味だと考えられます。

 (1) There are 【several ways】.
 (2) Learning to speak a language differs from acquiring other skills 【in several ways】.

投稿日時 - 2008-04-16 18:29:50

お礼

遅れてしまって申し訳ありません(^_^;)
ご親切にどうもありがとうございました!

投稿日時 - 2008-04-18 23:44:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

文の構造としては、関係代名詞whichで次の2つの文を合体させた形です。
・There are several ways. (いくつかのways があります)
・Learning to speak a language differs from acquiring other skills in several ways.
 (言葉を話すのを学ぶことは、いくつかのwaysにおいて、他のスキルを獲得することとは異なります)

後者の文の意味からすると、このseveral ways は「いくつかの方法」というよりは「いくつかの点において」と考えた方がよさそうですね。
また、「他のスキル」というのは読み書きを指すのではないかと思いますが、いかがでしょう。

ということで、文全体の意味は「言葉を話すのを学ぶこと(つまり、話し言葉の学習)は、他のスキル(多分、読み書き)を獲得することとは異なるいくつかの点があります」ということかと思います。

投稿日時 - 2008-04-16 18:21:04

ANo.1

言語習得をする際はそれ以外のスキルを身につけることとは違い、いくつかの習得方法があります。

でしょうか・・

投稿日時 - 2008-04-16 01:08:25

あなたにオススメの質問